主要穀物の価格動向
Download
1 / 16

主要穀物の価格動向 - PowerPoint PPT Presentation


  • 96 Views
  • Uploaded on

主要穀物の価格動向. 世界の穀物の価格変動. 新興国の食生活変化 地球温暖化による変化 バイオマスエネルギーの普及による変化. 新興国(特に中国)の経済成長 穀物の需要を押し上げる圧力に. 新興国の食生活変化. 中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費. 牛肉1kgの生産にトウモロコシ 11 kgが必要. 食肉消費量が増えると加速度的に穀物需要が増加. 穀物の価格が 急騰. 地球温暖化による変化. 近年地球温暖化によって. 干ばつ,ハリケーン,水不足,塩害,etc での被害が増えている ..

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 主要穀物の価格動向' - sunee


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

世界の穀物の価格変動

  • 新興国の食生活変化

  • 地球温暖化による変化

  • バイオマスエネルギーの普及による変化


新興国(特に中国)の経済成長穀物の需要を押し上げる圧力に

新興国の食生活変化


中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費

牛肉1kgの生産にトウモロコシ11kgが必要

食肉消費量が増えると加速度的に穀物需要が増加

穀物の価格が急騰


地球温暖化による変化中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費

近年地球温暖化によって

干ばつ,ハリケーン,水不足,塩害,etc での被害が増えている.

2007年にはオーストラリア大干ばつが起こり,コメの生産量が例年の100分の1に激減した


2007中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費年

欧州天候不順

豪州干ばつ

2006年

豪州大干ばつ


バイオマスエネルギーの普及による変化中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費

近年のアメリカではトウモロコシのバイオ燃料向け消費量が輸出量を完全に上回った.このようなことはアメリカ以外のトウモロコシ生産量上位国でも起こっている.輸出量の確保が難しくなり穀物の価格が急騰してしまう.この先トウモロコシの生産量が伸び続けなければならない.


日本の穀物の価格変動中国に関しては食生活の変化で肉類を大量に消費

食料自給率


各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本39%,となっている.

日本の小麦の自給率は13%

トウモロコシの自給率は0%

日本の食料自給率は極端に低い


日本の食料自給率が低い原因各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本

  • 農業の担い手の         高齢化

6割近くが年金受給世代

コメ農家の時給は最低賃金以下の256円!!

  • 農家は儲からない

自給率の高い米の消費が減少

自給率の低い畜産物などの消費が増加

  • 畜産物,油脂の

  • 消費の増加


日本の食料自給率が低い原因各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本

農家1戸当たりの農地が少ない

人口に比べて土地が狭い

日本の国土は67%が森林で占められている

100平方メートル当たりの農地価格は日本は約20万に対し、

ドイツは約2万円

アメリカは1500円と安い

農家1戸当たりの農地が少ない

輸入に頼ってしまいアメリカなどの価格変動に影響される


バイオマスエネルギー各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本(バイオエタノール)


バイオエタノールとは各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本

サトウキビやトウモロコシなどを発酵させ、

蒸留して生産されるエタノール


バイオエタノールのメリット各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本

  • 農家は補助金が出る

  • トウモロコシへの作付け変換で大きな利益を出す

  • 農家があります。

  • 植物を原料としているため永続的に作ることが可能

  • 燃焼する際に放出するCO₂が,その原料の植物が 生長する際に吸収したCO₂の量に等しいとみなせる.

=CO₂の濃度を高めることがない


バイオエタノール各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本のデメリット

  • 石油への転換効率が低く,今後,効率を向上させてもトウモロコシ1tから石油360㎏相当するエネルギーしか取り出せない

  • バイオ燃料用に農作物を作れば、その分食料用の作地面積が減少するので、食料価格の高騰を招く恐れがある

  • トウモロコシ畑拡大などに伴い、 オレンジ畑など既存の畑がつぶされ,潰されたほうの農作物は結果的に価格が上昇する

  • バイオ燃料の方がガソリンよりもNOx排出量が多いという研究例がある

  • 石油に比べ広大な土地を必要とする


参考文献各国の食料自給率はオーストラリア237%,カナダ145%,アメリカ128%,フランス122%,韓国47%,日本

週刊東洋経済「食の戦争」 東洋経済新報社

世界の食料生産とバイオマスエネルギー 川島博之 東京大学出版会

ガソリンニュース原油高騰の理由と背景

http://www.maroon.dti.ne.jp/gasoline/energy/baio.html

食料自給率が低い理由

http://homepage3.nifty.com/logical/column094.html

どこまで普及する?バイオエタノール

http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20070503A/index.htm


ad