開発途上国における女子教育支援のモデルの構築
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 19

開発途上国における女子教育支援のモデルの構築 -日本における女子教育経験の 応用可能性- PowerPoint PPT Presentation


  • 37 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

開発途上国における女子教育支援のモデルの構築 -日本における女子教育経験の 応用可能性-. 2007 年 2 月 6 日  「国際教育協力イニシアティブ」国内報告会 お茶の水女子大学 三浦 徹. 女子教育支援に必要な学際環境. 国際学. 女性・ジェンダー学. 教育学. 地域研究. 日本社会における女子教育支援政策. 1. 子守学校    家庭内の女子の労働力確保(子守等)                と学校教育の双方を満たす                    初等教育の発展へ 2. 職業訓練教育     女性の職業人養成へ

Download Presentation

開発途上国における女子教育支援のモデルの構築 -日本における女子教育経験の 応用可能性-

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


1335786

開発途上国における女子教育支援のモデルの構築-日本における女子教育経験の応用可能性-

2007年2月6日

 「国際教育協力イニシアティブ」国内報告会

お茶の水女子大学

三浦 徹


1335786

女子教育支援に必要な学際環境

国際学

女性・ジェンダー学

教育学

地域研究


1335786

日本社会における女子教育支援政策

1.子守学校   家庭内の女子の労働力確保(子守等) 

              と学校教育の双方を満たす

                   初等教育の発展へ

2.職業訓練教育    女性の職業人養成へ

 (洋裁・和裁学校、語学学校等)

女性の経済的自立へ

3.女子の高等教育の発展

教師養成型、研究者養成型、

                 良妻賢母養成型


1335786

子守学校と学校教育(1900年当時の子守学校)


1335786

日本社会における女子教育への期待

1.国政への参加

  2.家庭教育への貢献

  3.女性の社会進出

現在:教育を受けた女性に対する期待

     家庭内 →文化、経済、社会、科学技術など

            諸方面でグローバルな活躍が期待

            されている

国家への貢献


1335786

世界における女子教育の現状

2005年UNGEIデータより

  • 途上国における女子の就学を阻む要因

       ・経済的要因:学費(男子優先)、階層社会、家事労働

       ・社会文化的要因:早期結婚、宗教的問題、教員の不足、           

                   紛争などによる学校の荒廃


1335786

U5MR最低値国の識字率・就学率の状況

2007ユニセフ子供白書より                *は、net dataが無かった為、gross rateで記載


1335786

女子教育の必要性について

  • 乳幼児の死亡率の低下

  • 職業、生活の選択が広がる

       →家族、社会の状況による抑圧、搾取からの脱出

  • コミュニティ、地域、国レベルでの意思決定(decision making)が可能

    ‐母親の事例-

  • 教育を受けなかった母親の子どもは、教育を受けた母親の子どもの半数しか学校に通っていない

  • 学校に通っていない子どもの75%は母親が教育を受けていない


1335786

女子教育の効果

教育を受けた少女

意思の確立

経済的自立

結婚年齢が高くなる

自分や家族のケアや栄養がよくなる

産む子どもの数が減る

自分、家族が早く医療を受けるようになる

出生率が低下する

自分、家族の生存の可能性が高まる

学習/教育が改善


Ungei the u nited n ations g irls e ducation i nitiative

UNGEI (The United Nations Girls’Education Initiative)について

  • 経緯:2000年ダカールで行われたWorld Education

    Forumにおいて当時の国連総長 Kofi Anan氏 

         よって結成された。

  • 目的:1. 女子を学校に送るために、関係諸機関と  

            様々な施策を立て、進めること

    2. 女子教育の促進と周知

    3. 全ての子どもたちが学校に通えるように政策 

            的配慮を行い、社会の活性化の促進


1335786

  • 活動形態:UNICEFが主要機関となって、UNGEI

             の事務局を担当している

  • 構成メンバー(組織:Global Advisory Committee)

    国際機関 6団体(UNICEF, UNESCO,

    UNDP, UNFPA, ILO, WB )

    援助機関 6団体(USAID,CIDA, Norad

    DFID, Sida, DANIDA)

    国際NGO6団体(World Vision, AED,

    CAMFED, CAMPE, GCE,

    The Commonwealth Secretariat)


1335786

開発途上国における女子教育支援について(調査)

  • 先進国による女子教育支援政策について

    ・UNGEIネットワークのプロジェクトの比較分析

  • 紛争地における女子教育の現状に関する

      インタビュー調査

    ・アフガニスタン女性教員研修など

  • 途上国における女子教育支援プロジェクトの

      現場調査


1335786

新憲法と教育関連規定

・2002年 教育高等委員会設置

・2003年 第2回会合

・2004年 教育関連規定制定

教育カリキュラム

・義務教育 9年(6-3制)

・高等教育まで無償

・教育言語は2言語

  少数民族の文化と言語の尊重

・小学校(1-3:共学・別クラス)

・中学・高校(別クラス)

教育の状況

・学校数  約7,000校

   (小・中・高を含む)

 ・生徒数2,905,940人

 (2002年)(女子:  885,312人

          男子:2,020,628人)

  (2005年)約 5,000,000人

  ・教師数73,073人

  (2002年)(女性: 20,566人

           男性: 52,507人)      

アフガニスタンの教育について


1335786

女性教員研修より

1.学校の状況:

Kabul市内:

 ・女性教員が多い

  ・PC等も援助機関によって配給  

   されている

  ・学校の建物も修復されている

地方:(ヘラート、マザリシャリフ等)

・生徒数に比較して教員数の不足

  ・建物が破壊されたまま

  ・教材、教科書の不足

  ・援助機関の援助が届かない

2.女子の就学状況

Kabul市内:

・多くの女子生徒が学校に通う

 ・保護者の教育への理解も大きい

地方(ヘラート、マザリシャリフ等):

・保護者の教育に対する理解不足のため、女子が学校に来ない

  ・治安悪化のため、学校までの道中を心配して女子を学校に行かせない

アフガニスタンの女子教育について


1335786

  • 女子の就学を阻む要因

    ・地理的要因: 学校までの距離

                 通学路の治安

       ・社会的要因: 女性教員の不足、

                 保護者の女子教育への理解、関心 

                 の不足、早期結婚

       ・経済的要因: 教育に必要な教材、文具を揃える                  

                 ことができない

  • 女子の教育を促進する方策

    ・教育の重要性を保護者に周知

    ・学校の魅力化(電気の整備、PCの設置、建物の整備、教材の配布、  

                      生徒への食糧等の配給)


1335786

1年生の女子児童全員


1335786

アフガニスタン女子教育支援の可能性

  • 研修員に対するインタビュー調査、現地調査などから

     ・地理的側面:スクールマッピング、分校の設立

       ・社会的側面:女性教員の養成、治安の整備

                 学校教育への理解促進  

       ・経済的側面:学校給食、貧困家庭への支援、

                 子どもの生活に見合った学校制度

       ・心理的側面:教育を機会として子どもの可能性

                 を広げる(希望、志、平和)

       ・ジェンダーの側面:法律の整備


1335786

学校

衛生教育

保健・体育

家庭科教育

理科教育

図工

情報教育(PC)

心のケア

  • 学校の魅力化

        ~学ぶことの楽しさと意味への理解~

家 庭

 地域(コミュニティ)


1335786

今後の課題

  • 日本の女子教育

    ・明治期から現代までの日本社会の変遷を背景とした 

       女子教育(初等教育から高等教育まで)の発展 

       の総括

      ・女子教育の発展から途上国への女子教育支援に

       関する応用可能性を考察する

  • UNGEI

    ・加入している各機関とのネットワークの構築

  • 女子教育支援

    ・途上国における女子教育支援の日本のモデルの提言

      ・<双方向的>教育支援=学びあい、助け合う


  • Login