slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 8

意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル - PowerPoint PPT Presentation


  • 94 Views
  • Uploaded on

意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル. 浅川伸一 東京女子大学. Warrington ら、動物、道具の二重乖離 Damasio ら大規模な調査、人名=側頭極、動物=中下側頭葉、道具=側頭後頭連合野、とおおまかに並んでいる fMRI では意味の機能局在を描くことが難しい ↑ 人ごとに異なる意味カテゴリーの地図 → 自己組織化による概念地図の可能性. 自己組織化写像 SOM. 経験を通じて徐々に概念の体制化を獲得 初期値によって結果がその都度異なる=人ごとに異なる概念地図に符合(?) アルゴリズム 任意の入力を与える

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル' - scorpio-goldberg


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル意味性錯読と音韻性錯読を説明する自己組織化ニューラルネットワークモデル

浅川伸一

東京女子大学

slide2
Warrington ら、動物、道具の二重乖離
  • Damasioら大規模な調査、人名=側頭極、動物=中下側頭葉、道具=側頭後頭連合野、とおおまかに並んでいる
  • fMRIでは意味の機能局在を描くことが難しい
  • ↑人ごとに異なる意味カテゴリーの地図→自己組織化による概念地図の可能性
slide3
自己組織化写像 SOM
  • 経験を通じて徐々に概念の体制化を獲得
  • 初期値によって結果がその都度異なる=人ごとに異なる概念地図に符合(?)
  • アルゴリズム
    • 任意の入力を与える
    • その入力に最も近い応答をするニューロンが勝者となる
    • 勝者とその近傍のニューロンが入力刺激の特徴を徐々に学習する
    • 1から3までをすべての入力について繰り返す
slide8
まとめ
  • 2つのSOMとそれらをつなぐHebb則(の変形)で意味性錯読と音韻性錯読を説明するニューラルネットワークモデルを提案
  • Hinton and Shallice(1991)のデータに適応し、アトラクタネットワークモデルで説明された現象を SOM によって可視化して説明できる可能性があることを示した。
  • SOM を導入することで、大まかにしか明らかにされていない意味カテゴリーの皮質地図の概念を無理なく説明。
ad