slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
11[ 再 ] ・名前を つけてくくる

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 11

11[ 再 ] ・名前を つけてくくる - PowerPoint PPT Presentation


  • 110 Views
  • Uploaded on

11[ 再 ] ・名前を つけてくくる. 2009.07.14. 青山 ・文化人類学. 初回参照:4つのキーワード. 普遍性 たとえば「人類」であるかぎり、どこかで共通点はあるはずで、なにかしらわかり合える部分はあるだろうし、地球上で暮らすひとびとが持っている文化に違いはあれど、ひとが「文化を持っている」こと自体は普遍的であろう 多様性 とはいえ、個々のひと・文化の特徴はさまざまであろうし、その多様性を留保することは、おそらく大事なことだろう 個別性 普遍性と多様性の両方をつきつめていけば、「個別性」とその尊重というのがひとつの究極点にあるのかもしれない 相対性

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 11[ 再 ] ・名前を つけてくくる' - zizi


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

11[再]・名前をつけてくくる

2009.07.14.青山・文化人類学

slide2
11[再]・名前をつけてくくる初回参照:4つのキーワード
  • 普遍性
    • たとえば「人類」であるかぎり、どこかで共通点はあるはずで、なにかしらわかり合える部分はあるだろうし、地球上で暮らすひとびとが持っている文化に違いはあれど、ひとが「文化を持っている」こと自体は普遍的であろう
  • 多様性
    • とはいえ、個々のひと・文化の特徴はさまざまであろうし、その多様性を留保することは、おそらく大事なことだろう
  • 個別性
    • 普遍性と多様性の両方をつきつめていけば、「個別性」とその尊重というのがひとつの究極点にあるのかもしれない
  • 相対性
    • 個別性の尊重について考慮するには、お互いを入れ替え可能とする考えかた=「相対性」についての理解が必要となろう
slide3
11[再]・名前をつけてくくる名前をつけてくくる(1)
  • 人間が本質的・普遍的に持っている「言語を使い『名前をつけてくくる』能力」がもたらすのが「ラベル貼り」
    • もしその能力がなければ、それはそれで困ることになる
  • 「ラベル貼り」は、常に個性の無視を伴う
    • 「在日」のひとびとは、当然ながら、みな同じではない
    • けれども、なんとなく「自分たち日本人とよく似ているが違っている・得体のしれない・なんだかこわい」ひとびとの集団がそこからイメージされる
  • 「ラベル」は誰が貼るのか/はがすのか
    • それが「言語」という社会/文化の共有物である以上、ラベルを貼る主体は「社会/文化」ないし「わたしたち」というとらえどころのないものになる
    • しかし、わたしたちひとりひとりは決して無関係ではない
slide4
11[再]・名前をつけてくくる名前をつけてくくる(2)
  • 生活の便宜上、ある程度ラベル貼りは避けられないが、同じラベルが貼られているひとびとの間には、実は様々な個性の差があるのだ、ということはいくら気にしても気にしすぎることはない
  • ステレオタイプ的なラベル貼りによって行なわれる「差別」「ことばの暴力」の危険性も、いくら気にしてもしすぎることはない
  • ラベルを貼ってひとくくりにすることは、ひとをモノ扱いすることに近い
    • 「杉原」でしかありえないそのひと、という唯一無二の存在ではなく、「在日」としていっしょくたにするのは、「モノ扱い」といっても過言ではない
    • 「モノ扱い」だからこそ「いけないこと」なのであって、「差別だから」いけないのとは少し違う
slide5
11[再]・名前をつけてくくる4つめのキーワード:個別性
  • ①普遍性+②多様性(8つの民族誌フィルム)、③相対性(自文化中心主義と文化相対主義)に続く、4つめのキーワードとしての個別性
    • 「多様性」と重なる点は多いが、
    • 「普遍性」と対になって、「全体のなかでの収束と拡散のバランス」という側面を重視する「多様性」に対し、
    • 個に注目し、ひとつひとつ(あるいはひとりひとり)の持つ差異を無視してはいけない=ひとくくりにしてはいけない、という側面をより重視する
      • cf. 「中国人は(みんな)ねこを食べる?」
      • cf. 「青短はみんなお嬢様? みんな派手?」
slide6
11[再]・名前をつけてくくるくくりかた(1)
  • 「平均値」
    • ある要素(複数でもいけないことはないが、ややこしい)に着目してなんらかの数値化(擬似的にでも)を行ない、その平均値をとる、という考え方
    • ばらつきが極端な場合、平均化することで意味を失なう可能性もある
slide7
11[再]・名前をつけてくくるくくりかた(2)
  • 「最頻値」
    • ある要素(複数でもいけないことはないが、ややこしい)に着目して「大多数こんなもんだろう」、という考え方
    • ごく少数のマイノリティは特に見落とされる危険性がある
slide8
11[再]・名前をつけてくくるくくりかた(3)
  • 「最大公約数」
    • 全体に共通する要素(ごく一部分)を抽出して特徴とする。いわゆる「近代 modern」における「国民化 nationalization」の過程で形作られていく同質性はこれ
    • 時には、まったく共通要素を持たなかったひとびとにまで、それがかぶせられることがある……アイヌや琉球=沖縄における事例参照
slide9
11[再]・名前をつけてくくるラベル貼りによるくくり
  • あるくくられた集団に対して、その一部が持つ属性が全体に敷衍されてしまうことがある
    • 青短の子って金曜日は毎週合コンしてるんでしょ?
    • ○○中は今荒れてるから、あの制服・ジャージの子たちは万引きするかも知れないよ!
    • 最近在日外国人の犯罪が多いから、入国管理を厳しくしなければ。
    • こないだ在日の高校生が別の高校生にからんでるを見たから、やっぱり怖いな。
  • しばしば「不快なひとくくり」になることがあり、それが「差別」へとつながっていく
slide10
11[再]・名前をつけてくくる「近代」と「国民国家」(1)
  • 前期後半で述べてきたような「マイノリティの同化」の問題や「ラベルを貼って差別する」という問題が顕著になったのは、近代という時代において、国民国家という制度が整えられたことと深く関係している
  • 「近代」も「国民国家」も、そのなかで「多様性」を否定し、できるだけ均質な空間を作ろうとする傾向をもっていた
    • 標準語をつくって、全国で同じ言語を話させよう
    • 地域ごと・民族ごとの独自の文化を消し去って、全国を同じ文化にしてしまおう
  • なぜそうしたのか? というと、その方が国家を運営するうえで「効率的なシステム」だから。例外が少なく、同じような人間の集まりの方が、管理しやすいから。
slide11
11[再]・名前をつけてくくる「近代」と「国民国家」(2)

多様・雑多

均質化・画一化

=「くくり」

多様化 & さらなる画一化

ad