政府開発援助による
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 10

政府開発援助による アジア圏の格差について PowerPoint PPT Presentation


  • 45 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

政府開発援助による アジア圏の格差について.                  経済学部 4 年 近 慶太. 研究の目的. ・ 政府開発援助( ODA ) を通して、アジア圏における格差に変化があるかどうかを見る 具体的には ・・・ ・ ODA を 受け取る 前後で、格差に変化 が見られるかどうかを ローレンツ曲線 及び ジニ係数 を用いて考察. 先行研究. ・ 高瀬浩一 (2003)  「 最貧国の相対所得分析」 ・ 目的 ODA が受 入国の厚生向上に果たす役割を考察 ・ 分析結果 世界 全体では、 ODA が供与されていても格差は広がっている.

Download Presentation

政府開発援助による アジア圏の格差について

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


6478802

政府開発援助によるアジア圏の格差について

                 経済学部4年 近 慶太


6478802

研究の目的

・ 政府開発援助(ODA)を通して、アジア圏における格差に変化があるかどうかを見る

具体的には・・・

・ ODAを受け取る前後で、格差に変化が見られるかどうかをローレンツ曲線及びジニ係数を用いて考察


6478802

先行研究

・ 高瀬浩一(2003)

 「最貧国の相対所得分析」

・ 目的

ODAが受入国の厚生向上に果たす役割を考察

・ 分析結果

世界全体では、ODAが供与されていても格差は広がっている


6478802

分析

分析1

・ 1989年から2009年までの20年間におけるアジア圏の15カ国のGNI平均値を求め、ローレンツ曲線とジニ係数を算出する

分析2

・ 分析1の期間におけるODA受け取り額の平均値をGNIに加算したうえで、ローレンツ曲線及びジニ係数を算出し分析1の結果と比較する


6478802

分析結果

・ ローレンツ曲線

ODAを受け取る前後ではほとんど変化が見られなかった。

・ ジニ係数

平均GNIのみ   → 0.902479122

 平均GNI +ODA → 0.902374858

ODAを受け取ることで僅かな改善は見られるが

 ほぼ変化はなく、値は高い。


6478802

分析結果

ローレンツ曲線とジニ係数の変動から・・・

アジア圏においてODAによる格差の変化はごく僅かなものである

という結果が得られた。


6478802

今後の展望

・ 先行研究の分析結果との比較検討

・ ODAによるアジア圏における格差の変動が少ないことの考察など


6478802

参考文献

・ 高瀬浩一(2003)

 「最貧国の相対所得分析」

・ 高瀬浩一(2004)

 「世界経済の相対所得分析」

・ 世界銀行 

 「World Development Indicator 2013」

・ 中村和之

 「所得格差を測る指標-ジニ係数とローレンツ曲線-」


  • Login