2011 23 11 7 no5
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 18

自然言語処理 2011 - 平成 23 年 11 月 7 日 (No5)- PowerPoint PPT Presentation


  • 59 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

自然言語処理 2011 - 平成 23 年 11 月 7 日 (No5)-. 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 亀田弘之. 前回の復習から. NLP のプログラムを書いてみよう!. Prolog のインストール プログラム作成手順 IC 分析 形式文法の設定 Prolog 形式への書き換え NLP プログラムの実行 ( その1 ) 構文木を出力するプログラムへの拡張 NLP プログラムの実行 ( その2 ) 対話プログラム (Eliza) の紹介. 1. Prolog のインストール. Prolog の種類. Swi-prolog

Download Presentation

自然言語処理 2011 - 平成 23 年 11 月 7 日 (No5)-

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2011 23 11 7 no5

自然言語処理2011-平成23年11月7日(No5)-

東京工科大学

コンピュータサイエンス学部

亀田弘之


2011 23 11 7 no5

前回の復習から

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

NLPのプログラムを書いてみよう!

  • Prologのインストール

  • プログラム作成手順

    • IC分析

    • 形式文法の設定

    • Prolog形式への書き換え

    • NLPプログラムの実行(その1)

    • 構文木を出力するプログラムへの拡張

    • NLPプログラムの実行(その2)

  • 対話プログラム(Eliza)の紹介

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


Prolog

1.Prologのインストール

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


Prolog1

Prologの種類

  • Swi-prolog

  • SICStus-Prolog

  • I/F-Prolog

  • K-Prolog

  • Minerva

  • Arity/Prolog

  • RUN/Prolog

  • C-Prolog

  • Gnu Prolog

  • Open Prolog

  • YAP Prolog など

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

自由課題

  • どんなPrologがあるのか調べてみよう。

  • それぞれのWeb Siteを見つけてみよう。

  • どれか1つdownloadして使ってみよう。

  • 各Prologの特徴を比較し、一覧表を作ってみよう。(注)本授業ではswi-prologを使います。   なぜでしょうか?   理由を考えてみてください。

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


Prolog2

Prologによる構文解析プログラム

  • 処理対象:

    Tom broke the cup.

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


Prog1 pl

Prog1.pl

s(A,C):-n(A,B),vp(B,C).

vp(A,C):-v(A,B),np(B,C).

np(A,C):-d(A,B),n(B,C).

n([tom|T],T).

n([cup|T],T).

v([broke|T],T).

d([the|T],T).

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


Prog2 pl

Prog2.pl

s(A,C,s(_n,_vp)):- n(A,B,_n),vp(B,C,_vp).

vp(A,C,vp(_v,_np)):- v(A,B,_v),np(B,C,_np).

np(A,C,np(_d,_n)):- d(A,B,_d),n(B,C,_n).

n([tom|T],T,n(tom)).

n([cup|T],T,n(cup)).

v([broke|T],T,v(broke)).

d([the|T],T,d(the)).

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

今日の内容

  • 構文解析プログラムの動作を知る

  • 構文解析プログラムを書いてみる

  • その他

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

1.構文解析プログラムの動作を知る

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

2.構文解析プログラムを書いてみる

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

作成手順の概要

  • 処理対象を決める

  • 処理対象の各文に対して、統語構造の分析を行う

  • 上記の分析結果をもとに、文法を書き下す

  • 上記で得られた文法を、Prologの形式に書きかえる

  • 動作を確認する

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

処理対象文

  • Time flies like an arrow.

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

3.その他

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

構文解析の種類

  • 分類1

    • トップダウン解析方式(Topdown)

    • ボトムアップ解析方式(Bottom-up)

  • 分類2

    • 縦型解析方式

    • 横型解析方式

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

確認問題

  • 下記の用語を自分の言葉で説明しなさい。

    • 構文解析

    • トップダウン解析方式とボトムアップ解析方式

    • 縦型解析方式と横型解析方式

    • バックトラック

    • プログラミング言語Prolog

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


2011 23 11 7 no5

次回の予告

  • 日本語を対象とするプログラムを一緒に作成します。

  • PCを忘れないように。

  • Swi-Prologが動くこと、UTF-8コードで保存できるエディターが必要です。メモ帳でもOKです。

  • 必要なら、日本語の文法書や辞書を持参してください(たぶん要らないと思いますが...)。

Natural Language Processing 2009 (Tokyo Univ. of Tech.)


  • Login