情報工学科1組 石原 第3週目
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 15

BREWを学ぶ PowerPoint PPT Presentation


  • 83 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

情報工学科1組 石原 第3週目. BREWを学ぶ. BREW SDK(開発キット)をダウンロード. BREWの開発に必要不可欠なBREWエミュレータ等を Qualcomm BREWホーム(Qualcomm公式開発者向け情報サイト) からダウンロードする。 2007年6月現在、4.0までバージョンが出ているが、 とりあえず、Ver.3.1.2をダウンロードした。 ちなみに今までのバージョンを簡単に説明する。. バージョンについて. BREW 1.0  KDDIに初採用。但しダウンロードして実行する機能は搭載さ

Download Presentation

BREWを学ぶ

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Brew

情報工学科1組 石原 第3週目

BREWを学ぶ


Brew

BREW SDK(開発キット)をダウンロード

BREWの開発に必要不可欠なBREWエミュレータ等を

Qualcomm BREWホーム(Qualcomm公式開発者向け情報サイト)

からダウンロードする。

2007年6月現在、4.0までバージョンが出ているが、

とりあえず、Ver.3.1.2をダウンロードした。

ちなみに今までのバージョンを簡単に説明する。


Brew

バージョンについて

BREW 1.0

 KDDIに初採用。但しダウンロードして実行する機能は搭載さ

 れておらず、純粋に携帯電話内部用のアプリケーション作成に

 利用された。

BREW 2.0/2.1

 BREW Extensionのダウンロードという機能が追加された。

 ネットワークを通して必要なプログラムが自動的にダウンロード

 される機能である。例:マスコットカプセルエンジン。

 このExtensionにより3D描画が可能となる。

 その他主にマルチメディア系APIの充実が図られた。


Brew

BREW 3.0

外部メモリからサウンドや写真などのファイルにアクセス可能

になり、シリアルまたはUSBを使ってパソコンにアクセスする

機能が付加された。

BREW3.0は世界中で利用されず、Qualcommのヒストリから

は削除された。現在はSDKのダウンロードも出来なくなった。


Brew

BREW 3.1

 BREW 3.0を基本にマルチメディアコンテンツのアクセス

 機能やバリュー課金と呼ばれるコンテンツ購入機能などが

 追加された。IAPPHISTORY、IAPPLETCTL等の

 プラットフォーム向けのAPIが追加された。

BREW 4.0

 署名、著作権、証明等のライセンスシステムの変更、強化

 また、旧バージョンで作成したファイルの互換性がある。


Brew 3 1 2

BREW 3.1.2 の新機能

IMedia リアルタイム PCM ストリームのサポート

SMS の拡張機能

ネットワーキングの拡張機能


Imedia pcm

IMedia リアルタイム PCM ストリームのサポート

BREW 3.1.2 では、以下のリアルタイム PCM ストリーム

機能をアプリケーションで使用できる。

PCM および QCP 形式のリアルタイムストリーミングと再生

未加工の QCP (13K/EVRC)や PCM データなど、未加工メディアデータ(ヘッダなし)の再生。

  未加工データのソースとして、ファイル、バッファ、

  ストリームを使用可能


Brew

SMS の拡張機能

BREW 3.1.2 では、以下の SMS 機能が追加

された。

EMS、ブロードキャストの設定

WAP プッシュ

メッセージテンプレートの格納


Brew

ネットワーキングの拡張機能

BREW 3.1.2 では、以下の BREW ネットワー

キング機能が追加された。

携帯端末着信 PDP コンテキストのサポート

EV-DO ブロードキャストエアインタフェースのサポート

W-TCP サポート


Brew

既知の問題点

BREW SDK 3.1.2 で既知の問題点のリストが

公式サイトに公開されているが、

英語でのみしか公開されておらず、現在翻訳が

出来ていないので把握していない。


Helloworld

"HelloWorld" プログラムを作る

BREW エミュレータで実行する BREW アプリケーションの実体は

.dll ファイルです。これを "BREW モジュール" という。

BREW モジュールには、必ず MIF ファイルが必要で、

HelloWorld.dll モジュールには HelloWorld.mif というファイルが

必要になる。

この二つは必ずペアで扱う。 MIF ファイルは BREW モジュール

に関するメタ情報を記述するためのもの。

画面に"Hello World"と表示する簡単なBREWアプリを作成する。


Brew

BREW アプリケーションを開発に必要な作業

各 BREW アプレットのクラス ID の作成

各 BREW アプレットの振る舞いの実装

BREW モジュールのメタ情報を記述した

  MIF ファイルの作成

BREW モジュール (DLL) の作成

“HelloWorld”アプリの作成を通して、これらの作業を習得!!


Brew

BREW モジュールの作成(プログラミング)

ソースコードをそのまま入力して、EMU用にコンパイルして

実行すると・・・

という風になる。

プログラムの詳細については、

次回に持ち越し。


Brew

今後の予定

Microsoft Visual Studio .NET 2003を使って、

BREWプログラムの作成の手順を学んでいく。

またソースコードの詳細を知っていくことにより、

今後のアプリ作成のヒントを得る。


Brew

参考資料

Wikipedia – BREW

http://ja.wikipedia.org/wiki/BREW

株式会社 ソフィア・クレイドル HP

http://www.s-cradle.com/developer/index.html#brew


  • Login