2003f term project bpf vpn
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 10

2003f Term Project BPF を利用した VPN 構築 PowerPoint PPT Presentation


  • 69 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

2003f Term Project BPF を利用した VPN 構築. Yohei [email protected](B1) 親  yasu さん 2004/01/30. 目的. 遠隔地にあるネットワークを繋げるアプリケーションの製作. アプローチ. BPF に関連するソースを読む FreeBSD の導入 BPF,TCP/IP の概念理解 実験環境の構築 既存の技術の利用用途の調査. 今期 Term の課題. BPF を使って全パケットのタップ. UDP でタップしたパケットを転送. まるで同じサブネットからのパケットかのように処理. 実験環境.

Download Presentation

2003f Term Project BPF を利用した VPN 構築

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2003f term project bpf vpn

2003f Term ProjectBPFを利用したVPN構築

Yohei [email protected](B1)

親 yasuさん

2004/01/30


2003f term project bpf vpn

目的

  • 遠隔地にあるネットワークを繋げるアプリケーションの製作


2003f term project bpf vpn

アプローチ

  • BPFに関連するソースを読む

    • FreeBSDの導入

  • BPF,TCP/IPの概念理解

    • 実験環境の構築

  • 既存の技術の利用用途の調査


2003f term project bpf vpn

今期Termの課題

BPFを使って全パケットのタップ

UDPでタップしたパケットを転送

まるで同じサブネットからのパケットかのように処理


2003f term project bpf vpn

実験環境

192.168.0.0/24


2003f term project bpf vpn

打倒関連技術

  • SoftEther

    • End端末でスイッチング HUBと LANカードをエミュレーションすることによって仮想ネットワークを実装する。


2003f term project bpf vpn

特徴

  • どんなパケットでも通す

    • BPFフィルタ設定

      • BPF_STMT(BPF_RET+BPF_K,(u_int)-1);

  • コネクションレスな通信

    • Datagram Protocol


2003f term project bpf vpn

実装:実験機器

  • C言語 gcc

  • FreeBSD 5.2Current

  • End端末 Windows98, XP

  • BPFタップ端末 FreeBCD 5.2 x2台


2003f term project bpf vpn

デモ


2003f term project bpf vpn

今後の課題

  • 暗号化

  • 導入の簡略化


  • Login