Iii v
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 18

プロジェクト演習 III,V <インタラクティブ・ゲーム制作> プログラミングコース PowerPoint PPT Presentation


  • 53 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

プロジェクト演習 III,V <インタラクティブ・ゲーム制作> プログラミングコース. 第 5 回 ファイル 読み込みとクラスの応用 ~マップデータを作ろう~. 今日の内容. 具体的な目的を掲げて、それを達成するために必要な材料の使い方、組み合わせ方を学ぶ ファイルからマップデータを読み込んで、それに従ってプログラムで地形を生成! ファイル 入出力 vector 配列 n ew と delete の実践. ファイル 入出力の重要性. もうパラメータとかをプログラム中で ゴリゴリ代入するのはまっぴらだ! 「ハードコーディング」と言われて、 現場では忌み嫌われる 行為

Download Presentation

プロジェクト演習 III,V <インタラクティブ・ゲーム制作> プログラミングコース

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Iii v

プロジェクト演習III,V<インタラクティブ・ゲーム制作>プログラミングコース

第5回

ファイル読み込みとクラスの応用

~マップデータを作ろう~


Iii v

今日の内容

  • 具体的な目的を掲げて、それを達成するために必要な材料の使い方、組み合わせ方を学ぶ

  • ファイルからマップデータを読み込んで、それに従ってプログラムで地形を生成!

    • ファイル入出力

    • vector配列

    • newとdeleteの実践


Iii v

ファイル入出力の重要性

  • もうパラメータとかをプログラム中でゴリゴリ代入するのはまっぴらだ!

    • 「ハードコーディング」と言われて、現場では忌み嫌われる行為

    • ちょっとマップを手直しするのにもビルドが必要=Visual Studioが必要=マップも自分で作らなくてはいけなくなる=あばばばばばb


Iii v

読み書きのターゲットは

  • とりあえずテキストファイル

    • 特にCSVやタブ区切りテキストは扱えると超便利

  • マップデータ、キャラクタパラメータ、シナリオデータ、セーブデータなどなど

  • 「テキストファイルとか見られたら 恥ずかしいし…」とか言うのは後だ!


Iii v

とりあえず使うもの

  • C++の標準機能だけでやってみよう

    • 読み込みは「ifstream」

    • 書き込みは「ofstream」

  • インクルードは以下の通り

    • #include <iostream>

    • #include <fstream>

    • 両方必要なので気をつける

      • 必要に応じてusing namespace std;も


Iii v

書き込みは絶望的に簡単だ!

  • インスタンス生成時にファイル名指定

  • is_open()で開けているかチェック

  • <<で書き込むデータを繋げて流し込む

  • 最後はclose()

ofstreamout_file(“ファイル名”);

if(out_file.is_open() == false) エラー処理;

out_file << “書き込みたい文字” << endl;

// int値やdouble値も<<で繋いで書ける

// もちろんstring型やchar型もOK

out_file << x << “,” << y << endl;

//書き込み終わったらcloseして終了

out_file.close();


Iii v

読み込みもただ読み込むだけなら簡単だ!

  • インスタンス生成時にファイル名指定

  • is_open()で開けているかチェック

  • getlineで1行ずつ取り出し、必要に応じて処理する

  • 最後はclose()

ifstreamin_file(“ファイル名”);

stringlineStr;

vector<string>readBuffer;

if(in_file.is_open() == false) エラー処理;

// 1行ずつwhileループで読み出す

while(getline(in_file, lineStr) == true) {

// lineStrに1行分入る

// とりあえず配列にしまうならこう

readBuffer.push_back(lineStr);

}

in_file.close();


Iii v

結局何が面倒って

  • 読み込んだ後の文字列処理なんです

  • C++のstringクラスはJavaに比べると機能が正直貧弱です

  • 最低限のものは揃っているので、うまく素材を組み合わせて関数を作ろう

    • サンプルあります

  • データを取り出しやすいファイル構造を作ろう


Iii v

区切り取り出し関数実装例

vector<string> fk_StrSplit(string argStr, string argToken)

{

vector<string>retStrArray;

string::size_typecurPos = 0, nextPos = 0;

while(nextPos != string::npos) {

nextPos = argStr.find(argToken, curPos);

retStrArray.push_back(argStr.substr(curPos, nextPos-curPos));

curPos = nextPos+argToken.size();

}

return retStrArray;

}


Iii v

区切って取り出す

  • fk_StrSplit()関数

    • JavaのStringクラスのsplit()のようなもの

    • 正規表現は使えないけどカンマ区切り、タブ区切り程度なら対応可能

  • カンマ区切り、タブ区切りはExcelでの編集が容易なので、出来ておいて損はない

    • マップやシナリオのエディタをExcelで代用しているソフトハウスもあります


Iii v

整数値・実数値変換

  • Cの標準関数をなんだかんだで使う

    • atoi()がInteger.parseInt()にあたる

    • atof()がDouble.parseDouble()にあたる

  • ただしstring型の変数は直接引数に渡せないので、c_str()関数を使う

    • atoi(anyStr.c_str())のようにする

  • 実数値は誤差に厳しいものだと変換時に値がズレることがあるので注意


Iii v

ファイル形式の作り方のコツ

  • FK Performerのモーションデータなどを見てみるとよい

  • 「ファイルヘッダ」は必ず付ける

    • ファイルの先頭でファイルの種類が識別できるようにする

  • 階層構造を持つデータを扱う場合

    • [BEGIN]~[END]で囲っておくと、データを読み込むべき範囲が分かりやすくなるので処理しやすい


World

Worldクラスをファイル読み込み対応にしてみる

  • buildModel[6]というメンバ変数に注目

    • 配列だけど、6個固定になってしまっている

    • ここが状況に応じて変動したら幸せなんじゃなかろうか?

  • makeBuild()という関数に注目

    • init()内で何度もコールして建物を生成

    • この処理をファイルから読み込んだ内容に置き換えられたら幸せなんじゃなかろうか?


Iii v

データ形式を仮決めしよう

  • 次のようなテキストファイルを作ることにする

    • 最初の行に[MY MAP DATA]と表記する

    • 次の行に建物の個数を記述する

    • 3行目以降から、1行で建物1個分を表すことにする

      • X座標,Z座標,高さ,色指定(とりあえず英語で)


Iii v

データの例

[MY MAP DATA]

6

-250.0, 100.0, 5.0,Red

-150.0, 400.0, 2.0,DimYellow

50.0, 250.0, 4.0,Blue

300.0, 200.0, 3.0,Gray

250.0, -250.0, 0.5,Green

-50.0, -350.0, 6.0,Orange


Iii v

個数に応じて配列を作りなおす

  • ただの配列から、vector<fk_Model *>に変更

  • ポインタの配列なので、用意する時にnewし、片付ける時はdeleteが必要!

    • intやdoubleやfk_Vectorの場合はここまで面倒ではない

// 配列の中身の準備

for(inti = 0; i < num; ++i) {

vArray.push_back(new fk_Model());

}

// こう書いても同じ意味

vArray.resize(num);

for(inti = 0; i < num; ++i) {

vArray[i] = new fk_Model();

}


Iii v

お片付けもセットで

  • よく使うvector配列のメンバ関数

    • resize()

      • 配列のサイズ変更

    • size()

      • 今のサイズを得る

    • push_back()

      • 配列のお尻に1部屋足す

    • back()

      • 配列のお尻を参照する

    • at()

      • [i]のかわりに.at(i)とする

    • clear()

      • resize(0)とほぼ一緒

// お片付けのパターン

intlen = vArray.size();

for(inti = 0; i < len; ++i) {

delete vArray[i];

}

vArray.clear();

配列を作りかえる時には必ず↑の処理を呼んでおくべし。

でないと以前に作っていた要素がまるっとメモリリークする。


Iii v

ここまでの要素で出来るはず

  • 後はどこまで理解できていて、組み合わせられるかの問題

  • やってみよう!


  • Login