日本の経済成長率
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 48

日本の経済成長率 PowerPoint PPT Presentation


  • 72 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

日本の経済成長率. 22 年間. バブル. 1999/6 山一證券倒産. 石油ショック (73 、 79 ). 経済成長率: 高度成長期 8%台; 安定成長期(石油危機後) 3%台; バブル崩壊後 1%台 現在は 1.5 ~2%か? 最大の制約因子は少子化か?. 名目GDP. 日本の経済成長率の低さは、人口減少と高齢化の結果でもある. 日本経済研究センター、 2009. 日本の経済的地位. IMF. 日本の製造業のシェアの低下. 製造業内外で、新しい成長領域の発見が必要. 産業別のGDP構成比. 日本的なサービス産業とは?. 内閣府.

Download Presentation

日本の経済成長率

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3492097

日本の経済成長率

22年間

バブル

1999/6 山一證券倒産

石油ショック (73、79)

経済成長率: 高度成長期 8%台; 安定成長期(石油危機後) 3%台; バブル崩壊後 1%台 現在は1.5~2%か? 最大の制約因子は少子化か?


3492097

名目GDP

日本の経済成長率の低さは、人口減少と高齢化の結果でもある

日本経済研究センター、2009


3492097

日本の経済的地位

IMF


3492097

日本の製造業のシェアの低下

製造業内外で、新しい成長領域の発見が必要


3492097

産業別のGDP構成比

日本的なサービス産業とは?

内閣府


3492097

OECD諸国中の日本の順位

93年には、人口百万以上の国では一位だった。今は18位。

内閣府


3492097

途上国と先進国の成長率とGDP

実績

新興国の成長率はさらに高まると予想される現在のGDPは G7の6割

予測はIMF


3492097

潜在成長率

景気循環の影響を除いた経済成長率: 推測には幅がある

内閣府


3492097

日本の失業率

求職者と企業の間で職種、地域、年齢等のミスマッチが拡大傾向

IIPSポリシーレポート(07)


3492097

世界の失業者数

世界の失業者数も増加傾向

ILO 2012


3492097

給与月額

2000~2011年の変化: 第2次産業では321万人減第3次産業では418万人増(半数が医療・福祉分野)

厚労省


3492097

所得分布の変化

中所得世帯が減り、低所得世帯が増えた。

厚労省


3492097

実質賃金の上昇率

賃金も物価も下がっている ⇒ 実質賃金はほぼ横ばい?

厚労省


3492097

所得と消費の関係

個人消費(GDPの 57%)は収入と相関している

収入が伸びないから消費が伸びない? 買いたいものがない?

内閣府


3492097

家計の貯蓄率

内閣府

貯蓄率低下の要因: 高齢化と収入の伸び悩み


3492097

GDP/人と競争力のランク

伊藤


3492097

●先進国労働者の低賃金化(企業活動の国際化; マイクロエレクトロニクスの発達)

●従業員に求められるもの: 「考える力」、「提案する力」

●国レベルでみると、格差を小さくする→ 途上国の速い工業国化が可能 (日本は50年かかった。)

先進国の産業空洞化

海外生産では、生産比率より利益額比率の方が高い。


3492097

海外直接投資の収益率

日本企業は海外進出で利益をあげている

IMF


3492097

所得収支>貿易収支

輸出立国から投資立国へ

「世界に最もよい影響を与える国」: 日本が 33カ国中31カ国で1位「好ましくない」が過半数を超えたのは、韓国と中国だけ。BBC(英)、メリーランド大(米)調査


3492097

日本の経常収支

日本の海外資産(250兆円)は世界一であり、これで稼ぐ傾向


3492097

海外生産比率

円高対策としても、海外生産比率が増えつつある

国際協力銀行


3492097

労働生産性の国際比較

日本: 低成長、低生産性国。経済成長には生産性向上が必要。

OECD


3492097

製造業の海外生産比率

国際協力銀行

製造工場の海外移転は円高対策でもある。


3492097

海外生産の国内生産への影響

海外流出により、国内生産額が35兆円、雇用が96万人減少(08)

第一生命経済研究所


3492097

受け取り額

海外資産からの受け取り

GNPは海外投資収益を含む

海外投資による収益が増えつつある。


3492097

日本産業に求められるもの:質の転換

●個人の才能が重きをなす産業の台頭

●「知価社会の到来」 (ポスト産業資本主義)

●求められるもの:

 「考える力」、「提案する力」

●情報の性質 (例: DNAの発見)■ワトソン、クリック(英) (ノーベル賞)■ポーリング(米)(結論は同じ。発表が1月遅れた → 知る人は少ない)

技術・システムの高度化・改善でも生き延びられる。


3492097

主な産業の付加価値額

コンテンツ産業(情報サービス、映像制作など)の伸びが著しい

総務省


3492097

国内生産の課題

主要製造業調査(日経、05/10)

団塊世代の大量退職


3492097

技術輸出額

科学技術白書

日本の技術貿易収支は 2003年以後黒字。05年の輸出額は十年前の3.4倍。


3492097

日本の特許収支

2011年の特許収支は7800億円であり、過去最高。米国に次いで世界2位。


3492097

日本の対米技術貿易額

対米技術貿易収支も黒字

総務省


3492097

特許登録件数

世界知的所有機構(08)

日本の特許登録件数は世界一だが国富と結びつきにくい


3492097

研究者、技術者数の減少

2005

理科離れ

2005経済財政白書

科学・技術者数の減少で、研究開発力が低下する?


3492097

主要国の実質経済成長率


3492097

GDPの項目別支出割合

景気は輸出の増加が支えていた ⇒ 世界的不況で日本も不況へ

内閣府


G7 g20 gdp

G7とG20のGDPの割合

世界経済で、途上国の比重が増加しつつある

IMF


3492097

年齢別 月間 労働時間

若いフルタイムの男性労働者(除 管理職)の労働時間は増えている

厚労省


3492097

有効求人倍率

改善されつつあった就職事情が金融危機で急速に悪化


3492097

賃上げ率

上場企業は好業績だが、賃上げ率は低い。

厚労省


90 2001

業種別就労者の増減 (90-2001)

「プロフェッショナル」な就労者が増える。

総務省「労働力調査」


3492097

日本メーカーの生産台数とシェア

世界シェア

06年には逆転?

生産台数

千万台

国内需要は6百万台


3492097

主要企業の海外売上高比率


3492097

海外資産からの受け取り

受け取り額

GNPは海外投資収益を含む

海外投資による収益が増えつつある。


3492097

米国での自動車のシェア

米国では、米国車のシェアが低下し、日本車のシェアが向上。日本の「すり合わせ型産業」(アーキテクチャーに合せて部品を設計)での優位性の証明。


3492097

外国人登録者数と人口比

外国人が総人口の 1.57%(202万人)になった。

韓国・朝鮮: 29.8%、中国: 25.8%、ブラジル: 15%


3492097

産業構造の変化(各産業が全体に占める比率)

就業者ではサービス業が多いが、GDP では製造業が多い。

内閣府「国民所得統計」


3492097

日本の分野別競争力(偏差値)

日本の長所を生かして競争力を高めることが必要。


  • Login