slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
Human Dynamics

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 43

Human Dynamics - PowerPoint PPT Presentation


  • 72 Views
  • Uploaded on

Human Dynamics. Benjamin Waber. 手法. ソーシャルシグナル. 人間行動認識. 行動を変える. まとめ. 目的. ソーシャルシステムを把握して影響を与える. 手法. ソーシャルシグナル情報は会話、位置、動き、コンテクストに含まれている. 手法. モバイルデバイスを使うことによってソーシャルシグナルを自動的に取得して、ソーシャルシステムを把握する. 手法. ソーシャルシステムの把握は人間行動やグループダイナミクスの理解を助ける. Honest Signals. Sensible Organizations: 重要な質問.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' Human Dynamics' - slade-farrell


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

Human Dynamics

Benjamin Waber

slide2

手法

ソーシャルシグナル

人間行動認識

行動を変える

まとめ

slide4

目的

ソーシャルシステムを把握して影響を与える

slide5

手法

ソーシャルシグナル情報は会話、位置、動き、コンテクストに含まれている

slide6

手法

モバイルデバイスを使うことによってソーシャルシグナルを自動的に取得して、ソーシャルシステムを把握する

slide7

手法

ソーシャルシステムの把握は人間行動やグループダイナミクスの理解を助ける

slide9

Sensible Organizations: 重要な質問

ソーシャルシグナルをどのように認識するか?

ソーシャルシグナルからどのような行動が把握できるか?

ユーザにどのように効果的な行動を促すか?

slide10

Sensible Organizations: 重要な質問

ソーシャルシグナルをどのように認識するか?

ソーシャルシグナルからどのような行動が把握できるか?

ユーザにどのように効果的な行動を促すか?

slide11

技術

2009

1997

sociometric badge
Sociometric Badge
  • 赤外線通信
  • 3軸加速度計
  • マイク
  • 2.4 GHz 無線
  • Bluetooth
slide13

Sensible Organizations: 重要な質問

ソーシャルシグナルをどのように認識するか?

ソーシャルシグナルからどのような行動が把握できるか?

ユーザにどのように効果的な行動を促すか?

slide14
ドイツでの実証実験
  • ドイツの銀行のマーケッティング部門の従業員に、1ヶ月間、バッジを装着してもらった
    • 従業員数22人
    • 特徴的なオフィスレイアウト
    • バッジの有効性を調べる最初の実証実験
  • 電子メールの通信記録も取得
  • 毎日各従業員に、個々のパフォーマンスや満足度を記録してもらう
slide16
組み合わせたSN結果
  • 社交的な人ほど非効率で不満足に感じる
    • 総コミュニケーションは、仕事とインタラクションの満足度と強い負の相関があった (r = -0.48, -0.53, p < 0.05)
    • ビトウィンネスはインタラクションの満足と負の相関があった (r = -0.49, p < 0.05)
      • 総コミュニケーションと相関がなかった

コミュニケーション

満足度

slide17
シカゴ実験
  • シカゴのデータサーバーコンフィグレーション会社に一ヶ月の間配布した
    • 30人参加者
    • 顧客のためにシステムの仕様を作る
  • 生産性情報は会社のデータベースから取得
    • 取引完了時間
    • 取引難易度
    • 失敗…
slide18
実験結果
  • 簡単な取引のみ分析した
  • エキスパートと会えば会うほど完了時間が長い (p<0.0001, r=0.60)
  • アクティビティレベルが高ければ高いほど完了時間が長い(p<0.0001, r=0.50)
  • この二つの特長を組み合わせると生産性の66%が予想できる

完了時間

完了時間

動き標準偏差

エキスパートの数

slide19

Sensible Organizations: 重要な質問

ソーシャルシグナルをどのように認識するか?

ソーシャルシグナルからどのような行動が把握できるか?

ユーザにどのように効果的な行動を促すか?

slide20
日本実験
  • 国際大学生リーダシップワークショップ
    • 6-8 人のグループに45大学生が参加
    • クリエイティブな工科プロジェクトで10日間協力していた
    • プロジェクトが専門家に評価された
  • 毎晩フィードバックを実施
    • グループ会議と一日全体のフィードバック
    • 個人、グループ、グループ間比較的な情報
    • 毎日フィードバックについて深いグループ議論があった
slide21
日本実験
  • 客観的なフィードバック
    • 個人の会話時間
    • 動きレベル
    • 参加者のつながり(ソーシャルネットワークダイアグラム)
slide22
日本実験

B

C

A

D

E

F

  • 説得的なフィードバック
    • グループダイナミクスダイアグラム
      • 参加バランス
      • 話し方
      • 存在していたクリーク(派閥)
    • グループインタラクティビティレベル
    • グループ比較
slide24
グループ演習実験
  • リアルタイムフィードバック
    • 行動を変える
    • アンビエント
    • 携帯電話システム
slide25

Meeting Mediator

丸の位置:会話のバランス、丸の色:インタラクティビティレベル

boa call center
実験: BoA Call Center
  • 一ヶ月間でBank of Americaのコールセンターで実施
    • 80+ 社員 (4 チーム)
    • メールと生産性情報
  • ソーシャルネットワークの結束が高ければ高いほど生産性が高かった(r = 0.61)
    • コールセンターの普通な経営手法と逆!
    • 次の実験に社員の休憩システムを変える
slide29
最近の研究
  • リアルタイムで全部バジのデータを送る
  • ウェブでの情報可視化
  • Facebookとの一体化
  • リアルタイム経営
  • 新しいバジ開発
slide30
まとめ
  • ソーシャルシグナルが自動的に検出できる
  • センサー情報によって把握できるのは:
    • 気分
    • 人間関係
    • 生産性
    • 仕事の満足度
  • フィードバックによって個人の効果的な行動の理解を拡大できる
slide31

連絡情報

コラボレーションを楽しみにしています

Prof. Sandy Pentland

[email protected]

Benjamin Waber

[email protected]

slide32
携帯電話の研究
  • MITの大学生90人携帯電話を提供した
  • Bluetooth, WLAN, 加速度計,SMSなど取得した
  • 友達予想
  • ヴぃるす
slide33
組み合わせたソーシャルネットワーク
  • 対面インタラクションと電子メールのソーシャルネットワークを組み合わせた
  • 電子メールと対面インタラクションの量の関係が知られていない
    • 最大値を1に正規化
  • 組み合わせたSNはそれぞれのネットワークととても違う特徴を示した
slide34
シカゴ実験
  • ドイツ実証実験の結果に拡張
  • 客観的、詳細な生産性情報
  • 無線機能を実装した
    • 位置検出と人の近接検出
slide35
行動を変える
  • 効果的な行動を促す
    • 客観的なフィードバック
    • 説得的なフィードバック
  • ソーシャルシグナルは会議に重要
    • 誰が話すべきか
    • ポジティブとネガティブ反応の把握
    • 特に地理的に離れた職場
  • 実証実験
slide39

Sensible Organizations

enable organizations

to sense, learn and respond

learning humans
Learning Humans
  • San Francisco Taxis
    • Taxi movement and Department store sales
  • Costa Rican Coffee Farmers
    • How do people accept new technology?
    • Who is influential?
slide43
最初の結果
  • 簡単な取引は、人と会えば会うほど完了時間が短い (p=0.041, r=-0.571)
  • 複雑な取引では関係は逆 (p=0.031, r=0.556)
  • 感情的な人のほうが複雑な取引を早く完了する傾向だった (p=0.006, r=-0.675)

完了時間

完了時間

簡単な取引

スピーチの変化量

複雑な取引

会った人の数

ad