核磁気共鳴法とその固体物理学への応用
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 63

核磁気共鳴法とその固体物理学への応用 PowerPoint PPT Presentation


  • 150 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

核磁気共鳴法とその固体物理学への応用. 東大物性研: 瀧川 仁. [ Ⅰ ] 核磁気共鳴の基礎と超微細相互作用 [ Ⅱ ]  NMR スペクトルを通してスピン・軌道・電荷・格子の局所構造を探る (静的性質) [ Ⅲ ] 核磁気緩和現象を通して電子(格子)のダイナミクスを見る (動的性質). [ Ⅱ ]  NMR スペクトルを通してスピン・軌道・電荷・格子の     局所構造を探る (静的性質). 1.常磁性状態における NMR スペクトル 結晶の対称性と NMR スペクトル 例: S r Cu 2 (BO 3 ) 2 におけるホウ素サイトの NMR と圧力下相転移

Download Presentation

核磁気共鳴法とその固体物理学への応用

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4739496

核磁気共鳴法とその固体物理学への応用

東大物性研: 瀧川 仁

[Ⅰ] 核磁気共鳴の基礎と超微細相互作用

[Ⅱ] NMRスペクトルを通してスピン・軌道・電荷・格子の局所構造を探る (静的性質)

[Ⅲ] 核磁気緩和現象を通して電子(格子)のダイナミクスを見る (動的性質)


4739496

[Ⅱ] NMRスペクトルを通してスピン・軌道・電荷・格子の

    局所構造を探る (静的性質)

1.常磁性状態におけるNMRスペクトル

結晶の対称性とNMRスペクトル

例:SrCu2(BO3)2におけるホウ素サイトのNMRと圧力下相転移

不純物によって誘起される現象

2.磁気秩序状態におけるNMR

色々な秩序状態におけるNMRスペクトル

磁気構造についてNMRから何が言えるか (例:BaFe2As2)

強磁場下で出現する秩序相 (例:SrCu2(BO3)2における逐次磁化プラトー)

3.f電子系の多極子秩序とNMRスペクトル

NMRでどうして多極子が見えるか?

例:CeB6、PrFe4P12における多極子秩序


4739496

1.常磁性状態におけるNMRスペクトル

NMRスペクトル:

    局所対称性(点群、point group)を反映。

    原子核の位置から周りを眺める、という視点。

結晶中の点群対称性(サイトシンメトリー)を反映。

空間群(space group)の知識を活用。

International Tables for Crystallography Volume A: Space-group symmetry

230の空間群の表

解説

Space Groups for Solid State Scientists

Gerald Burns and A. M. Glazer

Academic Press 1990


4739496

P

Fe

Pr


4739496

結晶の対称操作

[1] 回転 (n=2, 3, 4, 6), 回反(回転+反転)、鏡映

[2] 併進 t=[I, j, k] or [½, ½, 0] or [½, ½, ½]

[3]screw (回転+m/n併進)

[4]glide (鏡映+1/2併進)


4739496

サイト・シンメトリーとシフト・電場勾配の対称性

[1] 観測しているサイトを通るn回軸 (n≥2)があれば、これは主軸の1つ。

   特に n≥3 であればシフト、電場勾配は軸対称。

   (軸に垂直な面内の2つの主値は等しい。)

[2] 観測しているサイトが鏡映面上にあれば、この面に垂直な方向は

   主軸の1つ。


4739496

等価なサイトにおける共鳴線の分裂と一致

(b)

(a)

(c)

O

B

B

O

Cu

A

A

磁場下では一般に非等価。

上図のAサイトと下図の

Bサイトが等価

磁場が[110]に平行。

結晶学的に等価

4+, 4-で移り変わる

4+, 4-の対称操作で磁場の方向が変わらない。

B

AサイトとBサイトは等価

A


4739496

単位胞中に複数の結晶学的に等価なサイトがある場合。

その中の任意の2サイトA、Bに対し、AサイトをBサイトに移す対称操作{R|t }が存在する。

磁場の方向がRによって不変であれば、AサイトとBサイトの共鳴線は一致する。(不変でなければ共鳴線は一般に分裂する。)

共鳴線が一致する場合: 

磁場が1.Rがnのとき、n回軸(らせんを含む)に平行

2.Rが2のとき、2回軸に垂直

3.Rが鏡映のとき、鏡映(グライド)面に平行、または垂直

相転移における共鳴線の分裂

秩序の発生(対称性の破れ)

NMRスペクトルの角度依存性から秩序パラメータを同定する。


4739496

例題1:

PrFe4P12における31P-NMR

Pサイトの対称性

磁場をxy(001)面内で回転

1,2

2つのP1サイトは反転によって移る。

P1とP2は(001)面の鏡映、又は2回軸[010]周りの回転で移る。

5,6

3,4


4739496

例題2:Cs2CuCl4 (Pnma)における133Cs NMR スペクトル

2つのCsサイト:b軸に垂直な鏡映面上にある。

4種類の対称操作

4つの等価なサイト

反転(常に等価)

C方向の1/2らせん、

又は、a-glide

で不変な方向

磁場がc方向、又はab面内にあるとき

等価なサイトは分裂しない。それ以外の場合は

2本に分裂する。


4739496

擬2次元直交ダイマースピン系SrCu2(BO3)2

H. Kageyama et al. PRL 82 (1999) 3168.

J’

Shastry-Sutherlandモデル

J

J’/J< 0.7では、ダイマー・シングレットの直積が厳密な基底状態

相図

J=84 K, J’=54 K

J/J’=0.64

plaquette

dimer

Neel


4739496

SrCu2(BO3)2における磁化プラトー

トリプレットの反発力による局在化 --- ボゾンのモット絶縁体


4739496

SrCu2(BO3)2におけるホウ素サイトのNMR

Cu, B

ホウ素サイトはミラー面上にある。

磁場を(110)面で回転すると、3,4サイトは等価。


4739496

圧力下の相転移:2.4GPaにおける11B-NMR

T. Waki et al., J. Phys. Soc. Jpn. 76 (2007) 073710.

2段階の共鳴線分裂

H // c

7T

ギャップレス

シングレット

  • 30K以下で共鳴線が徐々に分裂。 (B1, B2) サイトと (B3, B4)サイトが非等価になる。

  • 4K以下で更に2本のシャープなラインと2本のブロードなラインに分裂する。

  • シャープなラインは非磁性シングレットの振る舞いを、ブロードなラインはギャップレスな磁気的振る舞い(低温の極限で有限のシフト、緩和率)を示す。

  • 3.6Kにおいて明瞭な相転移を示す異常。


4739496

圧力下の相転移:2.4GPaにおける11B-NMR

T. Waki et al., J. Phys. Soc. Jpn. 76 (2007) 073710.

3.6Kにおいて磁気的な相転移。

  • (B1, B2) サイト、 (B3, B4)サイトともにシャープなラインとブロードなラインに分裂 ---相転移。

  • バルクな磁化率も明瞭な折れ曲がりを示す。

H // [110]


4739496

10K(中間温度相)におけるシフト、四重極分裂の角度依存性

T. Waki et al., J. Phys. Soc. Jpn. 76 (2007) 073710.

[110]

[1-10]

中間温度領域:

(110)面内の磁場下での(B1, B2)サイトのシフトと (110)面内の磁場下での (B3, B4)サイトのシフトが異なる。

4回対称性の欠如。鏡映対称性は残る。

-

1GPa、10Kにおいて (8, -6, 2) X線反射の分裂が観測された。 Orthorhombic or monoclinic distortion

-

100K付近で構造相転移 I42m Fmm2

Yamaura unpublished.


4739496

低温相におけるシフトの角度依存性

低温相:

B1 – B4 サイト全てにおいて、共鳴線がシャープなラインとブロードなラインに分裂

2倍の単位胞が実現

磁気的ダイマーと非磁性ダイマーが超構造を形成。


4739496

低磁場での振舞い: 2つの異なるギャップ

a

低磁場ではブロードなラインも低温で非磁性基底状態に落ち込む。

b

秩序パラメータは何か?

ダイマー内スピン相関の反強的秩序 新しいタイプの valence-bond-solid (VBS) 秩序?

H=1.4 T

// c


4739496

不純物によって誘起される現象

相関が強いにも拘らず無秩序状態にあるスピン系では、局所的な乱れがスピン相関を長距離にわたって乱す可能性がある。非磁性不純物に対するスピン系の応答は、乱れがない時の基底状態の性格を反映する。

例 1. S=1 ハルデイン鎖の端に現れる不純物スピン

89Y NMR in YBa2Ni1-xMgxO

Tedoldi, Santachiara, Horvatic, PRL83 (1999) 412.

各Y原子核は主として隣り合う鎖上の2つのスピンと結合する。


4739496

YBa2Ni1-xMgxO におけるサテライト共鳴線

Shift of the 1st satellite line.

89Y NMR spectra for x=0.05

Free spin 1/2


4739496

周波数シフトのサイト依存性

周波数シフト(磁化)の指数関数的な減少から、スピン相関距離が求まる。

バルクな系に対する相関距離の計算結果と良く一致する。

bulk correlation length

x


4739496

例2:S=1/2 ハイゼンベルグ鎖の端に生じる磁場誘起交替磁化

Eggert and Affleck, PRL75 (1995) 934.

一様な磁場が端付近に交替(反強磁性的)磁化を誘起する。

H

Monte Carlo T=J/15

x~1/T


4739496

Sr2CuO3における63Cu NMR スペクトル

Takigawa et al., PRB55 (1997) 14129.

450サイトの

シミュレーション

Hyperfine form factor


4739496

DH is proportional to and anisotropic.

Average chain length ~ 1800.

Origin of the defects ?


4739496

例3: ドープされたスピン・パイエルス系CuGe1-xSixO3

スピン・パイエルス転移

不純物をドープしたCuGeO3における2量体化と反強磁性の共存。


4739496

誘起された磁気モーメントはどこにあるか ?

Si

63,65Cu NQR

Kikuchi et al., PRL88 (2002) 037603.

サテライトS1 (S2) は最近接と次近接Geのうち、1個 (2個)がSiで置き換えれたCuサイトに対応する。

メインラインは線幅の大きな変化なく、急激に wipeout (信号強度の減少)される。これは磁気的原因(T2の減少)による。


4739496

Frequency shift

Relaxation rate

S1サイトは磁気的に不活性。S1サイトの近くではスピン・パイエルス転移温度以上でシングレットペアは形成されている。磁気モーメントはSiから離れたところにある。

スピン・格子結合を入れた有限鎖に対する計算結果とも一致。 Ohnishi and Miyashita, J.Phys.Soc.Jpn. (2000).


4739496

2.磁気秩序状態におけるNMRスペクトル

があれば、外部磁場なしでも

磁気秩序

共鳴が観測可能。 --- ゼロ磁場NMR

共鳴条件:

更に外部磁場が加わると、


4739496

非整合(incommensurate)な磁気秩序

Spin density wave

Helical order

非整合構造:qが一様に連続分布

局所磁場分布

擬3角格子

Cs2CuBr4


4739496

粉末試料の場合(powder pattern)

Incommensurate SDW

整合反強磁性


4739496

磁気秩序状態におけるNMRスペクトルの解析

A

K

鉄ヒ素系超伝導体の母物質

AFe2As2 (A=Ba, Sr, Ca)

Co

Fe

超伝導

加圧(Sr)

BaFe2As2

Ba

構造変化:I4/mmm Fmmm

遍歴反強磁性秩序

140Kで1次相転移

Fe

As

2副格子反強磁性、Hhf // c

Kitagawa et al., JPSJ 77, 114709 (2008)


4739496

超微細結合テンソルの対称性

a面での鏡映操作から

低温構造:Fmmm

m

一般にBは対称テンソル

m

同様に

一様磁化

a, b, c軸がシフトの主軸。


4739496

可能な反強磁性構造の同定

Q=(100) or (101) ストライプ構造

case I)

超微細磁場がc方向を向くためには、反強磁性モーメントはa方向に限られる。

case II)

Q=(110) or (111)

超微細磁場がc方向を向くことはできない。


4739496

可能な反強磁性構造の同定

case III)

1つの層に関しては一様磁化と同じ。

Q=(001)

case I

case III


4739496

BaFe2As2における構造・磁気相転移の様相

  • ヒステリシスを伴った1次転移

  • 低温斜方晶で電場勾配の大きな非対称性。構造相転移に伴い電場勾配の最大主軸はc軸からab面内に90度変わる !

ヒ素サイトの電子状態の大きな変化


4739496

高圧下のSrFe2As2における超伝導と反強磁性の共存

Kitagawa et al. arXiv:0906.4740

5.4GPaで超伝導転移 --- 低温で有限な状態密度

ギャップレス


4739496

高圧下のSrFe2As2における超伝導と反強磁性の共存

Kitagawa et al. arXiv:0906.4740

18K以下で2副格子反強磁性相と超伝導相が共存。

18K以上はインコメンシュレート?


4739496

高圧下のSrFe2As2における超伝導と反強磁性の共存

Kitagawa et al. arXiv:0906.4740


4739496

実験装置の工夫


4739496

SrCu2(BO3)2における強磁場下逐次磁化プラトー

1/3

1/4

(2/g)M (mB/Cu)

1/8

Magneic field (T)


20 mw grenoble high magnetic field laboratory

1/8プラトー相におけるCu-NMRスペクトル

20 MW 電磁石 Grenoble High Magnetic Field Laboratory

Ac=-23.8 T/mB, gc=2.28, nQ=22MHz.

もしトリプレットが1個のダイマーに局在していれば、NMRスペクトルは6本の共鳴線の組2セットからなると予想される。

~200 MHz

frequency


4739496

1/8プラトー相におけるCu-NMRスペクトル

Kodama et al., Science 298 (2002) 395.

Fit: 11 sites

Site <Hn> (T) Intensity

1 -16.231/8

2 -11.011/8

3 -4.051/8

4 -3.511/8

5 -3.041/16

6 0.601/16

7 1.971/8

8 2.611/16

9 2.951/16

10 3.30 1/16

11 4.611/16

<sz>=0.3

<sz><0

<sz>=0.2


4739496

1/8 プラトーにおけるスピン超構造

Kodama et al., Science 298 (2002) 395.

Exact diagonalization of the Shastry-Sutherland model

A= -23.8 T/mB

Theory + on-sitehyperfine coupling

Miyahara, Becca and Mila,PRB 68 (2003)24401

Experiment

A+ 4B+ C =-23.8 T/mB

B= -1.04 T/mB

C= -2.45 T/mB

Theory + on-site, NN and NNNcoupling

<Sz1>=0.386

<Sz4>=-0.215

<Sz6>=0.312

<Sz2>=0.01

<Sz3>=-0.0063

<Sz5>=0.0073

<Sz7>=-0.035

<Sz8>=0.04

Spin density of one “triplet” is distributed over three dimers.


4739496

最近の進展:新しいプラトーと逐次相転移(磁化・トルク測定)

torque at NHMFL (30 mK, field shifted by -0.8T)

S. Sebastian et al., arXiv: 0707/2075.

pulsed field at 1.5 K (+ adiabatic cooling),

15

15

20

20

25

25

30

30

K. Onizuka et al., JPSJ 69 (2000) 1016.

0.20

1/4

torque and magnetization at GHMFL (60 mK)

1/6

F. Lévy et al., EPL 81 (2008) 67004 and unpublished.

0.15

?1/6

/Cu)

2/15

Cu NMR shift (50 mK)

B

1/8

m

?

+e

)M (

0.10

1/8

c

(2/g

理論的に予測された新しいプラトー:

1/9, 2/15, 1/6, 2/9.

0.05

0.00

Dorier, Schmidt, Mila,

Phys. Rev. Lett. 101 (2008) 250402.

15

20

25

30

35

Field (T)


4739496

1/6 ?

"1/4"

1/8+e

"1/8"

2つの新しいプラトー相:2/15, 1/6

June 2008 @ GHMFL

T = 0.43 K

プラトー:

シャープな共鳴線(コメンシュレート構造)

中間相:

連続的なバックグラウンドの上にブロードなピーク。 (ドメイン又は非整合構造?)

2/15 ?


4739496

11B-NMRスペクトルから決定されたスピン超構造

F. Mila and M. Takigawa

1/8

1/6

1/4

1/3

2/15


4739496

f 電子系の多極子秩序とNMRスペクトル

電子系の自由度:電荷密度、スピン密度、電流密度

f 電子系:強いスピン・軌道相互作用 J=L+S

結晶場分裂 --- 高対称な結晶場では大きな縮退度。

f 電子系の状態を表す自由度(秩序パラメーター):

    電荷、磁気双極子モーメント、電気四重極モーメント、磁気8極子、

    電気16極子、・・・

酒井、菊地、椎名、瀧川、日本物理学会誌 63、427 (2008).


4739496

NMRでどうして多極子が見えるか?

超微細相互作用

PrFe4P12

磁気8極子の例

全空間で積分した磁化はゼロであるが、局所的には有限のスピン密度が存在する。

網の目のように張り巡らしたリガンド核によって多極子の磁化分布を検出する!


4739496

CeB6における四極子秩序と磁場誘起8極子

Bサイト

磁場を(110)面で回転すれば、B1, B2サイトは等価、B3サイトとは非等価。

B

I相:常磁性状態。

II相:各サイトの共鳴線が2本に分裂。反強磁性?

   磁場ゼロで分裂幅もゼロ。  磁場誘起反強磁性

Ce

分裂幅の角度変化

分裂幅の磁場変化

D3

D1,2

H // z

H⊥c

Takigawa et al., JPSJ 52, 728 (1983).


4739496

CeB6のII相に関するNMRと中性子の矛盾

H // c に対し,B3, B3ペアの共鳴線が分裂するためには、Q(0,0,1/2)の秩序が必要。

しかし、中性子回折の実験ではこのような波数は観測されなかった。

中性子回折の結果:

1.H // [111], H // [110]の場合、Q=(½, ½, ½)の反強磁性モーメントが

  誘起される。

2.H // [001] の場合、反強磁性モーメントは誘起されない。


4739496

CeB6のNMRスペクトルの新解釈

Sakai et al., JPSJ 66, 3005 (1997).

核スピンと多極子の相互作用の不変式

磁気的多極子: dipoles

octupoles

B3核とCe1サイトの結合を考える。

B3-Ce1ボンド軸は(1-10)鏡映面上にある。従って

相互作用は(1-10)鏡映に関して不変な項に限られる。

x

y

奇パリティ:

偶パリティ:


4739496

対称操作に関して不変な相互作用

H // z で共鳴線が分裂   Izに結合する多極子が内部磁場の原因。

不変式:

同様な表式を他のCeサイト2, 3, 4について足し合わせる。

4回操作でJzは不変、しかしTxyz=JxJyJzは符号を変える!

Q=(1/2,1/2,1/2)の波数を持つTxyzの反強秩序はz方向の内部磁場を作る。


4739496

反強四極子秩序と磁場によって誘起された8極子

ゼロ磁場でOxy型の電気四極子秩序。

磁場で誘起されるスピン密度は元の電荷密度分布を反映する。

分裂幅の角度変化

D3

電荷小

電荷大

D1,2

H // z

H⊥c


4739496

ゼロ磁場での四極子秩序変数とコンパチブルな磁場誘起モーメント

Shiina, Shiba, Thalmeier, JPSJ 66, 1741 (1997).


4739496

PrFe4P12における全対称多極子秩序

  • 6.5K(ゼロ磁場)で相転移。

  • 低温相ではQ=(100)の超周期構造。   t[½,½,½]併進が欠如。

磁化

電気抵抗率


4739496

例題1:

PrFe4P12における31P-NMR

Pサイトの対称性

磁場をxy(001)面内で回転

1,2

2つのP1サイトは反転によって移る。

P1とP2は(001)面の鏡映、又は2回軸[010]周りの回転で移る。

5,6

3,4


4739496

低温相における31P-NMRスペクトルの分裂

Kikuchi et al., JPSJ

76, (2007) 043705.

  • どの方向に対しても、共鳴線が2倍に分裂する。

体心立方から単純立方への変化   単位胞の大きさが2倍

2種類にPrサイト(P12の籠)が非等価になる。


4739496

分裂幅の磁場・方向依存性

Kikuchi et al., JPSJ

76, (2007) 043705.

磁場ゼロで分裂幅も消失。

超微細磁場の起源は磁場で誘起された磁気的多極子。

分裂はどの方向でもゼロにならない。

分裂幅はTA以上のシフトと同じ対称性。

サイト対称性は低下していない。


4739496

磁場誘起多極子、ゼロ磁場秩序変数と共鳴線の数の関係

Q=(100)の反強秩序を仮定。

P1,P2サイトの超微細磁場の交替成分の不変式

+:P1

-:P2

例えば、ゼロ磁場でOyzの反強4極子秩序がある場合、

[001]方向の磁場下ではP1とP2サイトの共鳴線はJy, Ty

によって分裂する。

四極子秩序では実験を説明できない。


4739496

全対称な秩序変数

Kikuchi et al., JPSJ

76, (2007) 043705.

四重極では説明できない理由

(H // [111]の場合)


4739496

一般化されたパイエルス転移

  • Q=(100)方向のフェルミ面のネスティング

  • G1型多極子のQ=(100)のオーダーが、伝導電子に対するポテンシャル変調を作り出す。

パイエルス転移:格子変形 

PrFe4P12: f電子の電荷分布の変形

ポテンシャル変調


4739496

in Th

何故全対称か?

Harima, private commun.

伝導帯を作る分子軌道:xyz対称性

V4: 24=16th; hexadecapole

V6: 26=64th; hexacontatetrapole


  • Login