2009 btob
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 60

2009 年度 卒業論文 マーケットプレイス構築による BtoB の流通改善の検証 PowerPoint PPT Presentation


  • 45 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

2009 年度 卒業論文 マーケットプレイス構築による BtoB の流通改善の検証. A0671241 戸塚佑貴. ■発表の流れ. ■背景・目的 ■問題設定・提案手法 ■結果・考察. ■発表の流れ. ■背景・目的 ■問題設定・提案手法 ■結果・考察. 電子商取引について 電子商取引を利用した流通構造について. 仮想モデル上での条件設定 マッチングとしてのモデル化(線形計画法). 検証結果・考察. ◆背景 電子商取引( Electronic Commerce). 電子商取引とは?. 本研究では、 WEB 上での商取引の事を示す. サービスの事例.

Download Presentation

2009 年度 卒業論文 マーケットプレイス構築による BtoB の流通改善の検証

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2009 btob

2009年度 卒業論文 マーケットプレイス構築によるBtoBの流通改善の検証

A0671241

戸塚佑貴


2009 btob

■発表の流れ

■背景・目的

■問題設定・提案手法

■結果・考察


2009 btob

■発表の流れ

■背景・目的

■問題設定・提案手法

■結果・考察

電子商取引について

電子商取引を利用した流通構造について

仮想モデル上での条件設定

マッチングとしてのモデル化(線形計画法)

検証結果・考察


Electronic commerce

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

電子商取引とは?

本研究では、WEB上での商取引の事を示す

サービスの事例

日本では楽天市場・Amazonなどが代表的


Electronic commerce1

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

電子商取引とは?

本研究では、WEB上での商取引の事を示す

サービスの事例

日本では楽天市場・Amazonなどが代表的

成長率(前年比)

PC:120%

携帯電話:168%

※コンビニ: 8兆強

※百貨店: 8兆弱

(兆円)


Electronic commerce2

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

企業間取引(BtoB)では?

前年比:200%~300%で流通額が拡大中


Electronic commerce3

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

企業間取引(BtoB)では?

前年比:200%~300%で流通額が拡大中

BtoBではアパレル商材が主流


Electronic commerce4

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

企業間取引(BtoB)では?

前年比:200%~300%で流通額が拡大中

BtoBではアパレル商材が主流

急速に普及する

アパレル業界の企業間取引.

電子取引の普及によって

流通量がどのように

変化したのか検証する


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

小売業者

電子商取引(EC)

普及前の

日本の流通システム

消費者


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

小売業者

販路拡張

BtoCのマーケットプレイス

楽天・amazonによる

BtoCのECの普及

消費者

消費(購買活動)を促進!!


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

BtoCのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

消費者


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

販路拡張

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

仕入活動の促進!!

消費者


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

販路拡張

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

仕入活動の促進!!

消費者

また、上流が

改善されると・・・

小売業者はより

良質な商材を

仕入れられる


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

販路拡張

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

仕入活動の促進!!

消費者

さらなる

消費(購買活動)を促進!!


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

販路拡張

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

仕入活動の促進!!

消費者

さらなる

消費(購買活動)を促進!!

BtoBのマーケットプレイス

マーケットプレイスの導入は流通構造の効率化を促進

→疑似モデルデータ上で導入が効果的であることを検証


2009 btob

◆背景電子商取引と流通構造について

卸業者

販路拡張

BtoBのECという

新しい

マーケットプレイスの

出現

BtoBのマーケットプレイス

小売業者

BtoCのマーケットプレイス

仕入活動の促進!!

消費者

マーケットプレイスの効果に関し詳細な説明

さらなる

消費(購買活動)を促進!!

BtoBのマーケットプレイス

マーケットプレイスの導入は流通構造の効率化を促進

→疑似モデルデータ上で導入が効果的であることを検証


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

従来の流通

地域A

卸業者

小売業者

地域B

地域C

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

従来の流通

地域A

卸業者

小売業者

地域B

地域ごとに独立して

商取引が発生

地域C

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

従来の流通

地域A

卸業者

小売業者

地域B

地域ごとに独立して

商取引が発生

地域C

具体例を次に示す

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

地域Aの従来の取引

流通の方向

地域Aの小売店舗

地域Aの消費者

販路が

限られている

選択肢が

限られている

地域ごとの閉鎖的な環境での流通


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

従来の流通

地域A

卸業者

限られた販路

卸業者

小売業者

地域B

小売業者

限られた選択肢

地域C

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

従来の流通

地域A

卸業者

限られた販路

卸業者

小売業者

地域B

小売業者

限られた選択肢

地域C

電子商取引

普及が進み

マーケットプレイスが導入されると・・・・

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

仮想市場

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

仮想市場

卸業者は

販路(卸先)の

拡大

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

仮想市場

卸業者は

販路(卸先)の

拡大

卸業者

小売業者

小売業者は

仕入れ先の

選択肢増加

(マーケットプレイス)

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

仮想市場

卸業者は

販路(卸先)の

拡大

卸業者

小売業者

小売業者は

仕入れ先の

選択肢増加

(マーケットプレイス)

さらに小売業者は

消費者に対して・・・

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

より消費者に相性の良い

商材の仕入れ

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

より消費者に相性の良い

商材の仕入れ

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

より消費者に相性の良い

商材の仕入れ

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

(マーケットプレイス)

消費者の購買促進

(リピート率UP、新規顧客の獲得)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

より消費者に相性の良い

商材の仕入れ

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

小売業者の

販売量増加

(マーケットプレイス)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆背景電子商取引( Electronic Commerce)

より消費者に相性の良い

商材の仕入れ

仮想市場

消費者

卸業者

小売業者

①選択肢増加

②消費者へより良い商材の提供

③消費者のリピート率UP・新規獲得促進

④時間経過後の

小売業者の販売量の増加

(マーケットプレイス)

流通の方向

流通の方向


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

卸業者5社 対 小売業者 15社 の

マッチングを想定する

卸業者(5社)

小売業者(15社)

生産量

販売量


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

条件①

取引では小売業者に主導権がある

卸業者(5社)

小売業者(15社)

生産量

販売量


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

条件①

取引では小売業者に主導権がある

卸業者(5社)

小売業者(15社)

条件②

卸業者に生産量が与えられる

生産量

販売量


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

条件①

取引では小売業者に主導権がある

卸業者(5社)

小売業者(15社)

条件②

卸業者に生産量

が与えられる

条件③

小売業者に販売量

が与えられる

生産量

販売量


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

条件①

取引では小売業者に主導権がある

卸業者(5社)

小売業者(15社)

条件②

卸業者に生産量が与えられる

条件③

小売業者に販売量

が与えられる

生産量

条件④

「相性」による作用で

1ヶ月後の販売量が変化

販売量


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮想モデルの設計における条件の定義

「ある月」に仕入れた商材との相性によって

「翌月」の販売量が変化する

以上の条件から線形計画法としてソルバーで数値計算する。


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

(各流通量×各相性)の総和

目的関数

需要

販売量

供給

制約条件

生産量

非負条件(流通量は正)

生産量以上に需要側に流すことができない。

i:供給側のノード数

j:需要側のノード数

Si:各供給ノードの生産量

Dj:各需要ノードの販売量

Ai-j:各ノード間の流通量

販売量以上に供給側から流すことはできない。


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

は各卸業者・小売業者の「相性」

目的関数

需要

販売量

供給

制約条件

生産量

非負条件(流通量は正)

生産量以上に需要側に流すことができない。

i:供給側のノード数

j:需要側のノード数

Si:各供給ノードの生産量

Dj:各需要ノードの販売量

Fi,j:各ノード間の流通量

販売量以上に供給側から流すことはできない。


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

本検証における普及前と普及後について

卸業者(5社)

小売業者(15社)

マーケットプレイス導入前

5対15のそれぞれ独立した

10個の市場

×10


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

本検証における普及前と普及後について

卸業者(50社)

卸業者(5社)

小売業者(15社)

小売業者(150社)

マーケットプレイス導入前

マーケットプレイス導入後

5対15のそれぞれ独立した

10個の市場

50対150の1つの市場

×10

……..

……..


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

本検証における普及前と普及後について

卸業者(50社)

卸業者(5社)

小売業者(15社)

小売業者(150社)

マーケットプレイス導入前

マーケットプレイス導入後

5対15のそれぞれ独立した

10個の市場

50対150の1つの市場

×10

……..

……..

それぞれの「ある月」総流通量と

翌月の総流通量を比較する


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入前成長率X/W

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

導入後成長率Z/Y


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

図式化すると

測定する流通量は

4つである.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入後成長率Z/Y

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

図式化すると

測定する流通量は

4つである.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

仮説を2つ設定し

その検証を

実験として行う.

導入後成長率Z/Y

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮説①

「ある月」の流通額において、

マーケットプレイス導入前後を比較すると

導入後 > 導入前 ( X > W )

が成り立つ.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入後成長率Z/Y

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮説①

「ある月」の流通額において、

マーケットプレイス導入前後を比較すると

導入後 > 導入前 ( X > W )

が成り立つ.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入後成長率Z/Y

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮説①

「ある月」の流通額において、

マーケットプレイス導入前後を比較すると

導入後 > 導入前 ( X > W )

が成り立つ.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入前成長率X/W

仮説②

成長率=

「翌月の流通額」/「ある月の流通額」

導入後成長率 > 導入前成長率

 ( X/W >Z/Y )

が成り立つ.

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

導入後成長率Z/Y


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

導入前成長率X/W

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

導入後成長率Z/Y


2009 btob

◆問題設定 と 提案手法

仮説①

「ある月」の流通額において、

マーケットプレイス導入前後を比較すると

導入後 > 導入前 ( X > W )

が成り立つ.

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

仮説②

成長率=

「翌月の流通額」/「ある月の流通額」

導入後成長率 > 導入前成長率

 ( X/W >Z/Y )

が成り立つ.

導入後成長率Z/Y

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

次に結果を示す


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

仮説①に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

マーケットプレイス導入後の方が流通量は多い

Y > W

は成立

10,568

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

仮説①に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

W/Y=109%

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

マーケットプレイス導入後の方が流通量は多い

Y > W

は成立

10,568

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

仮説①に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

10,290

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

11,778

仮説②に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W = 97.3%

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

10,290

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

11,778

仮説②に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W = 97.3%

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

10,290

導入後成長率Z/Y = 102.5%

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

11,778

仮説②に対する検証


2009 btob

◆結果・考察

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

導入前成長率X/W = 97.3%

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

10,290

マーケットプレイス導入後の方が流通量は多い

X/W < Z/Y

は成立

導入後成長率Z/Y = 102.5%

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

11,778

仮説②に対する検証


2009 btob

◆まとめ

まとめ

1ヶ月経過後

翌月の流通量

ある月の流通量

電子商取引普及によるマーケットプレイス構築によって

全体の流通量増加したこと促すことが仮想モデル上で示された.

総流通量:W

総流通量:X

マーケットプレイス

導入前

10,568

10,290

Y>W

X/W < Z/Y

は成立

導入前成長率 X/W = 97.3%

総流通量:Y

総流通量:Z

マーケットプレイス

導入後

11,498

11,778

導入後成長率 Z/Y = 102.5%


  • Login