slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
日常における 救急対応・感染防止・消毒について

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 108

日常における 救急対応・感染防止・消毒について - PowerPoint PPT Presentation


  • 80 Views
  • Uploaded on

日常における 救急対応・感染防止・消毒について. 愛知県学校薬剤師会. 学校保健の管理と指導の改訂. 学校における救急処置の対応. 医薬品等について. <原 則> 医療機関搬送後の治療の妨げになるため薬品は使用しない. 但し、発作の場合などに際して、事前に医師から指示を受けているときは、その指示に従って薬を用いる。(治療は医師に任せる). 1.医療用医薬品 医薬品の預かりや緊急時の学校の対応について教職員による共通理解が必要

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 日常における 救急対応・感染防止・消毒について' - zia-beck


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
日常における救急対応・感染防止・消毒について日常における救急対応・感染防止・消毒について

愛知県学校薬剤師会

slide3
学校における救急処置の対応

医薬品等について

<原 則>医療機関搬送後の治療の妨げになるため薬品は使用しない

但し、発作の場合などに際して、事前に医師から指示を受けているときは、その指示に従って薬を用いる。(治療は医師に任せる)

1.医療用医薬品医薬品の預かりや緊急時の学校の対応について教職員による共通理解が必要

2.一般用医薬品の購入管理における責任者は校長であり、その購入・保管などの取扱いについては必   ず校長に相談するとともに、学校医、学校歯科医又は学校薬剤師の指導を受け、   決定する。使用期限や保管管理にも注意する。

3.一般医薬品の取扱い学校は、原則として一般用医薬品を児童生徒に提供する場ではないので、救急   処置に用いる消毒薬等を除いては必ずしも常備する必要はない。

slide4
救 急 対 応

① ショック症状

② アナフィラキシー

③ 熱中症

④ 頭部打撲

⑤ 喘息

⑥ その他

slide5
アレルギー症状って?

全 身発熱、ショックなど

眼  目の充血やかゆみ、結膜炎

神経系頭痛、めまいなど

呼吸器咳や呼吸困難といった気管支喘息、鼻水やくしゃみといったアレルギー性鼻炎

皮 膚じんま疹、かゆみや湿疹といった、アトピー性皮膚炎

消化器唇や舌や口の中が腫れる、口の中が痒くなる、腹痛、嘔吐、下痢、下血など

泌尿器血尿、タンパク質など

slide6

発症のメカニズム

免疫機能は「Th1」「Th2」という2つの免疫細胞がバランスよく力を発揮することで正常に働き、外敵から身を守ってくれています。Th1は主に細菌やウィルス、ガン細胞などを攻撃、破壊して体を守るタイプです。Th2は抗体という目印を侵入した外敵である抗原につけ、Th1タイプのリンパ球や免疫システムの攻撃を助けて抗原を排除します。が、そのバランスが崩れてTh2が過剰になるとIgE抗体(アレルゲンから体を守ろうとする物質)も過剰に産生されます。そこへアレルゲンが侵入すると、IgE抗体に付着することでヒスタミンが放出され、結果的にくしゃみや鼻詰まりなどが引き起こされます。つまり、アレルギーはからだを防御するために働く免疫反応が何らかの原因によって本来のバランスを失い、過剰な反応でからだを攻撃するために引き起こされる病気といえます。

slide7

なぜ、アレルギーが増えた?

アレルギー患者の数は年々増加していて、厚生労働省の調査でも全国民の1/3が何らかのアレルギーに悩んでいるとの報告がある。

slide8
アレルギー疾患に関する調査の概要

平成19年度学校保健統計調査データ(喘息)

児童生徒全体のアレルギー疾患有病率(平成17年)

※ 母数:有効回答の得られた学校に在籍する児童生徒12,773,554人

※※ 原則として医師の診断に基づく(有病率)

slide9
アレルギー疾患の有無

アレルギー疾患がありますか

全体 13,635人有効回答 11,173人

全 体

小学校

中学校

小学校16校: 9,411人有効回答 7,957人

中学校 9校: 4,224人有効回答 3,216人

<平成18年6月>

slide10
疾患名について

アレルギー疾患あり小学校 : 3663人中学校 : 1693人合 計 : 5356人

slide11
原因となるアレルゲンについて

アレルギー疾患ありでアレルゲン検査を受診

小学校:3663

全 体:5356人

中学校:1693

slide12
これからのアレルギー対応

1.小中学校の児童生徒、保育園児(幼稚園児)のアレルギー   疾患の有病率の実態とその状況の把握

2.文部科学省の「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガ  イドライン」の活用  ①学校生活管理指導表(従来は心臓疾患、腎臓疾患児のみ)作成とその活用及びアレルギーに対する他の教職員への周知

  ②学校生活で求められる配慮、管理と緊急時の対応について

(ア)アトピー性皮膚炎(いじめの対象になりやすい)保健室への温水シャワー設備の設置・利用、        原因・悪化因子を除く、皮膚の保湿・保護(イ)食物アレルギー、アナフィラキシー給食、エピペンなど緊急時の対処法の徹底

(ウ)ぜんそく清掃、運動前の準備(エ)花粉症教室等の換気設備等の改善、体育の授業等での配慮

slide13

学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン

2006.5刊行

slide15
アレルギー疾患への対応のポイント

○各疾患の特徴をよく知ること○個々の児童生徒の症状等の特徴を 把握すること○症状が急速に変化しうることを理 解し、日頃から緊急時の対応への準備を行っておくこと

slide16

H22年度、愛知県での取り組み

・平成22年度

学校におけるアレルギー疾患に対する普及啓発講習会

   平成22年7月6日 主催:文部科学省・愛知県教育委員会

    学校におけるアレルギー疾患への対応について

    学校における食物アレルギー及びアナフィラキシーショックへの対応について

・平成22年度版

学校給食における食物アレルギー対応の手引き

                      愛知県教育委員会

・第35回 尾東地区学校保健研究大会

特別講演 食物アレルギーと学校での対応について

        藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院小児科教授

                      宇理須 厚雄

slide18
アレルギー性疾患って?

1.気管支喘息2.アトピー性皮膚炎3.アレルギー性結膜炎4.アレルギー性鼻炎5.食物アレルギー6.アナフィラキシー    ・薬物アレルギー    ・ラテックスアレルギー7.動物アレルギー8.金属アレルギー9.蕁麻疹10.花粉症

slide19

アトピー性皮膚炎

増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患で、多くの患者はアトピー素因を持つ

<アトピー素因> 1.家族歴・既往歴(アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)2.IgE抗体を産生しやすい素因

発症・悪化因子

患者によって異なるので、個々に十分確認してから除去対策を行う。

2歳未満

2歳~12歳

13歳以上成人まで

・食物(卵・牛乳・小麦など)・汗  ・乾燥  ・掻破・物理化学的刺激(よだれ、石鹸、洗剤、衣服のこすれ等)・ダニ、ほこり、ペットなど・細菌・真菌  ・他

・汗  ・乾燥  ・掻破・物理化学的刺激(よだれ、石鹸、洗剤、衣服のこすれ等)・細菌・真菌  ・ダニ、ほこり、ペットなど・ストレス・食物(卵・牛乳・小麦など)

slide20
適切な薬物療法

軽 症

外用薬 ・保湿・保護を目的とした外用薬   ・ステロイド外用薬(マイルド以下で必要に応じて)

内服薬 ・必要に応じて抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

中等症

外用薬 ・保湿・保護を目的とした外用薬   ・ステロイド外用薬      2歳以下  マイルド以下2~12歳 ストロング以下13歳以上  ベリーストロング以下

内服薬 ・必要に応じて抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

重 症

外用薬 ・保湿・保護を目的とした外用薬・ステロイド外用薬      2歳以下  ストロング以下2~12歳 ベリーストロング以下13歳以上  ベリーストロング以下

内服薬 ・必要に応じて抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

最重症

外用薬  重症の場合と同じ

内服薬 ・必要に応じて抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬

     経口ステロイド(必要に応じて一時的に)

slide21

ステロイドについて

ステロイド忌避の問題

悪化するとステロイドを使い、少し改善したらやめるといった中途半端な使用をしないこと!

薬物療法

汗・汚れ

・なぜアトピービジネスに走るかを理解する

・使用方法と副作用の回避方法の指導

・ステロイド忌避を利用して包括的な治 療のアドヒアランスを向上させる

環境因子

ストレス

食 事

接触抗原

ブドウ球菌・真菌

タクロリムス外用薬(非ステロイド系免疫抑制薬)

遺伝・体質

薬の役割は臨時の防波堤であり、薬だけでは治せないがせき止めなければ修理はできないので薬が必要

既存療法では効果が不十分又は副作用等で問題がある場合に使用するがアトピー性皮膚炎の治療法に精通している医師の下で使用する。

slide22

気管支喘息

気道の慢性的な炎症により、発作的に咳や喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)を伴う呼吸困難を繰り返す

この炎症により、気道の平滑筋の収縮や粘膜の腫れ、分泌物が多くなり気道が狭くなり呼吸が苦しくなる。自然にもしくは治療によって、その変化は初期のうちはもとにもどり得ます。早期からの非発作時にこの炎症を抑える治療が有効。

喘息は重症例では、死亡することもあります。

slide24
発作に関わる増悪因子

アレルゲン

○吸入アレルゲン

  ダニ(死骸やフン)  ハウスダスト(ダニの死骸やフンを含んだほこり)  ペットの毛やフケ  カビ  花粉  黄砂など

環境整備、増悪因子除去は一番最初に行うべきことです!

アレルゲン以外

激しいスポーツ 季節の変わり目や天候不順 温度変化(春や秋、梅雨や台風、冷たい空気) ストレス、過労 カゼやインフルエンザなどの感染症 喫煙・たばこの煙 肥満

slide25

気管支喘息と学校生活

①安全対策    喘息発作時の対応

②学校生活の質(QOL)が低下しない配慮

    授業に出席できる    学内外の行事へ参加できる    発作による欠席、遅刻、早退とそれに伴う学習の遅れがない。

③学校環境からアレルギー症状の増悪因子を 除去するアレルギー症状出現予防

⇒学校の安全管理であり患児の治療でもある

slide26
発症防止対策例

皮膚の乾燥などでバリア機能の破壊されたところからのダニ、

細菌、刺激物質の侵入によりアレルギー反応が起こり、感作、

皮膚障害が発症。小児では食物がアレルゲンとなることもある

が、多くはダニアレルゲンが悪化の要因の一つになっている。

 <発症予防>

○ 皮膚バリアの改善皮膚を清潔に保つ    保湿を保つ

○ ダニなどのアレルゲン感作の防止環境性アレルゲンとの接触を避ける

汗、よだれ、排泄物、食物などの皮膚汚染や細菌温水シャワー等の活用

日本の気候はダニの成育に最適!掃除機・防ダニカバー

保健室のシャワーユニット

slide27
アレルギー性結膜炎

目に飛び込んだアレルゲンに対するアレルギー反応によっておきる、目のかゆみ、異物感、涙目、めやになどの症状を特徴とする疾患

通年性アレルギー性結膜炎

ハウスダスト、ダニ、動物のフケや毛

季節性アレルギー性結膜炎

スギ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉

春季カタル

学校生活に支障をきたすこともある重症例あり

ハウスダスト、花粉等

アトピー性角結膜炎

目の周囲をこすることや、たたくこと

slide28
アレルギー性結膜炎の予防と治療

通年性アレルゲン

ダニやカビ(真菌)が多く、部屋の清掃や換気が重要

季節性アレルゲン

原因植物の花粉飛散時期を知り対策をとる 外出を控える、花粉防護用メガネ、人工涙液による洗眼

治療薬

 ・抗アレルギー点眼薬

 ・ステロイド点眼薬

 ・免疫抑制点眼薬

 ・ステロイド内服

slide29
アレルギー性鼻炎

鼻に入ってくるアレルゲンに対しアレルギー反応をおこし、発作性で反復性の鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こす

通年性アレルギー性鼻炎

ハウスダスト、ダニ、動物のフケや毛

季節性アレルギー性鼻炎

スギ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉

治療薬・抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬(内服)眠気や口渇などの副作用が比較的軽減されている・鼻噴霧用ステロイド薬現在のものは長期に連用しても副作用は少ない

slide30

学校でのペット(ハムスター、ウサギ、ネコ、イヌ)学校でのペット(ハムスター、ウサギ、ネコ、イヌ)

アレルゲン対策

1.教室内で飼育しない。

  動物小屋あるいは室外で飼育

2.絨毯などアレルゲンが蓄積する家具を  使わない、あるいは洗濯。

30

slide31

口中の違和感、しびれ、蕁麻疹 →のどつまり感、めまい →呼吸困難、血圧低下、意識消失口中の違和感、しびれ、蕁麻疹 →のどつまり感、めまい →呼吸困難、血圧低下、意識消失

食物アレルギー

食物を食べることによって体調不良を起こすもの

症状:じんま疹、下痢、呼吸困難・喘息

1.口腔アレルギー   口の中が腫れたり痒くなるリンゴ、もも、キーウイフルーツ、バナナ等2.食物依存性運動誘発性アナフィラキシー食物と運動の組み合わせ小麦製品、エビ、カニ、イカ、そば等と運動

(30分以内、多くは花粉症に合併する)

(2時間以内)

★食物アレルギー患者への投与禁忌薬物

slide32
アナフィラキシーショックの病型分類と原因食品アナフィラキシーショックの病型分類と原因食品

<プレホスピタルケア>

 原因食物の摂取、症状出現

 抗ヒスタミン薬・ステロイド薬内服

 エピネフリン自己注射(登録医)

 医療機関受診(必要なら救急車)

slide33
加工食品のアレルギー表示

表示義務と推奨表示

表示の対象

・容器包装された加工食品及び添加物が表示対象

・外食産業(ファーストフードやレストラン)や 露店、出店は表示法の対象外

slide34
アナフィラキシーショック

ハチ毒や食物、薬物等が原因で起こる急性アレルギー反応のひとつ。

じんましんや紅潮(皮膚が赤くなること)等の皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあり、血圧低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるショック症状を引き起こし、生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうことがある。

オオスズメバチ

ハチの巣に注意!

<ポイズンリムーバー>

slide35
エピペンについて

エピネフリンの薬理作用は心拍出量の増大と血管収縮、気管支拡張で、これによりアナフィラキシー反応で進行する症状を抑制します。治療は早ければ早いほどその効果は高く、重症化も回避できます。

<アナフィラキシーショック治療の第1選択薬>

エピペン処方登録受諾医師の処方が必要な処方せん医薬品で薬価未収載のため保険は適用外

いざという時・・・自己注射?     他に注射できるのは、親・医師・救急救命士

校外学習で児童を引率する教師は、注射することができませんが、添付文書には、「本剤交付前に自らが適切に自己注射できるよう、本剤の保管方法、使用方法、使用時に発現する可能性のある副作用等を患者に対して指導し、患者、保護者またはそれに代わり得る適切な者が理解したことを確認した上で交付すること」となっています。学校の先生に注射してもらうには、受診するときに学校の先生も同席して説明を受け、さらにいざというとき親の同意を得た上で学校の先生が注射することは可能かと考えます。

(人命救助の観点から緊急時に救命目的で反復継続する意図なく注射した場合は医師法違反とはならない!)

slide36

名古屋市のアナフィラキシー患者

環境衛生薬事衛生研究協議会特別講演より

slide37
緊急時の対応

誰が発見者となっても適切な対応がとれるように!

異常に気づく

応援を呼ぶ!!

ある

反応があるか?

なし

指示

❶エピペンの注射

  (可能な場合)

❷119番通報

❸AEDの準備、実施

救急隊

slide38
蕁麻疹

紅斑を伴う一過性、限局性の皮膚の浮腫が病的に出没する疾患で多くは痒みを伴う。皮膚ないし粘膜の深部に限局性浮腫を生じる場合は特に血管性浮腫という

何らかの理由で皮膚マスト細胞が脱顆粒し、ヒスタミンをはじめとする科学伝達物質が組織内に放出されることによる。マスト細胞の活性化機序としては、IgEを介したⅠ型アレルギーであるが、それ以外にも種々の因子が関与しうる。

増悪・背景因子

感染、疲労、ストレス、IgE、アトピー性皮膚炎、食物中の防腐剤・人工色素、食物中のヒスタミン(鯖、マグロ)、仮性アレルゲンを含む食品(豚、タケノコ等)、薬剤(NSAIDs、防腐剤、ACE阻害剤等)、膠原病、寒冷凝集素

分 類

外来では、突発性蕁麻疹が多く、Ⅰ型アレルギーによるものは数%以下

1.突発性の蕁麻疹(明らかな誘因なく、毎日のように繰り返し症状が現れる)急性蕁麻疹、慢性蕁麻疹2.特定刺激ないし負荷により皮疹を誘発することができる蕁麻疹3.特殊な蕁麻疹、蕁麻疹類似疾患

治療薬 :第2世代のH1受容体拮抗薬、補助的治療薬、ステロイド内服

slide39
寄生虫感染とアレルギー

アレルギー疾患の増加  寄生虫感染の減少??

一時、マスコミをにぎわした話題ですが、

蠕虫感染によってアレルゲン特異的IgE抗体産制が抑制される、あるいは蠕虫などにたいする特異的IgEが増加するために、ハウスダストな どに対する特異的IgE抗体が産生されても、肥満細胞上のIgEレセプターとの結合が阻 害され、アレルギー疾患の発症が抑制されるといったメカニズムを想定したが・・・

疫学的調査では 1.都心部の蟯虫感染者と回虫感染者と全体と比較しても、 アレルギー性疾患の 有病率  に大差はない2.農村部で蟯虫感染者のアレルギー性鼻炎有病率は7パーセント、 原虫感染者の23  パーセントにくらべ有意に低いが、 蟯虫の一種である回虫の RAST(特異的IgE抗体)  とハウスダストRAST(特異的IgE抗体)の間に正の相関関係が あったこと。 また血清  総IgE値によってハウスダストスクラッチテストの陽性率に差がなかったこと 。   蟯虫感染によってアレルゲン特異的IgE抗体や総IgEが増加してもそれが 肥満細胞結  合を阻害するという考え方を否定します。3.アレルギー患者では蟯虫に対してもIgE抗体産生が亢進して蟯虫が排除されやすい状  態にあるため蟯虫保有者が少ないのではないか。   つまり蟯虫感染がアレルギーを抑制するのではなくアレルギー性疾患感染で 逆に蟯虫感染が少なくなるのではないかと山梨医科大学耳鼻科の松崎先生は 示唆している。

slide40

おしゃれ障害

(サンスポ.comより)

slide41
ヘアカラー・ブリーチ等

●使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。

 ・ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

※ヘアカラーはまれに重篤なアレルギー反応を起こすことがありますので、今までにヘアカラーでかぶれたことがある方は、絶対に使用しないでください。

ヘアカラーを使ってはいけない人は●今までに、一度でもヘアカラーでかぶれたことがある方●染毛中または染毛直後に、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)や、気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのある方●皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じた方●頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中など)●頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病がある方●腎臓病、血液疾患などの既往症のある方●体調不良の症状が持続する方(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、生理時の出血が止まりにくい等)

slide42
ピアス

ピアスのトラブル

1.金属アレルギーニッケル、コバルト、クロム、銀、白金、金

 2.ケロイド、肉芽腫細菌により傷口が大きく腫れ上がったり固くなる

 3.感染症肝炎、エイズ(衛生管理ができていない)

 4.しもやけ・やけど熱伝導率が高いため

皮膚科でパッチテスト等を受ける

 清潔にする

 長時間身に着けない

ピアスによる金属アレルギー

slide43
ウルシ

<ツタウルシ>

通学路等に注意!!

付いたウルシをすぐに洗い流すしたり、油を付けた布で患部

をふき取るなどをして適切な処置をしないと2~3日後にか

ぶれの症状がでてきます。かぶれると痒いですが、かきむし

らないこと、かきむしると症状が悪化する。

slide44
熱中症発生の要因

気温、湿度

輻射熱(直射日光)

風速

環境

個人

運動

年齢、体力、肥満

体調(睡眠、食事、疲労等)

暑さへの慣れ

運動の強度・時間

休憩の取り方

水分補給

slide45
熱中症による事故

平成16年7月、県内の市立中学校グラウンドで、ハンドボール部の夏季練習に参加していた生徒が熱中症に倒れ、入院後死亡した事故について「熱中症を予防するような体制が確立していたとは認めがたい・・・」として市に賠償命令が出された。(平成19年9月26日、控訴後平成20年6月24日名古屋高裁において和解成立)

 こうした問題等から、学校において一層充実した熱中症の予防対策を進めるためには、管理者が学校現場の実情に応じて、暑熱環境のリスクを評価する指標としてWBGTを活用し、これを基に熱中症の予防対策をより徹底して実施・管理することが望ましい

slide46
WBGT(暑さ指数)とは

Wet-Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度(単位:℃)は、労働環境における作業者や運動環境中の競技者等が受ける暑熱環境や熱ストレスの評価を行う簡便な指標である。

① 屋内及び屋外で太陽照射のない場合

WBGT=0.7×自然湿球温度+0.3×黒球温度

② 屋外で太陽照射のある場合

   WBGT=0.7×自然湿球温度+0.2×黒球温度       +0.1×乾球温度

WBGTの値を求める計算を自動的に行う機能を有した携帯用の簡易なWBGT測定機器も市販されており使用方法が簡便である。こうした簡易な熱中症予防用暑熱環境計(例:WBGT-113)等を使用する場合、直接運動場や体育館等で測定を行うが数値が安定するまでに時間がかかるので、10~15分程度放置した後に測定すること。

slide47
簡易型暑熱環境計と職員室での表示例

熱中症指数モニター計

WBGT-113

AD-5695

slide49

運動場におけるWBGT値の分布

 注) ◆2009は環境省熱中症予防サイトにおけるWBGT値の1日最大値(名古屋)、他は1日の最大値をプロット

2009 6 1 9 30 121
2009年  6/1~9/30(121日間)で

<運動場>

  <市内小中学校で測定が行われた日数>

92日

 ◇WBGT値が31度以上(赤表示)の日数

38日

 ◇WBGT値が28度~31度(橙表示)の日数

33日

*1日1校1回の測定しかできなかった場合も含む

slide51
体育館におけるWBGT値の分布

 注) ◆2009は環境省熱中症予防サイトにおけるWBGT値の1日最大値(名古屋)、他は1日の最大値をプロット

2009 6 1 9 30 1211
2009年  6/1~9/30(121日間)で

<体育館>

  <市内小中学校で測定が行われた日数>

96日

 ◇WBGT値が31度以上(赤表示)の日数

23日

 ◇WBGT値が28度~31度(橙表示)の日数

22日

*1日1校1回の測定しかできなかった場合も含む

slide53
事例検討(1)

【K中学校】6/10の4限目(体育)の時間中に走っていた生徒が気分が悪いと保健室に来室、体温は36.9℃で手足にしびれ感あり。OS-1を1.2ℓのみ少し落ち着いたが、しばらくして病院へ搬送した。

【検 討】

K中学では昼の測定はしていなかったが16:00の測定 ではWBGT値は24.7度であった。しかしS小では

11:00の時点で29.5度を計測している。

6月の早い時期においても急な気温上昇等での暑熱環 境の悪化が考えられる。また、WBGT値はAM10:00~PM3:00で最大になりやすいことからも継続して測 定、管理することで事故等を防ぐことが望まれる。

slide54
事例検討(2)

【K中学校】7/6の2限目(体育)の時間、外周走り中、気分が悪くなり保健室に来室、OS-1を200mℓ飲み休んで回復した。

【検 討】

12:00でのWBGT値は29.2度であった。前夜寝たのが1時過ぎだったとのコメントあり。生徒の体調チェックが必要である。

事例検討(3)

【S小学校】7/1の記録に“3Fは暑い”の記載あり

【検 討】

11:00にはWBGT値が34.5度、13:00には35.6度を記録しており室内であっても厳しかったと考えられる。特に屋上が平坦で直接暖められる3F等においては教室内であっても注意を払う

slide55

環境省熱中症予防サイトにおける名古屋での3年間のWBGT値環境省熱中症予防サイトにおける名古屋での3年間のWBGT値

(1日最高値)

slide57
熱中症対策のまとめ

①時間・気温・湿度・風速・立地等によって変化することを理解する。(1日3~4回は測定し、継続すること!)

②予報値等は参考と理解、学校独自の測定管理、判断、対応が必要である。

③28~31度であっても暑熱環境に慣れていない時(6月~7月)や体調不良の時は注意をする。

④WBGTは熱中症への意識を高めるのに役立つ。

⑤部活動が活発な中学・高校では特に学校全体で取り組み危険防止に努める必要がある。

⑥暑いときの持久走、ダッシュは要注意。

⑦湿度が80%以上の時にも要注意!

⑧効果を上げるためにも、指導者のためにも対策が必要で休憩を頻繁にとったり、水分の摂取(スポーツドリンク、OS-1等)に心がける。

slide58

高齢者と脱水症状

 生まれた時は約80%、成人になると男性約60%・女性約55%にまで減少し、さらに60歳を超えると、約50%まで水分量が落ちてしまいます。赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、こういう理由がある

slide59

経口補水液とは

脱水とは、水分だけでなく電解質(NaCl=塩分、K=カリウム)も失われることです。脱水状態に陥った時、水だけを補給しても電解質を補うことが出来ません。経口補水液には、数種類の電解質とブドウ糖などがバランス良く含まれています。重要な電解質であるナトリウムイオンは、適度のブドウ糖がある方がからだに取り込まれやすくなります。そして大切なのは、その比率で経口補水液の場合、ちょうど良いバランスで作られています。だから吸収に優れているのです。

slide62
感染症(予防)法

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

slide64

学校において予防すべき感染症

第一種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米

    出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白

    髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフ

    ルエンザ(H5N1)、新型インフルエンザ等感染症等

(学校保健安全法施行規則第18条)

第二種インフルエンザ、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、

    風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核

第三種コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、

    腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性

    出血性結膜炎、その他の感染症

slide65
出席停止について
  • 学校保健安全法第19条

 校長は、感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる。

slide66
出席停止の期間
  • 学校保健安全法施行令第6条第2項

 出席停止の期間は、感染症の種類等に応じて、文部

 科学省令で定める基準による。

  • 学校保健安全法施行規則第19条

 1 第一種の感染症にかかった者については、治癒

  するまで。

 2 第二種の感染症にかかった者については、定め

  られた期間

 3 結核及び第三種の感染症にかかった者について

  は、病状により、学校医その他の医師において感

  染のおそれがないと認められるまで。 

slide67
臨時休業
  • 学校保健安全法第20条

  学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。

slide68
保健所との連絡

◆学校保健安全法第18条

 学校の設置者は、~中略~ その他政令で定める場合においては、保健所と連絡するものとする。

◆学校保健安全法施行令第5条

 保健所と連絡すべき場合

  ・出席停止が行われた場合

  ・学校の休業を行った場合

slide70
麻しん(はしか)1

・原因ウイルス

 麻しんウイルス(measles virus)

・感染経路

 空気感染、飛沫感染、接触感染

・感染力

非常に強い。

(麻しんの免疫がない集団に1人の発病者がいたとすると、12~14人の人が感染するといわれている。

※ちなみに、インフルエンザは1~2人

slide71

カタル症状が出はじめ、発疹が出るまでの間(カタル期)が、最も感染力が強い!カタル症状が出はじめ、発疹が出るまでの間(カタル期)が、最も感染力が強い!

麻しん(はしか)2

・症状

 潜伏期は、10~12日。

 カタル症状(上気道炎症状、結膜炎症状)

 コプリック斑(頬粘膜にできる白い斑点)

 特徴的な発疹。

slide73
麻しん(はしか)3

・合併症

 全体の30%が合併症を併発する。

 多いのが肺炎。脳炎もしばしば。

二大死因

・修飾ましんとは・・・

麻しんに対する免疫は持っているが、不十分であるため、ウイルスに感染した場合に、軽症で非典型的な麻しんを発症。

slide74
麻しん(はしか)4

・予防策は?

 麻しんは、接触感染、飛沫感染、空気感染のいずれの感染経路でも感染する。

 通常のマスク等での予防は難しい。

 ワクチン接種によって麻しんに対する免疫を獲得しておくことが唯一の予防方法!

slide75
麻しん(はしか)5

・予防接種時期(定期)

 第1期:1歳児

第2期:小学校入学前1年間

第3期:中学1年生(13歳となる年度内)

 第4期:高校3年生(18歳となる年度内)

平成20年4月1日から5年間の時限措置

slide76

1年間の報告数が100万人当たり1未満

麻しん(はしか)6

 平成22年における麻しん患者発生状況は、全国で457例(愛知県:32件)、100万人当たり3.6(愛知県:4.3)

 世界保健機関(WHO)が定義する麻しん排除の判断基準

  平成24年度までの麻しん排除を目的として、厚生労働省は平成19年に「麻しんに関する特定感染症予防指針」を策定し、予防接種の勧奨や麻しん発生時の対応強化等について対策を進めている。

slide77

1名出たらすぐ対応!!

麻しん(はしか)7

学校における麻しん対策ガイドライン

1 麻しん発生の予防

・定期予防接種対象者への積極的勧奨

・児童生徒の予防接種の接種状況等の確認

・職員の麻しん対策

2 麻しん発生時の対応

・関係者・関係機関への連絡

・感染拡大防止策(出席停止、学校の閉鎖など)

slide79

4月1日より

インフルエンザ1

新型インフルエンザ(A/H1N1)の取り扱い

・平成21年4月発生

・平成22年3月31日に、最初の流行(いわゆる第一波)は沈静化と発表

・今シーズン(2010/2011)は、12月半ばに流行入りし、1月末に流行のピークを迎え、現在はほぼ治まっている。流行した型も、新型インフルエンザ(A/H1N1)に加え、A香港型、B型も検出された。

季節性インフルエンザへの移行

「インフルエンザ(H1N1)2009」

slide80

インフルエンザ2

季節性インフルエンザは、毎年冬に流行を繰り返し、国民の健康に対して大きな影響を与えている我が国最大の感染症の一つである。

咳エチケット

・咳、くしゃみがでたら、他の人にうつさないためにマスクを着用する。マスクがないときは、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて、1m以上離れる。

・鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てる。

・咳をしている人にマスクの着用をお願いする。

slide81
風邪と抗生物質

ウイルスによる風邪には抗生物質は無効!!

ただし、細菌によるものやウイルス感染後の細菌感染に有効

<ウイルス感染後に細菌感染を起こしやすい理由>

 風邪等のウイルスに感染すると、感染防御機能を果たしている

 上気道の粘膜繊毛の働きが低下して、のどや鼻の粘膜に細菌が

 付着しやすくなり細菌感染が増えるため

抗インフルエンザウイルス薬

アマンタジン(A型インフルエンザに有効) 発症後速やかに投与開始   治療:1日1カプセル1~ 2回

リレンザ(予防用・治療用)(A型、B型インフルエンザに有効)1回2ブリスター(ザナミビルとして10mg)を、1日2回、5日間、専用の吸入器を用いて吸入

タミフルカプセタル75(ノイラミニダーゼ阻害剤)

(A型、B型に有効)治療:通常1回1カプセル1日2回5日間

注意:発症から48時間以内に服用

slide82
抗インフルエンザウイルス剤

・アマンタジン(A型インフルエンザに有効)

  発症後速やかに投与開始

  治療: 1日1カプセル1~2回

  耐性: 出現頻度高い(30~80%)

・タミフルカプセタル75(ノイラミニダーゼ阻害剤 A型、B型に有効)

  治療: 通常1回1カプセル 1日2回 5日間

  予防: 通常1回1カプセル1日1回 7~10日間

   (同居の高齢者やハイリスク疾患患者)

  注意:発症から48時間以内に服用 耐性:A香港型(18%)、Aソ連型(16%)

・リレンザ(ノイラミニダーゼ阻害剤 A型、B型に有効)

  治療: 1日2回吸入 5日間

唯一の全身投与可能 抗インフルエンザ薬!

トウシキミの果実(八角)

治療の開始は2日以内が基本!

slide84
SARSとインフルエンザ

SARSとは(Severe Acute Respiratory Syndrome)日本では「重症急性呼吸器症候群」と呼ばれる 新しく発見された感染症です。インフルエンザワクチンは効きません。 主な症状としては、38度以上の発熱などインフルエンザに似ていますが、 数日たつと急に、痰が少なく乾いた咳、息切れ、呼吸困難などで、胸部レントゲン写真で 肺炎または呼吸窮迫症候群の所見が見られます。また、頭痛、悪寒戦慄、食欲不振、全身倦怠感、下痢、意識混濁などの症状がみられることもあります。流行地への旅行、あるいは発症した人へ接近いたなども目安となります。初期症状がインフルエンザと似ているため、混同しないことが必要です。

slide85
学校給食法に基づく

学校給食の衛生管理

slide86
学校給食法の一部改正

第9条 文部科学大臣は、学校給食の実施に必要な施設及び設備の整備及び管理、調理の過程における衛生管理その他の学校給食の適切な衛生管理を図る上で必要な事項について維持されることが望ましい基準(以下この条において「学校給食衛生管理基準」という。)を定めるものとする。

2 学校給食を実施する義務教育諸学校の設置者は、学校給食衛生管理基準に照らして適切な衛生管理に努めるものとする。

3 義務教育諸学校の校長又は共同調理場の長は、学校給食衛生管理基準に照らし、衛生管理上適正を欠く事項があると認めた場合には、遅滞なく、その改善のために必要な措置を講じ、又は当該措置を講ずることができないときは、当該義務教育諸学校若しくは共同調理場の設置者に対し、その旨を申し出るものとする。

slide87
学校給食衛生管理基準(文部科学省平成21年4月告示)学校給食衛生管理基準(文部科学省平成21年4月告示)

○学校薬剤師等の協力を得て、定期に検査を行い、その実施記録を保管すること。

1 給食施設の整備

2 設備の整備及び衛生管理

  3 食品の検収・保管等

4 調理過程の衛生管理

5 給食従事者の衛生・健康管理

6 衛生管理体制の確立

 1、4、6は、毎学年1回、それ以外は3回定期に実施

slide88
学校給食における食中毒発生状況(抜粋)

?

ノロウイルス

※平成22年度のデータは平成23年3月24日現在の速報値

slide90
全国の食中毒発生状況(H22)

ウイルス-ノロウイルス

細菌-カンピロバクター・ジェジュニ/コリ

※厚生労働省HPより(件数の多い上位10種類)

slide91
愛知県における食中毒発生状況(発生件数・患者数の推移)愛知県における食中毒発生状況(発生件数・患者数の推移)

平成22年12月31日現在

slide92
愛知県における食中毒発生状況(平成22年、病因物質別)愛知県における食中毒発生状況(平成22年、病因物質別)

ウイルス →104.5人

細菌   → 33.0人

1件あたりの患者数

slide93
ノロウイルス対策について

平成17年1月24日付け16教健第538号通知

「学校における感染性胃腸炎の発生・まん延防止策の徹底について」

ノロウイルスに関するQ&A

(厚生労働省:食中毒関連情報)

ノロウイルスの失活化

・85℃、1分間以上の加熱

吐物(ノロウイルス)の処理

・次亜塩素酸ナトリウム200ppmで床等を拭く

・吐物・便等を処理する場合は1000ppm

slide94
ノロウイルスに対する消毒剤

学校におけるにろウイルス対策の消毒剤としては、次亜塩素酸ナトリウムを使用する方法を標準法として、これを採用・利用できる体制の確立がまず望まれる。

その上でどうしても次亜塩素酸ナトリウムが使用できない等の理由がある場合、代替の方法を学校医・学校薬剤師の指導助言を参考に教育委員会等と相談の上、判断する。

次亜塩素酸ナトリウム以外の消毒剤はネコカリシウイルスなどを用いた不活化試験で効果があるとされたものを選定すること

slide96

ウィルス性急性胃腸炎の原因には、ノロウィルス、アデノウィルスなどが知られており、発生数が多く、有名になったのはノロウィルスですが、重症になりやすいのは、ロタウィルスです。 一般に、10月~2月頃はノロウィルスが流行し、1月頃からロタウィルスによる胃腸炎が増加、5月頃まで続く。 ウィルスは、ノロウィルスと同様、便や嘔吐物に大量に含まれており、それに触れたり、蒸気を吸って感染する。また、空気感染も起こる。成人も感染し、家族全員が嘔吐、下痢を生じることも珍しくありませんが重症化するのは、生後6カ月~2歳までの子どもです。 潜伏期間は約2日間で、突然、吐き気、嘔吐を生じ、その後、発熱、腹痛、下痢も生ずる。その便は、時に米のとぎ汁のような白色の水様便になることもあり 合併症が多いことでも有名です。 脳炎・脳症、繰り返すけいれん発作、消化管出血、重症の脱水、細菌感染の合併などです。 脱水を予防するには、点滴治療も有効ですが、少量ずつ数分~数十分毎に水分を摂らせる事が重要で、経口補液剤(アクアライトORS,OS-1等)が望ましいといえます。 なお、アルコール消毒でも、感染を防ぐことができませんので、徹底した手洗い、マスク着用が必要ですウィルス性急性胃腸炎の原因には、ノロウィルス、アデノウィルスなどが知られており、発生数が多く、有名になったのはノロウィルスですが、重症になりやすいのは、ロタウィルスです。 一般に、10月~2月頃はノロウィルスが流行し、1月頃からロタウィルスによる胃腸炎が増加、5月頃まで続く。 ウィルスは、ノロウィルスと同様、便や嘔吐物に大量に含まれており、それに触れたり、蒸気を吸って感染する。また、空気感染も起こる。成人も感染し、家族全員が嘔吐、下痢を生じることも珍しくありませんが重症化するのは、生後6カ月~2歳までの子どもです。 潜伏期間は約2日間で、突然、吐き気、嘔吐を生じ、その後、発熱、腹痛、下痢も生ずる。その便は、時に米のとぎ汁のような白色の水様便になることもあり 合併症が多いことでも有名です。 脳炎・脳症、繰り返すけいれん発作、消化管出血、重症の脱水、細菌感染の合併などです。 脱水を予防するには、点滴治療も有効ですが、少量ずつ数分~数十分毎に水分を摂らせる事が重要で、経口補液剤(アクアライトORS,OS-1等)が望ましいといえます。 なお、アルコール消毒でも、感染を防ぐことができませんので、徹底した手洗い、マスク着用が必要です

slide97
腸管出血性大腸菌O-157・O-111

少ない菌量でも感染が起こるので、院内感染等生じやすい(3類感染症)

特 徴  ベロ毒素を産生する大腸菌

なぜ危険  出血性腸炎、溶血性尿毒症症候群の原因になる

なぜ感染  汚染した食品の経口摂取で感染

対 策  手洗い、糞便汚染のある箇所のアルコール・  塩化ベンザルコニウム消毒

加熱不足の肉などが原因。殺菌されてない井戸水や湧き水なども菌を持っている動物のフンに汚染されている可能性もある。また、生野菜が原因になることもあるし、生の肉に使った包丁で切った調理済みの食品も原因となる。

slide98
手指消毒についての注意事項

ウイルスに効くのは→エタノール(消毒用)

おすすめは「速乾性手指消毒薬」、注ぎ足しもOK!

※アルコール過敏症や目に見える汚れがある人の場合は、流水と石けんによる 手洗いでも十分。ただし、使用水の塩素濃度も確かめてね!!

slide99
感染症対策??

2008年、強毒性H5N1型鳥インフルエンザの人型変異とそれに起因する世界的大流行(パンデミック)への懸念から、空間消毒薬として二酸化塩素ガスが注目され、日本の経済報道番組でも紹介された。しかし、二酸化塩素の安全性は経口摂取では確認されているものの、空気中の二酸化塩素濃度に関する基準は米国産業衛生専門家会議が設定した作業環境に関する基準があるだけで日本国内にはなく、長期間低濃度での暴露に係る安全性の検証に至っては十分なされているとはいえない状態である。

また、独立行政法人国民生活センターが据置芳香剤型の空間除菌をうたった商品に対して行った調査では、二酸化塩素を有効成分とうたっているにも関わらず放出が皆無である製品の存在や臭気が原因とみられる体調不良者の発生、自社での有効性・安全性確認がなされていない製品がほとんどである実態がみられるなど、今後の研究・改善が求められる。なお、二酸化塩素がウイルス等を死滅させる事実があっても、日本においてウイルス感染を予防できる旨を商品の効果として表示するには厚生労働大臣による製造販売承認が必要であるが、現状としては遵守されているとは言い難く、不適表示・広告は多い。

Wikipedia:ウィキペディア

slide101
創傷処置について

モイストヒーリング(湿潤療法)

「キズは早く乾かして、かさぶたをつくって治す」。この考え方(ドライヒーリング)に基づいて、長年にわたり治療が行われてきました。しかし1962年に「キズは乾かすよりも、ぴったり覆って体液(滲出液)を保ったほうが早く治る」(モイストヒーリング)という研究結果が発表されると、キズケアの新しい方法として湿潤療法が取り入れられました。現在、専門の医療機関ではキズややけど、床ずれの治療に取り入れられています。

slide102
注意!

学校においての応急処置について、モイストヒーリングを推奨しているわけではないことに留意する。

1.家庭において継続して正しい  管理できるか

2.管理された水道水等(清潔な水)  が担保できるか

など課題は多い。

slide103
外用薬の事故等について

アンモニア水

アンモニア水は、以前、アリやムカデの毒液のような強酸性の酸の中和や、タンパク成分を分解することを目的に用いていましたが、皮膚の中に入った毒液を中和する効果はほとんど期待できない上に、塗ったために皮膚炎を起こすことがあるとされ、虫刺されには薦められないことになった。虫刺されに良いのは、まず冷水でよく洗い、冷やすことで、蜂は、刺されたところに針が残ることがあります。ガムテープなどで、できるだけ抜く前処置も大切です。虫の毒素に対するアレルギー反応には、抗ヒスタミン剤が入った軟膏を塗ることをお勧めします。

キンカン

<特長>有効成分中に含まれているアンモニア水が、そのアルカリ性で酸を中和するとともに、皮膚へすばやく浸透して、局所の熱を大量に奪い取り、ほかの成分との相乗作用と相まって、キンカン独特のすぐれた鎮痒・消炎・鎮痛効果をあらわす<効能>かゆみ、虫さされ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫<用法>1日数回、適量を患部に塗布<成分>100ml中 アンモニア水-21.3ml l-メントール-1.97g d-カンフル-2.41g等

ホウ酸

薬効の再評価により2%液だけが、眼科に限ってのみ認められている。外用で使っていた、殺菌・消毒効果は削除されています。

slide104
熱性けいれん

通常は発症が5分以下で発作の形に左右差が無く、全身の強直・間代痙攣で意識の回復が良いもので6ヶ月~6歳頃に多い。基本は予防で、発熱(37.5-38.0度)が見られたら痙攣予防坐薬ダイアップ(成分名:ジアゼパム)を投与する。解熱剤は入れても入れなくても痙攣の発症率に影響しない。

アンビバ座薬はインフルエンザの熱を下げるときにも使われる解熱剤で、抗けいれん剤のダイアップ坐薬とは使用する目的が違って、38.5度以上の熱が出て、子供がぐったりしているときに使う。併用する場合には、薬の効果を弱めないために、ダイアップ坐薬を使用して、30分以上あけてからアンビバ坐薬を使う。

slide105

「熱性けいれんの指導ガイドライン」で、発熱時のダイアップ坐薬の予防投与は 1.15~20分以上遷延する発作があった場合 2.短時間に発作が頻発する場合 3.要注意因子(てんかん因子、熱性痙攣因子)が2項   目以上ある場合で過去に2回以上発作を経験して   いる場合に適応とされている「熱性けいれんの指導ガイドライン」で、発熱時のダイアップ坐薬の予防投与は 1.15~20分以上遷延する発作があった場合 2.短時間に発作が頻発する場合 3.要注意因子(てんかん因子、熱性痙攣因子)が2項   目以上ある場合で過去に2回以上発作を経験して   いる場合に適応とされている

坐薬は胃腸障害を起こさず、嘔吐などによる効果減少がない優れた薬ですが、

注意!アセトアミノフェンの坐薬は、油脂性基材(ハードフィット)を添加しているため、直腸挿入後にその基剤が溶けるのに時間がかかるため、効果発現時間が遅くなるため経口のほうが早く吸収されます。ただし、すべての坐薬にあてはまるものではありません。

slide106
てんかん

 養護学校には坐薬を使うなどの医療行為が必要な子どもが多くいます。基本的に教職員は対応せず保護者と学校長と主治医などで話し合い、学校看護師が担当する例が多いようです。あらかじめ親や主治医と対応策を検討し、マニュアルはつくっておくとよいでしょう。坐薬挿入は家庭で日常的に行われている安全な行為ですので、教師・施設職員がそれらの医療行為を行うことができるように、日本てんかん協会は法制化を要望したところ、平成14年に文部科学省から「緊急の場合は仕方ないでしょう」との回答を得ています。

slide107
フッ化物洗口

市販の薬品があることから、試薬(フッ化水素)の使用は?

slide108
おわり

ご静聴ありがとうございました。

ad