モリアオガエルの生息環境と産卵
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 18

モリアオガエルの生息環境と産卵 条件 PowerPoint PPT Presentation


  • 130 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

モリアオガエルの生息環境と産卵 条件. 平成 19 年度 岐阜大学応用生物科学部 生産環境科学課程 環境生態科学コース 水利環境学研究室 下出 大介. 卵塊. 卵塊. 卵塊 幼生. 池沼. 幼生 幼体. 幼体 成体. 森林. モリアオガエル. Rhacophorus arboreus アオガエル科. 4 ~ 7 月 蔵卵数 300 ~ 800 個. 卵塊 幼生 幼体 成体. オタマジャクシ 全長 平均 51mm. 変態時の体長 15 ~ 22mm. オス体長 平均 57mm メス体長  平均 72mm. 背景.

Download Presentation

モリアオガエルの生息環境と産卵 条件

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


19

モリアオガエルの生息環境と産卵条件

平成19年度

岐阜大学応用生物科学部

生産環境科学課程

環境生態科学コース

水利環境学研究室

下出 大介


19

卵塊

卵塊

卵塊

幼生

池沼

幼生

幼体

幼体

成体

森林

モリアオガエル

Rhacophorus arboreus

アオガエル科

4~7月

蔵卵数300~800個

卵塊

幼生

幼体

成体

オタマジャクシ

全長 平均51mm

変態時の体長

15~22mm

オス体長 平均57mm

メス体長 平均72mm


19

背景

モリアオガエルの減少

世界的両生類の減少

生息地における森林伐採

開発行為による生息地の分断

池沼の水質汚染

目的

気象環境,新しい産卵場への産卵を把握

樹木の利用,森林への移動から行動範囲を把握


19

調査項目

  • 産卵時における気象条件の調査

  • 人工池への産卵調査

富山県中新川郡立山町横江

岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲

  • 移動分散調査

  • 樹木選好性の調査


19

調査地概要1

富山県中新川郡立山町横江


19

大気圧

相対湿度

気温

産卵日の特定

気象環境

  • 産卵時における環境条件の調査

調査方法

調査期間  5月2日~6月9日


19

産卵時における気象条件の調査結果

相対湿度100%

水蒸気量(絶対湿度)の上昇

気温が上昇

  相対湿度

  気温

5/26

5/25

初産卵日前後1週間における気温と相対湿度の経日変化


19

気温と相対湿度

産卵に関係している

産卵時における気象条件の調査結果

高い水蒸気圧

5/26

5/25

初産卵日前後1週間における水蒸気圧の経日変化


19

調査池

人工池

  • 人工池への産卵調査

調査方法

約12 m

調査地平面図


19

6月9日

卵塊4個

卵塊1個

6月29日

幼生

幼生

9月24日

変態

幼生

調査池

人工池

10月11日

幼生

人工池には変態に関して問題?

人工池への産卵調査結果

調査日


19

調査地概要2

岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲


19

体長測定

幼体

オス成体

メス成体

斜距離測定

  • 移動分散調査

調査方法

調査期間 5月下旬~11月上旬

調査時間 13時~18時の間


19

幼体

オス成体

メス成体

7/1

9/1

8/1

10/1

移動分散調査結果

池からの斜距離(m)

21mm

池から確認地点までの斜距離


19

連続した広い森林域が必要

移動分散調査結果

池からの斜距離(m)

幼体の体長(mm)

幼体における体長と池からの斜距離の関係


19

14科20種69本

  • 樹木選好性の調査

調査地の構成樹木

65%

胸高直径(mm)

各胸高直径における樹数


19

樹木選好性の調査結果

オス成体

卵塊

胸高直径(mm)

胸高直径(mm)

胸高直径別の樹木1本あたりの確認数


19

×

広い森林環境

まとめ

湿潤環境


19

御清聴,

  ありがとうございました.

H20,2,18


  • Login