De code
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 38

de:code 報告 PowerPoint PPT Presentation


  • 79 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

de:code 報告. 名古屋ソフトウェアセンター 2014/6/7 Microsoft Azure 勉強会 Kouji Matsui @kekyo2. 自己紹介. Kouji Matsui けきょ @kekyo2 「 けきょの 丼」 会社やってます。 de:code は会社から予算を捻出。. 今日のお題. 今日はコード寄りの話は 無しです. de:code – 久しぶりのマイクロソフト Japan. 毎年、技術系のカンファレンスを行ってきたものの、 2011 年の東日本大震災で中断が続いていました。

Download Presentation

de:code 報告

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


De code

de:code報告

名古屋ソフトウェアセンター 2014/6/7 Microsoft Azure 勉強会 Kouji Matsui @kekyo2


De code

自己紹介

  • Kouji Matsui けきょ @kekyo2 「けきょの丼」

  • 会社やってます。de:codeは会社から予算を捻出。


De code

今日のお題

今日はコード寄りの話は無しです


De code japan

de:code – 久しぶりのマイクロソフトJapan

  • 毎年、技術系のカンファレンスを行ってきたものの、2011年の東日本大震災で中断が続いていました。

  • 今回、米国本社のBUILD 2014の日本版として、新たに「de:code」というブランドで技術系のカンファレンスを実施しました。

  • 一般向けの「マイクロソフトカンファレンス」もあります(去年秋に実施)。マイクロソフトカンファレンスは無料ですが、de:codeは有料です。

  • de:codeって、どんなカンファレンスなの?


De code

マイクロソフトカンファレンスとの違いは?

  • マイクロソフトカンファレンスは、より多くの方を対象に、幅広い視点でマイクロソフトの向かう所を紹介します。

  • de:codeはデベロッパー向けです。

  • de:codeは有料です。その対価は、

    • セッションの専門性

    • 俗にいう「お土産」

    • 飲食類


De code

はじめての技術系カンファレンス

  • 去年のマイクロソフトカンファレンスもはじめてで、とても感激。カンファレンスの場で、翌年に何か計画しているとの情報があり、是非行ってみたいと考えていました。

  • 今年に入ってすぐに米国本社でBUILDなるカンファレンスが開催される事を知り、直後に国内でもカンファレンスが催されることが公表(まだこの時にはde:codeの名前は発表されていない)。

  • BUILDが始まり、Channel9でストリーミングが配信されたことで、これは擬似ライブが出来る!!と考え、スグに開催(大コケしましたがw)

  • de:codeの早期申し込み初日にエントリー!


De code

10万円の価値に、悶々

  • 以前のTechEd Japanと比べても、更に参加費用が増えているとの事。

  • 当然、参加費用に見合う「何か」が得られるのかが気になるところ。

  • 会社から費用を捻出することもあり、理由付けを考える。

    • 分かりやすいのは、やっぱり「お土産」ですねぇ。

    • 遠方(名古屋は遠方とは言わないのかもしれませんが)なので、コミュニティで活躍されている方々と、オフラインでお会いできるチャンス。全国から集まってきます。

    • マイクロソフトエバンジェリストの方から、直接話を聞ける。質問もできる。マサカリも投げられる?


De code

お土産

  • 当日、お土産の引換券が配られます。もちろん、一人一枚。

  • これを、いつぞやのタイミングで、実際のお土産に交換。それまでは、お土産が何なのかは明らかにされません。

  • 初めてということもあり、いつ交換可能なのかわからないまま、初日最初のキーノートセッションに突入。周りの空気感で、どうやらキーノート中に明らかになるのではないかと予測。


De code

CEOからダメ出し

  • キーノートでいきなりWindows Phoneの紹介ががが。BUILDでもWindows Phoneの新機能解説に多くの時間を割いていたこともあり、これはもしや、de:codeで端末新製品が発表されるのではないかというボルテージが高まる。

  • が、CEO自ら「Windows Phoneについて、現時点でお伝えできることはない」と明言され、タイムラインは暗黒の静寂へ…


De code

東芝タブレット

  • で、東芝さんとインテルさんの協賛で、東芝製タブレット「dynabook tab」がお土産として配布されることに。

  • 私的には、タブレットは未所有の事もあり、それなりに嬉しい。しかし…

TLは無茶苦茶な

言われようだww


De code

サプラーイズ!!

  • が、キーノートセッションの最後に、何故かWindows Phone(NOKIA Lumia)の箱を持ってエバンジェリストの高橋さんが現れ…

  • 正規の製品ではないものの、Lumia 1520/1320/920/820のどれかが貰えることに!!


De code

半端ない盛り上がり様!!!


De code

そんなわけで、このようなお土産(教材)

  • 一部、お見苦しい点がある事を、ご了承くださいw


De code

本日は…

  • Azureの日でしたね (;´Д`)


Cloud first

Cloud First時代

  • Cloud First時代:IT Architectは何を目指し、何を実現するのか (板倉 真由美さんのスライド)

ぶっちゃけ、もはやアプリケーションソフト作って販売できる状況ではなくなった


De code

恐ろしいほどの速さで進む技術革新

ソフトウェアを大きなステップ(バージョン)で提供していては、完成するころには技術革新に置いて行かれてしまう


De code

変化に柔軟に対応できる、あらゆる施策を

  • Visual Studioで、多方面のアプローチで多方面のデバイスに対応した、あらゆる開発を可能に!

    • Windowsデスクトップ・Windowsストアアプリ・Windows Phone・マイクロデバイスなどを、ワンストップの環境で開発出来る

    • デファクトスタンダードとなる、異なる環境(Apple / Google)を排斥せず、むしろ全方面でサービス提供可能に

    • Xamarin推し! Xamarinを使えば、iOS、Androidの開発も可能に!


De code

変化に柔軟に対応できる、あらゆる施策を

  • 高速開発を推進し、オープンスタンダードにコミットする

    • 製品の重厚な開発プロセスから脱却し、高速リリースすることで、変化にどんどん追従していく→これからのMS製品は、更新サイクルが早くなる、いや、既にそれは始まっている

    • オープンスタンダードの移り変わりに追従、MS Open Technologies社から次々と公開されるフレームワークやライブラリ群

GitHub


De code

変化に柔軟に対応できる、あらゆる施策を

  • そして、Microsoft Azureが、IT運用環境の整備を高速化する!!

  • オンプレミスに拘る理由が希薄に。サーバーハードウェア維持の負担、ソフトウェア維持の負担、スケールアウトの拡大縮小の不自由さ。

  • スタートアップ企業ほど、これらの負担から解放されたい。人間にしかできない事に集中するための道具。


Azure

Azureの開発事例が集積された資料がない…

  • 出来ました「クラウドデザインパターン Azureを例としたクラウドアプリケーション設計の手引き」Alex Homer / JAZUG / 日経BP


De code

デザインパターンのセッションあり

  • クラウドアプリケーション設計の王道デザインパターン20連発!(成本 正史さん)


De code

新しい道具の使い方が分からない…

  • Azure Storageのテーブルって、インデックスがプライマリーキーしかないよね。一体どうすりゃいいの?

注:SQL Server [SQL Azure] の事ではありません

エンティティモデルには、プライマリキーが一つだけ


De code

新しい道具の使い方が分からない…


Azure1

Azureのハードウェアって?

  • ハードウェア構築・管理のない世界 ~ Azure 仮想マシンの現実 ~(関田 文雄さん)


De code

A8をオンプレミスサーバーとして組んだら?

  • InfinibandやRDMAという時点でかなり外れちゃってますがww

    • InfiniBand(インフィニバンド)とは、非常に高いRAS(信頼性・可用性・保守性)を持つ基幹系・HPC系のサーバ/クラスター用高速I/Oバスアーキテクチャ及びインターコネクトのこと。システム間インターコネクト機構としては、RAS機能の他、他機構に比較して、低レイテンシである点も特徴である。

    • Remote Direct Memory Accessとは、あるコンピュータの主記憶から、異なる(リモートの)コンピュータの主記憶への DMA 転送を行うことである。RDMAでは両コンピュータのオペレーティングシステムに入ることなく転送が行われる。 これにより高スループット、低レイテンシの通信を行うことができるため、特に大規模並列のコンピュータ・クラスターにおいて有用である。

      Wikipedia


Xeon e5 2670

Xeon E5-2670

価格比較サイト coneco.net 2014/06/07


Lga2011

LGA2011マザー・メモリ

x8枚ね


De code

ディスク・RAIDコントローラー

x10台にしておくか

  • む、難しいが…

x2枚


De code

そのほかもろもろ、エイやっと

あ、ネットワークカード忘れた。

ざっくり100万~150万ぐらい?


Azure a8

AzureのA8価格


De code

思ったほど安くない?

  • 18.5万/月なら、150万として、約8か月でペイ出来る。

  • いやいやいや、オンプレミスだとして、ハードウェアのメンテナンスは誰がするのか?壊れたら? 保守契約したら更にコストがかさむねぇ

  • Azureクラウドサービス(WebRole・WorkerRoleなど)を使うなら、OSのメンテナンスはフリーだが、オンプレミスなら全部自分の組織でやらなければならない。

  • ストレージが不足したら?あるいは過剰だったら?

  • パワーありすぎた orzでも、もう導入しちゃったから今更ダウングレード出来ない…


De code

ここからはじまる、組織の硬直化

・リソースの見積もりを行うことは重要ですが、その一方で、外的な要因で容易に変わってしまう

・これを教訓に、見積もりを正確にやろうと思えば思うほど、変化に対して硬直化してしまう

・その硬直化が、組織運営にまで波及し、最終的に会社の文化にまで影響を及ぼす

…かもしれない

  • 見積もりの正確性は、経験知が物をいう世界です。これから新しい事業をやっていくのなら、変化に柔軟に対応できることが必須です


De code

そのための…

Microsoft Azure

プラットフォーム

全ては変化に柔軟に

対応出来るため

Visual Studio

開発プラットフォーム

マルチデバイス戦略


De code

と、理解しました

  • 来年も何事もなく(もちろん、震災も)、再びde:codeが開催されると良いですね!

超早いタイプを可能にする

Word Flow !!

世界記録を括目せよ


De code

Day1では、パーティも開催!!

  • AZURE# が、歌う、踊る!


D e code

de:code登壇者のあいさつ


De code

Day2終わった後は、教材で遊ぶ懇親会

  • ツイッターで募集があったので、参加!


De code

ご清聴ありがとうございました

de:codeスライド一部引用させていただきました。基調講演のビデオも公開されています。是非見て下さい。「de:code」でBingる!

http://www.microsoft.com/ja-jp/events/developer/default.aspx

デプロイ、ネ


  • Login