映画館の社会史
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 15

映画館の社会史  -なぜ人は映画館に行くのかー PowerPoint PPT Presentation


  • 194 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

映画館の社会史  -なぜ人は映画館に行くのかー. 学籍番号 1540050086 椎名 一真. 問題意識.

Download Presentation

映画館の社会史  -なぜ人は映画館に行くのかー

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


5686301

映画館の社会史 -なぜ人は映画館に行くのかー

学籍番号 1540050086

椎名 一真


5686301

問題意識

  1950年代後半の映画業界は黄金期を迎えていた。1958年には、11億2千万人という過去最高の入場者数を記録する。これは、国民一人当たりが年間12,3回劇場に足を向けた計算になる。それが、1960年を境に急激に入場者数を落とし、1995年には1億2千万人を切る事になった。2000年以降、シネマコンプレックス(シネコン)の登場を契機に、入場者数は1億6千万人を保つようになる。なぜ、かつて人々は映画館に足繁く通いつめていたのか。それは、時代を重ねるごとにどのように変化していったのか。歴史的に、映画館と映画業界を考察していく。


5686301

目次

第1章 戦前の映画業界

1.1 日本映画史初期~弁士の活躍~

1.2 トーキー映画の登場

1.3 戦時中の映画館の歴史

第2章 戦後の日本映画

  2.1 戦後日本映画の隆盛

  2.2 映画の凋落

  2.3 ピンク映画とロマンポルノ作品

  2.4 名画座の全盛

第3章 近年の映画館

  3.1 ミニシアター映画の誕生

  3.2 シネマコンプレックスの登場

  3.3 現在のサービス・割引と娯楽としての映画

  3.4 堀江氏インタビュー

  結

参考文献

附属資料


5686301

戦前の日本映画業界

1930年代、無声映画からトーキー映画(音声映画)へシフト

弁士の活躍

トーキー映画の登場

小さな映画会社

無声映画や低予算のB級映画

大手映画会社

トーキー映画を取り入れる


5686301

戦後の日本映画業界

敗戦

                      GHQに統治・管理

1951年独立

1950年代

黒澤明や溝口健二らが海外の映画祭で受賞される。

様々な名作に恵まれた時代。

1958年

11億2千万人を超える入場者数。

「七人の侍」 黒澤明


5686301

テレビの契約者数と映画館入場者数の推移


5686301

映画の凋落

プログラムピクチャー

   大手映画会社6社(東宝、松竹、大映、東映、日活、新東宝).の2週間毎の2本出て封切り映画量産システム。

スターシステム

各社専属の俳優や監督をかかえ、作品によってそれを置き換えて撮影していく方法。

映画業界に歪み


5686301

        劇場から女性や子供が遠いていく

映画業界に歪み

ピンク映画やヤクザ映画が登場


5686301

映画館数と入場者数の変化


5686301

シネマコンプレックスの登場

様々な法律の改正

シネコンの登場

アメリカなどの支援

ブロックブッキングの崩壊


5686301

シネマコンプレックスのスクリーン数の推移


2008 12 1 12 7

レッド・クリフの入場者数の推移(2008.12/1-12/7)


5686301

様々な映画館


5686301

結論

映画館は時代毎の作品やニーズに合わせて変遷を見せていた。

ピンク映画やヤクザ映画で女性の客足を減らしていたが、近年のミニシアターやシネコンの登場と各種割引でその客足は増加した。

   シネコンは日本映画業界を救ったが、映画館を均一化した。


5686301

なぜ、人は映画館に行くのか

人それぞれ、理由は様々である。

だが、人々はかつてから、映画館に様々な楽しみや

喜びを期待して映画館に通っていた。

映画館に行けば何かを味わえる


  • Login