17 2005 8 31 2005 9 26
Download
Skip this Video
Download Presentation
海外学術ポータル事情

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 17

海外学術ポータル事情 - PowerPoint PPT Presentation


  • 49 Views
  • Uploaded on

平成17年度学術ポータル担当者研修 2005年8月31日(水) 名古屋大学 2005年9月26日(月) 国立情報学研究所 常磐大学人間科学部 栗山 正光. 海外学術ポータル事情. ARL Scholars Portal Project (1). 北米研究図書館協会(ARL)による学術ポータル開発プロジェクト 2002〜2004年までの3年間 2000〜2001年 ワーキンググループによる準備 7大学図書館が参加 南カリフォルニア大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、アイオワ州立大学、アリゾナ州立大学、アリゾナ大学、ユタ大学、ダートマス・カレッジ

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 海外学術ポータル事情' - shayna


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
17 2005 8 31 2005 9 26
平成17年度学術ポータル担当者研修

2005年8月31日(水) 名古屋大学

2005年9月26日(月) 国立情報学研究所

常磐大学人間科学部

栗山 正光

海外学術ポータル事情
arl scholars portal project 1
ARL Scholars Portal Project (1)
  • 北米研究図書館協会(ARL)による学術ポータル開発プロジェクト
  • 2002〜2004年までの3年間
    • 2000〜2001年 ワーキンググループによる準備
  • 7大学図書館が参加
    • 南カリフォルニア大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、アイオワ州立大学、アリゾナ州立大学、アリゾナ大学、ユタ大学、ダートマス・カレッジ
  • ソフトウェアとして、Fretwell-Downing社のZPORTALを採用
arl scholars portal project 2
ARL Scholars Portal Project (2)
  • ZPORTALの機能
    • Z39.50準拠の検索システム
      • Z39.50: コンピュータによる情報検索の手順・機能を定めたプロトコルで、国際標準規格
    • Z2WEBというソフトと組み合わせて、他のWWWサーチエンジンを介した検索も可能
    • VDXというソフトと組み合わせてILL管理が可能
    • Z\'MBOLというソフトと組み合わせてメタデータ・サーバ構築も可能
slide4

ARL Scholars Portal Project (3)

  • 7大学の状況を見ると、成果はまだ不明確
  • 正式運用は2大学(?)
    • アイオワ州立大学─Find it!
    • アリゾナ大学─ZPORTAL Search
      • OPACのみ(?)
  • 試験運用が2大学
    • 南カリフォルニア大学─Scholars Portal(Beta)
    • ユタ大学─Scholars Portal(Beta)
slide5

ARL Scholars Portal Project (4)

  • ダートマス・カレッジのDartmouth Library Government Information Portalはこのプロジェクトの成果かどうか不明
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校は非公開?
      • cf.Scholars Portal Project Report, May 2004
  • アリゾナ州立大学は2003年秋セメスターから公開していたが、2005年6月末でプロジェクト終了。図書館Webサイトから消滅
      • cf.http://www.asu.edu/lib/admin/news/soundoff070505.html
infomine 1
INFOMINE(1)
  • インターネット上の学術情報資源へのリンクを提供するバーチャル・ライブラリとして1994年設立
  • 現在、データ数115,000件以上
  • カリフォルニア大学リバーサイド校を中心に、ウェイク・フォレスト大学、カリフォルニア州立大学、デトロイト大学等が参加
  • iViaというオープン・ソースのソフトウェアを開発
  • 機能拡張したソフトData Fountainsを開発中
infomine 2
INFOMINE(2)
  • 図書館員によるマニュアル登録とクローラーによる自動登録を併用
    • 検索すると最初にマニュアル登録分がヒット、自動登録分を付け加えるボタンが表示される
    • クローラーを利用した半自動の情報資源発見も
  • メタデータの自動付与、半自動付与
    • OAI-PMH, MARC, LexisNexisデータのインポート
    • LCSHとLCCの自動付与

cf. Mitchell, S., Mason, J. and Pender, L. “Enabling technologies and service designs for collaborative internet collection building” Library Hi Tech. 22(3), 2004, pp. 295-306.

americansouth
AmericanSouth
  • アメリカ南部の歴史・文化に関するポータル
  • エモリー大学図書館のMetaScholar Initiativeのプロジェクトの一つ
  • 米国南部の多くの研究図書館が参加
  • 30のアーカイブから5万件のメタデータ収集
  • ブリティッシュ・コロンビア大学のPublic Knowledge ProjectのOAI-PMH準拠ハーベスタ・ソフトを利用
  • メロン財団から補助金
metalib 1
市販図書館ポータルソフトMetaLib (1)
  • イスラエルのEx Libris社が開発・販売
  • 多様なプロトコルの情報源を統合検索
  • エンド・ユーザーの検索環境カスタマイズ
    • 個人目録作成、検索履歴保存、アラート機能
  • OpenURL対応のリンク・サーバSFXと組み合わせて、自組織の条件に沿った原文献情報を提示
    • 電子ジャーナル、OPAC等へのリンク
  • 日本ではユサコが販売
metalib 2
市販図書館ポータルソフトMetaLib (2)
  • 世界36か国、830以上の機関が導入
    • cf. http://www.exlibrisgroup.com/news.htm
    • http://www.exlibrisgroup.com/customersites.htmで導入機関を見ることができる(日本は4機関)
  • 例)カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の Oviatt Library MetaSearch
    • 2004年の導入以来、学生や図書館員への影響を調査
    • LITA National Forum 2005(9/29-10/2), San Jose, Caで報告
science gov
米国政府の科学ポータル Science.gov
  • 米国政府機関が提供する科学情報への入口
    • AGRICOLA、PubMed、ERICなど30のデータベースを統合検索
    • 1,700以上のサイトから4700万ページ以上の情報
  • 2002年12月公開、2004年5月バージョン2.0
  • 米国政府の公式WebポータルFirstGovの一部
  • “Deep Web"検索技術を開発
  • cf. 前田知子. "Science.gov" 米国連邦政府関係機関による科学技術ポータル. 情報管理. 47(8), 2004, pp. 541-546.
deep web
Deep Web検索技術
  • Deep Web Technologies社
    • Abe Ledermanにより2002年創立
    • 米エネルギー省科学技術情報局(DOE/OSTI)と密接な関係
    • 2004年Science.gov 2.0で12の政府機関が運営する30のデータベースの統合検索、ランク付け表示を実現
    • ソフトウェアExplorit
    • 科学ポータルScienceResearch.com、ビジネス・ポータルBusinessResearchを提供
jisc portals programme 1
JISC の Portals Programme (1)
  • ねらい: JISC情報環境の中でのポータルの性質と役割を明確化
    • 異なった領域(主題、フォーマット・ベース、コミュニティ・ベース)のデモ・ポータル作成
    • 高等教育、継続教育における利用法、学術機関への最善のサービス法を探る
    • Portals FAQで関連概念を整理
  • 2002年4月から2006年7月まで
jisc portals programme 2
JISC の Portals Programme (2)
  • 10のプロジェクトに資金提供
    • 学習・教育ポータルの結合、情報資源評価環境、地理データ・ポータル、機関・図書館ポータル事例研究、図書館ポータル調査とレビュー、画像ポータル、ポータルのビジネス面技術面での維持可能性、主題ポータル、動画・音声ポータルでの利用者要求調査、横断検索技術開発
  • 3プロジェクトは他のプログラムが資金提供
    • 教育ポータル、FAIR Enough、PORTAL
slide15
JISCのプロジェクト例:機関・図書館ポータル事例研究JISCのプロジェクト例:機関・図書館ポータル事例研究
  • グラスゴー・カレドニアン大学My.Caledonian(Oracle iPortal)
  • ダラム大学DUO(Blackboard Community Portal)
  • エジンバラ大学Edinburgh Student Portal(uPortal)
  • ハル大学Campus portal(uPortal)
  • ラフバラ大学図書館(MetaLib+SFX)
  • ノッチンガム大学Student Portal(uPortal、eLibrary GatewayはMetaLib)
vascoda
ドイツの学術ポータル vascoda
  • 2003年8月設立、2005〜2007年第二段階
  • 連邦教育研究省(BMBF)とドイツ研究財団(DFG) がスポンサー
  • 30以上の機関が提供するサービスを統合
  • 技術情報図書館(ハノーバー)が調整、組織拡充、戦略展開、マーケティング、PRを担当
  • ミュンスター大学・州立図書館とドイツ国立医学図書館(ケルン)が評価、利用調査、品質管理を担当
  • cf. Rosemann, Uwe ; 熊谷玲美訳. vascoda—学術ポータル. 情報管理 47(2). 2004. pp. 102-107.
slide17
まとめ
  • ARLのScholars Portal Projectでは7大学図書館がZPORTALによるポータル構築実験
  • INFOMINE、AmericanSouth等の共同プロジェクト
  • Metalib+SFXは世界中の多くの大学図書館が採用
  • 米国政府の科学ポータルScience.govではDeep Web技術を活用したデータベース横断検索
  • 英JISCではPortals Programmeでさまざまなポータル関連プロジェクトに資金提供
  • ドイツでも政府補助金による学術ポータルvascoda
ad