gbl global business law 2013 1 26 2013 3 4
Download
Skip this Video
Download Presentation
国際投資仲裁 概略 および課題 GBL(Global Business Law) 研究会 於 : 同志社大学 (2013.1.26 ) (2013 年 3-4 月一部 修正 )

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 20

国際投資仲裁 概略 および課題 GBL(Global Business Law) 研究会 於 : 同志社大学 (2013.1.26 ) (2013 年 3-4 月一部 修正 ) - PowerPoint PPT Presentation


  • 88 Views
  • Uploaded on

国際投資仲裁 概略 および課題 GBL(Global Business Law) 研究会 於 : 同志社大学 (2013.1.26 ) (2013 年 3-4 月一部 修正 ). 同志社大学法科大学院 高橋 宏司 ( Koji Takahashi) 追記 本報告の内容は、「 投資紛争仲裁の概略」 Business Law Journal (2013 年 6 月号 ) 110-116 頁および「 投資紛争仲裁の課題」 Business Law Journal (2013 年 7 月号 ) 112-117 頁として公表した。. 歴史の流れ. 植民地支配

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 国際投資仲裁 概略 および課題 GBL(Global Business Law) 研究会 於 : 同志社大学 (2013.1.26 ) (2013 年 3-4 月一部 修正 )' - tuwa


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
gbl global business law 2013 1 26 2013 3 4

国際投資仲裁概略および課題GBL(Global Business Law)研究会 於: 同志社大学 (2013.1.26)(2013年3-4月一部修正)

同志社大学法科大学院

高橋宏司 (Koji Takahashi)

追記 本報告の内容は、「投資紛争仲裁の概略」Business Law Journal (2013年6月号) 110-116頁および「投資紛争仲裁の課題」Business Law Journal (2013年7月号) 112-117頁として公表した。

slide2
歴史の流れ
  • 植民地支配
    • 宗主国企業による資源の搾取
  • 独立後の資源ナショナリズム
    • 国有化・収用
  • 自由主義経済思想の支配
    • 経済の牽引力としての外資導入促進策
  • 環境、生命、健康、人権の保護目的の規制との衝突
  • (一部の国での)資源ナショナリズムの再興
slide3
国際仲裁以外の紛争解決方法
  • 砲艦外交(gunboat diplomacy)
  • 外交的保護(diplomatic protection)
  • 受入国における裁判
    • 独立性の欠如
    • 中立性の欠如
    • 法律自体の適用排除は不可
    • 裁判拒否
slide5
仲裁合意の所在
  • 投資契約
  • 受入国の包括的な仲裁申込み
    • 国内法
    • 投資条約
      • BIT
      • 多国間条約(の中の投資章)e.g. NAFTA, CAFTA, ASEAN, ECT
slide7
選択されうる仲裁の種類
  • 機関仲裁
      • ICSID(International Centre for Settlement of Investment Disputes)
        • Convention on the Settlement of Investment Disputes between States and Nationals of Other States
      • ICC (International Chamber of Commerce)
      • SCC (Stockholm Chamber of Commerce)など。
  • (UNCITRAL Arbitration Rulesなどによる)アド・ホック仲裁
  • カフェテリア形式も。
investment
「投資財産(investment)」の定義
  • 投資条約上の定義
    • 直接投資
    • 証券投資、契約、免許、知的財産権など
  • ICSID条約上の解釈
    • 受入国の経済発展への貢献
      • Salini v. Morocco (16 July 2001)
    • 濫訴の懸念の当否
investor
「投資家(investor)」
  • 国籍の決定基準
    • 投資条約上の基準
      • 設立だけでなく、本拠の所在を要求するか。
    • 条約漁り
      • 受入国の法人・自然人によるもの
      • 第三国の法人・自然人によるもの
        • SalukaInvestments v. Czech Republic(17 March2006)
        • オランダ‘BV’ (beslotenvenootschap: 有限責任会社)
  • 政府系ファンドの投資家適格
    • 近年、ファンドの規模が著しく拡大。
    • 西欧諸国とは異なる価値観の国のファンドが多い。
slide10
請求の根拠
  • 契約違反
    • 投資契約とその準拠法
    • 安定化条項(stabilization clause)の効果
  • 条約違反
    • 収用の場合の迅速、十分、かつ実効的な補償
    • 公正衡平待遇(Fair and equitable treatment)
    • 完全な保護と保障(full protection and security)
    • 内国民待遇(national treatment)
    • 最恵国待遇(most-favored-nation treatment)
slide11
仲裁廷の判断権限
  • 仲裁合意の範囲
    • 「本件投資に関する紛争」
    • 「投資条約違反に関する紛争」
      • アンブレラ条項(締約国がその「義務」を遵守することを約した投資条約上の条項)
    • 投資条約上の特定の紛争 e.g.収用に対する補償金額
  • 選択(fork-in-the-road)条項の解釈
  • 投資契約中の裁判管轄合意との競合
slide12
仲裁判断の取消の可否、要件
  • ICSID以外の仲裁
    • 各国の仲裁法による。
    • 仲裁地裁判所による取消しの可能性
  • ICSID仲裁
    • 自己完結的手続
    • 特別委員会(ad hoc committee)による取消し
    • 取消事由は、仲裁廷の明白な権限逸脱など
      • 準拠法の選択の誤り cf. 準拠法の適用の誤り
slide13
仲裁判断の執行
  • 執行拒否事由
    • ICSID仲裁  執行免除のみ
    • ICSID仲裁以外の仲裁 New York条約
      • 仲裁地で取り消された仲裁判断の執行可能性
  • 仲裁判断不遵守の例と対抗措置
    • アルゼンチン、ロシア
    • 外交的保護
      • IMF融資に対する反対(アメリカ)
    • ハゲタカ・ファンドへの仲裁判断の譲渡
slide14
国際投資仲裁の政治問題化
  • 南米諸国のICSID離脱
  • 米韓FTAの批准を巡る韓国における紛糾
  • オーストラリア政府による仲裁条項の拒否方針(2011)
    • Productivity Commission Report (2010)
      • 投資促進効果に対する疑問
      • 外国投資保険による代替保護
    • Philip Morris v. Australia (2012年申立て)
  • TPP交渉における仲裁(ISDS)条項
slide16
課題
  • 仲裁廷の判断権限の広さ
    • 「投資」概念の広さ
    • 最恵国待遇条項の拡張的適用
      • 交渉や受入国裁判手続の前置条項を回避するため
  • 仲裁廷の裁量権の広さ
    • 公正衡平待遇の概念の曖昧さ
    • 間接収用(indirect expropriation)と補償を要しない規制の間の線引きの困難
  • 仲裁判断の不統一
    • 実体判断の基準の不統一
    • 先例拘束性の欠如
      • e.g.金融危機時にとられたアルゼンチンの措置に対する緊急避難理論(doctrine of necessity)の適用の可否
slide17
課題(2)
  • 係争額および費用の大きさ
    • e.g. $1.8 billionin Occidental Petroleum v. Ecuador (5 October 2012)
    • 実際には、認容額は、billion単位ではなく、せいぜいmillion単位であることが多い。
    • 認容額の大部分は、実際に収用された額の補償にすぎない。
  • 濫用的申立てのおそれ
    • 欧米法律事務所のビジネス機会の追求
    • 途上国政府の不十分な防御能力
    • 第三者による費用の援助
  • 受入国の政策決定権侵害と萎縮効果(regulatory chill)
    • 金銭的解決のみ cf. 処分の取消し、原状回復
    • 敗けるが勝ち(長期の安定的な投資を呼び込む効果)
    • 2004 US Model BITなど近年の投資条約の文言の変化
slide18
課題(3)
  • 仲裁人の中立性への疑念
    • 先進国投資家に有利な判断が多いとの指摘。
    • 実際には、受入国勝訴の事例も多いとの調査も。
  • 透明性の欠如 cf. 私人間の商事紛争
    • 書誌情報の公開 (ICSID)
    • 仲裁判断の公開
    • 利害関係者(法廷の友: amicus curiae)の意見書の受入れ (ICSID)
    • 審理の公開 e.g. webcast
slide19
課題(4)
  • 内外投資家間の不平等
    • 外資導入のために受入国が自主的に譲歩。
    • 民主制の過程には外国投資家は参加できない。
    • 政策の恩恵は、内国民が享受。
    • ガバナンス向上の間接的恩恵は内国民も受ける。
  • 不平等な二国間投資条約と離脱の困難
    • 締結の際の状況
    • 有効期間: 10-15年プラス自動更新
    • 有効期間中の投資に対する継続適用 例 20年
slide20
様々な法分野の交錯
  • 国際公法投資条約の起草と解釈
  • 国際取引法投資契約の起草と解釈
  • 国際私法準拠法の決定
  • 仲裁法仲裁手続の分析
  • 行政法  多くの場合、行政府の行為が審理の対象
ad