Slide1 l.jpg
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 16

Java 言語による シューティングゲーム作成 PowerPoint PPT Presentation


  • 310 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

Java 言語による シューティングゲーム作成. 05 A1030   佐々木和也 種田研究室. はじめに. ウィンドウ上で起動するゲームプログラミングにおいては、動作の速さの関係上 C++ 言語で作られているゲームをよくみる。それに対し、 Java によって作られているウィンドウゲームはあまり見たことがない。 今回は動作は C++ 言語に対して遅いがプラットフォームに依存することなく起動する Java 言語を用いてゲームを作ることにする。 . 開発環境. プログラム、開発ツール JavaSDK 6 Eclipse3.3.2 音楽 Domino131 画像

Download Presentation

Java 言語による シューティングゲーム作成

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Slide1 l.jpg

Java言語によるシューティングゲーム作成

05A1030  佐々木和也

種田研究室


Slide2 l.jpg

はじめに

  • ウィンドウ上で起動するゲームプログラミングにおいては、動作の速さの関係上C++言語で作られているゲームをよくみる。それに対し、Javaによって作られているウィンドウゲームはあまり見たことがない。

  • 今回は動作はC++言語に対して遅いがプラットフォームに依存することなく起動するJava言語を用いてゲームを作ることにする。


Slide3 l.jpg

開発環境

プログラム、開発ツール

JavaSDK6

Eclipse3.3.2

音楽

Domino131

画像

Pixia


Slide4 l.jpg

シューティングゲームについて

シューティングゲームとは主に弾丸やレーザーなどの飛び道具を用いて敵機を撃ち落すコンピュータゲームのことを指す。

 例の一つにインベーダーゲームがある。


Slide5 l.jpg

ゲーム内容

  • 敵は上から下へ降りてくる縦シューティングゲーム。

  • ステージは1~3まであり、各ステージの最後にはボスが待ち受けている。

  • 自キャラは敵を倒し得点を稼ぎステージクリアを目指す。

  • 残機がなくなるとゲームオーバーとなる。


Slide6 l.jpg

実際のゲーム画面


Slide7 l.jpg

ゲームのステージについて

ゲーム中の敵はこのようにテキストに書いて保存しておく事で、敵の出現位置や出てくる時間などを変えることができる。

  左図は敵1を0.1秒間隔で表示するようになっている。  


Slide8 l.jpg

スプライト

ゲームの画面を実現するために最低限必要なのは、複数の画像を自由に位置を移動させながら表示するという機能である。

   これを実現するために画面に奥行きを考え、画像をおくから順に並べ、それぞれの画像を自由に移動できるようにした描画システムをスプライトと呼ぶ。


Pixia l.jpg

Pixiaによる製作画面

 画像作成ツールPixiaの製作画面。

 元画像サイズをルーペという機能で拡大しドット絵として作成した。


Slide10 l.jpg

画像素材

フリーソフトPixiaにより製作。敵キャラクターのサイズは40×40ピクセルである。


Oundpalette l.jpg

BGM

BGM1

BGMはどれかひとつだけ再生。

SEはBGM再生中いくつでも再生可能。

BGM2

BGM3

SE

SE1

SE2

SE3

SoundPaletteクラス

音楽(BGM)や効果音(SE)も画像と同様管理して鳴らす仕組みが必要になる。

 さまざまな音をBGMとSEに分けて登録しておき、登録した番号で再生を指示できるようにしたのがSoundPaletteクラスである。


Slide12 l.jpg

音楽素材について

音楽素材は全てフリーソフトDominoにより製作した。

 音源は元からwindowsに備わっているもので製作可能なためコストがかからずに製作できる。

 今回の作品ではステージ用に3曲、ボス用に3曲製作した。


Slide13 l.jpg

デモ発表

以上の発表を踏まえて

作品をご覧ください。


Slide14 l.jpg

まとめ

Javaゲームプログラム参考書より基礎を学び、C++ゲームプログラムの参考書によりゲームの幅を広げることができた。Midi音楽や画像等も自作し、ゲームとして成り立たせることができた。

   作品の課題としては動作を早くするためのコンパクトなプログラムを考えること。他にもアイテムや敵弾のパターン等より面白くするための要素を追加することなどが挙げられる。


Slide15 l.jpg

参考文献

Midi音楽編集ソフトDomino

http://www.tkb-soft.hmcbest.com/domino/index.htm

Pixiaホームページ

http://www.pixia.jp/

Javaゲームプログラミング 長久 勝 著

シューティングゲームアルゴリズムマニアックス 松浦 健一郎 著


Slide16 l.jpg

御清聴ありがとうございました。


  • Login