ユニバーサルサービス基金
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 24

ユニバーサルサービス基金 PowerPoint PPT Presentation


  • 82 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

ユニバーサルサービス基金. はじめに. 今日の内容:電話(電気通信事業)に関する重要な課題について. 今日の内容:電話サービス. 電話の特徴:莫大な設備投資の必要な公益事業. 公益事業:政府が決定する政策によって左右されるもの. 政策:担当大臣の諮問を受け、審議会・作業部会で決定. 電話:政府規制を受ける産業(自由競争市場ではない). 自由競争市場:誰でも自由に経済活動(経営、営業)できる市場. 目次. ユニバーサルサービス全般について 諸外国の事例 日本のユニバーサルサービス. 国民生活・経済活動に不可欠なサービス. 生活に不可欠なサービス.

Download Presentation

ユニバーサルサービス基金

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


1

ユニバーサルサービス基金


1

はじめに

今日の内容:電話(電気通信事業)に関する重要な課題について

今日の内容:電話サービス

電話の特徴:莫大な設備投資の必要な公益事業

公益事業:政府が決定する政策によって左右されるもの

政策:担当大臣の諮問を受け、審議会・作業部会で決定

電話:政府規制を受ける産業(自由競争市場ではない)

自由競争市場:誰でも自由に経済活動(経営、営業)できる市場


1

目次

ユニバーサルサービス全般について

諸外国の事例

日本のユニバーサルサービス


1

国民生活・経済活動に不可欠なサービス

生活に不可欠なサービス

基本的なサービス

薬販売

ネットワークを要する

医療

郵便

電気・ガス・水道

義務教育

保険

放送

電話

預貯金

交通

ユニバーサルサービス


1

ユニバーサルサービス

ネットワークを要する

莫大な費用が必要な産業

(自然独占)

郵便

電気・ガス・水道

放送

電話

公的(政府)規制

ユニバーサルサービス

ユニバーサルサービス = 誰でも利用できるサービス

  • どんな所得でも(貧乏でも金持ちでも)

  • どこに住んでいても(田舎でも都会でも)

全国一律料金の原則

全国、どこに居ても同じ価格(値段)で利用可能


1

ユニバーサルサービスを維持する仕組み

すごい昔(国鉄)の話

明石

三宮

大阪

黒字区画利用者は赤字区画利用者の料金を負担

内部補助

(内部相互補助)


1

内部補助1

首都圏

九州

近畿

中部

東北

北海道

全国


1

内部補助2

40

30

20

費用

価格

地域(費用順)


1

競争導入(規制緩和)

独占状態

競争の導入

NTT

  • NTT分社化

  • 新規参入

  • 市内通話自由化

  • 接続ルール見直し

    • etc…

競争状態

現KDDI

NTT

現日本テレコム

他、多数


1

ユニバーサルサービス基金制度

費用

価格

赤字部分をどうにかする策

= ユニバーサルサービス基金 

地域(費用順)


1

二章

二章:諸外国の例


1

世界の話(日本、イギリス、アメリカ)

D社

NTT

BT

ATT

D社

C社

C社

C社

KDDI

A社

B社

A社

B社

日本テレコム

イギリス

アメリカ

日本

ATT

D社

BT

NTT

C社

A社

B社

基金

基金なし

基金


1

ユニバーサルサービス基金の論点

誰がユニバーサルサービスを提供するのか

基金発動条件(基金交付のタイミング)

誰がどれだけ基金費用を負担するのか

基金で補助するサービスの範囲

(固定電話だけか、携帯電話等も含むのか)

コストの計算方式(どの費用を基金で賄うのか)


1

イギリスの事例

ユニバーサルサービス基金なし

←これは、

実際にかかった費用と実際に得られた収入のグラフ

ライフサイクル:

既にある施設・設備が得る便益(利益)

ブランドイメージ向上:

ユニバーサルサービスを提供しなければ得られなかったブランドイメージ(実際に広告を打てば幾ら必要になるか)


1

イギリスの事例2(間違ってる可能性アリ)

元来、電話料金はコストに見合ったものではない

回線料金と通話料金

回線料金はコストより安く、通話料金はコストより高い

=アービトラージ ?

ある遊園地では、入園料は安いが、アトラクション代は高い、みたいな感じ(実際、乗り物を導入するよりも遊園地を建てる方が高い)

この問題を解決すれば、ユニバーサルサービス基金は必要ない


1

アメリカの事例1

ATT

D社

C社

A社

B社

ATT(巨大企業) と 同程度規模の会社が数社

地域系独立事業者が100社

ケーブルテレビ会社、VoIP事業者

ATT = 1980年代に分社化されており、内部補助が困難


1

アメリカの事例2(長くなるので割愛)

ライフライン・プログラム

不採算地域(赤字地域)でも電話が利用可能になる仕組み

リンクアップアメリカ・プログラム


1

《現行》日本のユニバーサルサービス基金

誰がユニバーサルサービスを提供するのか

→NTT

基金で補助するサービスの範囲

→ 固定電話、緊急通報(110,119)、公衆電話

どの費用を基金で賄うのか

→ 現行のメタル回線(銅線)のみ


1

何が問題か

  • 非効率性の排除

  • (NTTの非効率によって生まれる損益を消費者、基金に転嫁)

  • 競争中立性の確保

  • 技術中立性の維持


1

電話の構図(家から基地局まで)

基地局

家庭

電柱


1

競争中立性

基地局

家庭

電柱

高い費用(コスト)


1

技術中立性

家では固定電話、外では携帯電話

固定と携帯の融合

無線化(Fixed Wireless)


1

結論

  • 技術革新を促すこと

  • オープンで公正な市場形成

基金の役割

NTT保護の為の基金ではなく、より競争を促進させる道具としての役割に重きを置くべきだ

これが問題なのは確か

NTTが赤字地域から撤退するのは困る

しかし、NTTの代わりになる企業が生まれれば、採算の採れない地域にも競争が起きる。競争が起きれば・・・・・・


1

おわりに(競争とは何か)

競争すると

競争が諸悪の根源だ

競争が無ければ全て解決する

競争による被害:事故、杜撰な管理・運営・経営


  • Login