アジア諸国における
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 26

アジア諸国における 信用リスク情報 PowerPoint PPT Presentation


  • 69 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

アジア諸国における 信用リスク情報. 日本国際経済学会関東部会報告 2007年1月13日(土). 黒沢 義孝 日本大学経済学部. 1.信用リスク情報(資本市場)を提供する   Credit Rating Agency(格付け会社). (1)アメリカ. ●  ルイ・タッパンが商業貸付の格付け開始(1841年) ● ジョン・ムーディーが社債の格付け開始(1909年). ●  米国通貨監督官「銀行の債券投資は格付け    上位4ランク以内」(1957年) ● SEC認定格付機関制度開始(NRSRO、1977年). ●  エンロン事件発生により格付制度の見直し

Download Presentation

アジア諸国における 信用リスク情報

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3861892

アジア諸国における信用リスク情報

日本国際経済学会関東部会報告

2007年1月13日(土)

黒沢 義孝

日本大学経済学部


3861892

1.信用リスク情報(資本市場)を提供する

  Credit Rating Agency(格付け会社)

(1)アメリカ

● ルイ・タッパンが商業貸付の格付け開始(1841年)

● ジョン・ムーディーが社債の格付け開始(1909年)

● 米国通貨監督官「銀行の債券投資は格付け

   上位4ランク以内」(1957年)

● SEC認定格付機関制度開始(NRSRO、1977年)


3861892

● エンロン事件発生により格付制度の見直し

   企業改革法(サーベンス・オクスリー法、2002年)

   認定格付制度の見直し   

Credit Rating Agency Reform Act of 2006

     参入障壁の除去

     格付け会社の利益相反の禁止 

(2)日本

 ● 明治~1930年

    社債のデフォルト多数発生

    引き受け銀行のステータスがリスク情報

 ● 1930年代~1996年

    社債のデフォルトなし、銀行システムがリスクを吸収


3861892

● 格付制度導入(1985年、金融庁による指定)

● 社債のデフォルト発生(1996年以降)

    R&I、JCR、ムーディーズ、S&P、Fitch

(3)バーゼルⅡにより格付けを世界標準として使用

● 1988年12月BIS規制導入(自己資本比率8%)

● 2007年3月新BIS規制(バーゼルⅡ)開始


3861892

● リスク計測手法

 標準的手法:格付け会社の格付けを使用

 内部格付け(基礎的アプローチ):予想デフォルト率

 内部格付け(先進的アプローチ):デフォルト時予想損失率

● 企業貸付のリスク・ウェイト

     格付け     リスク・ウェイト 自己資本比率

AAA ~ AA- 20% 1.6%

A+ ~ BB- 50 4.0

BBB+ ~BB- 100 8.0

B+以下 150 12.0

  無格付け 100 8.0


3861892

(4)アジアの格付け

● 「アジア通貨危機支援に関する

       新構想(新宮澤構想)」(1998)

● 「チェンマイ・イニシアティブ」(2000)

● 「アジア債券市場イニシアティブ(ABMI)」(2003)

    自国通貨建て債券市場の育成

    格付け制度の充実


3861892

アジア諸国の債券クロスボーダー取引阻害要因

ベンチマーク=香港(100)  0=阻害要因最大  100=阻害要因最小

(出所)HSBC


3861892

アジアの格付け会社

日本(5)

韓国(5)

中国(8)

インド(3)

バングラデシュ(2)

インドネシア(2)

マレーシア(2)

パキスタン(2)

フィリピン(2)

台湾(1)

タイ(1)

ウズベキスタン(1)

アジア合計 34社

世界合計  64社 

ウズベキスタン

韓国

パキスタン

バングラデシュ

台湾

フィリピン

マレーシア


3861892

2.格付け情報の考え方とアジアの問題

(1)累積デフォルト率

● 米国および日本の標準的な累積デフォルト率(%)


3861892

B

BB

BBB

A

AA

AAA


3861892

● 相対的安定性

● 時系列安定性


3861892

ムーディーズの相対的安定性


3861892

ムーディーズの時系列安定性


3861892

(2)トランジションの留保率(格付けの変更)

ムーディーズの1年トランジション (1990 - 2003)


3861892

S&Pの年別トランジション留保率(%)


3861892

(3)市場利回りと格付け(信用リスク)の関係

q = ( rf + Pd ) / ( 1 – Pd )

市場利回り(q)

7.8%

リスク・プレミアム

1.8%

6.12%

0.12%

6%

Pd

rf

30%

BB

AAA

0%

2%

0.12%

5.88%

損失

1.8%

4.2%

q = ( rf + Pd ) / ( 1 – Pd )


3861892

日本市場における市場利回りと格付けの関係 (残存期間1年)


3861892

日本市場における市場利回りと格付けの関係 (残存期間6年)


3861892

●アジアの問題


3861892

● アジアにおける信用リスク情報の課題

(1)格付けの定義の共通化

(2)リスクの測定方法の共通化

(3)間接金融における信用リスクと

  資本市場のリスクデータの違いの認識

(3)累積デフォルト率のデータ蓄積

(4)格付け会社のパフォーマンス評価の共通化


  • Login