Cas no 882 33 7 rbc 11
Download
1 / 8

???????? (Cas No. 882-33-7) ?????? RBC (-11\%) ???????????? / ????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 80 Views
  • Uploaded on

二硫化ジフェニル (Cas No. 882-33-7) 高用量群の雌 RBC (-11%) になぜ有意差が付かないか / 前回勉強会. 小林克己 前川先生勉強会つづき /2010-5-18. 結論 (高用量群は対照群に対して 11% 低下 / 赤血球数). 対照群に 5.81 という最小値があり,この個体は高用量群の最小値 5.84 より小さく, Hg & Htc ↓ , RC53% ↑ ↑ , 組織所見多数 / 脾臓. この個体が足を引っ張っている.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '???????? (Cas No. 882-33-7) ?????? RBC (-11\%) ???????????? / ?????' - ahanu


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
Cas no 882 33 7 rbc 11

二硫化ジフェニル(Cas No. 882-33-7)高用量群の雌RBC(-11%)になぜ有意差が付かないか/前回勉強会

小林克己

前川先生勉強会つづき

/2010-5-18


Cas no 882 33 7 rbc 11
結論(高用量群は対照群に対して11%低下/赤血球数)

  • 対照群に5.81という最小値があり,この個体は高用量群の最小値5.84より小さく,Hg& Htc↓,

    RC53% ↑ ↑, 組織所見多数/脾臓.

  • この個体が足を引っ張っている.

  • この対照群の変動係数は,9.8%と極めて大きい.      化審法150試験の 95%信頼区間は3.92~4.40%,    最小値1.10~最大値8.98%.

  • 検定は,Dunnettの検定を用い,検出力の低い「両側検定」採用している.

  • 「片側検定」を採用すると5%水準で有意差が検出できる.


Cas no 882 33 7 rbc 11
解析決定樹(山崎らを改良したツール)

化審法・28日反復投与毒性試験の使用率は, 10/122


10 6 l at day 43
赤血球数(×106/μL) at Day 43



Student t dunnett
Studentのt-検定とDunnettの検定による有意差検出の差


Cas no 882 33 7 rbc 11
主な定量値に対する試験機関別変動係数の小さい順位主な定量値に対する試験機関別変動係数の小さい順位(特徴のある定量項目)


Cas no 882 33 7 rbc 11
クラスター分析による各試験機関の分類主な定量値に対する試験機関別変動係数の小さい順位


ad