東京工業大学 建築物理研究センター 講演会
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 38

免震建物の地震観測記録について 東北大学免震実証建屋・清水建設技術研究所 PowerPoint PPT Presentation


  • 124 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

東京工業大学 建築物理研究センター 講演会. 免震建物の地震観測記録について 東北大学免震実証建屋・清水建設技術研究所. 清水建設株式会社 猿田 正明. 2011 年 9 月 2 7 日. はじめに. 震源. 東北大学. 清水建設 技術研究所. 震源域. 震源に近く大きな地震動を受けた 仙台市青葉山の東北大学免震実証建屋 と 江東区の軟弱地盤に経つ免震建物 の地震時の挙動について,観測記録を分析して報告する.. 免震建築物計画推移 (JSSI). 東北大学 免震実証試験建屋. 在来. 免震. 上部構造は同一の建物.

Download Presentation

免震建物の地震観測記録について 東北大学免震実証建屋・清水建設技術研究所

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3160769

東京工業大学 建築物理研究センター 講演会

免震建物の地震観測記録について東北大学免震実証建屋・清水建設技術研究所

清水建設株式会社

猿田 正明

2011年9月27日


3160769

はじめに

震源

東北大学

清水建設

技術研究所

震源域

震源に近く大きな地震動を受けた仙台市青葉山の東北大学免震実証建屋と江東区の軟弱地盤に経つ免震建物の地震時の挙動について,観測記録を分析して報告する.


3160769

免震建築物計画推移(JSSI)


3160769

東北大学 免震実証試験建屋

在来

免震

上部構造は同一の建物

場所:仙台市青葉区東北大学工学部キャンパス内

延床面積: 各180m2

階数:地上3階

構造:RCラーメン構造

重量:各255t

免震装置:高減衰積層ゴム×6台

(1986年完成,東北大学と清水建設の共同研究)


3160769

試験建屋

平面図

在来建屋

免震建屋

立断面図


3160769

高減衰積層ゴム

高減衰積層ゴムの形状

荷重~変形関係(N=50tf)


3160769

加速度記録

RF(在来)(max=824.0 gal)

RF(免震)(max=244.0 gal)

B1F (max=241.4 gal)

加速度時刻歴波形

加速度最大値分布

速度

変位

加速度

入力の応答スペクトル


3160769

積層ゴムの変形

0~50秒

100~150秒

150~200秒

50~100秒

積層ゴムのオービット

累積変形量


3160769

1次モードの固有振動数と減衰

固有振動数

減衰定数


3160769

応答解析結果

屋上加速度

屋上加速度

積層ゴム変位

積層ゴム変位

免震建屋(X方向)

免震建屋(Y方向)


3160769

応答解析結果(加速度最大値)

在来建屋

免震建屋


3160769

 技術のショールーム清水建設㈱技術研究所

5つの免震構造

軽量建物用免震

音響実験棟

開発協創館

多機能実験棟

警備棟

耐火実験ブロック

環境実験ブロック

岩石実験 ブロック

安全安震館

2F

ビオトープ

頭頂免震

(SFS21)

 建設技術  歴史展示室

2F

ショールーム

多目的実験棟

(中央実験棟)

本 館

大型構造

実験棟

柱頭免震

振動実験棟

風洞実験棟

エネルギープラント

パーシャルフロート免震

サイバー

実験棟

新クリーンルーム実験棟

遠心実験棟

マルチステップ免震

2FITソリューション・ラボ


3160769

清水建設 技術研究所新本館

構 造:鉄骨造

地上6階

延床面積:9,462 ㎡

竣   工:2003年11月


3160769

大架構柱頭免震構造

  • つなぎ梁の無い独立な6本のピアによる柱頭免震(支持層-39m)

  • 2~6階メガストラクチャー

  • ピロティー空間

  • 80×20mの室内無柱空間


3160769

観測結果

長辺方向

短辺方向

6F

4F

免震

装置

2F

柱頭

柱脚(地表)

加速度最大値分布

長辺方向加速度波形

加速度を1/2以下に低減

免震装置(鉛入り積層ゴム)

15


3160769

入力の応答スペクトル

加速度応答スペクトル

速度応答スペクトル

変位応答スペクトル


3160769

積層ゴムの動き


3160769

累積変形

100~150秒

0~100秒

150~200秒

変形のオービット

累積変形


3160769

1次モードの固有振動数と減衰

固有振動数

減衰定数


3160769

応答解析

等価せん断ばね

応答解析モデル

観測記録との比較


3160769

首都圏で想定される大地震

関東地震の想定断層面           東京湾北部地震の想定断層面


3160769

首都圏で想定される大地震に対する免震効果

関東地震

東京湾北部地震

技術研究所の地表面で推定された加速度波形


3160769

応答解析結果

加速度時刻歴(関東地震)

免震層の最大変位

加速度最大値の分布


3160769

風洞実験棟(パーシャルフロート免震構造)

建築面積: 952 m2

延床面積: 1253 m2

建物高さ : 17.2 m(地下3.3m、地上13.9 m)

階数 : 地上2階・地下1階

構造 : RC造、一部S造

建物重さ : 2900 t

喫水   : 2.3m (建物の重さの半分を浮力で支持)

貯水槽 : 平面積 830 m2 、深さ 4.5m、貯水量 1540 t


3160769

パーシャルフロート免震構造

透水体を用いた減衰装置

2.3m

3.5m

2.0m

建物重量の約半分を浮力で支持

水中使用型積層ゴム


3160769

観測結果

最大加速度

最大加速度の分布

伝達関数


3160769

安全安震館(塔頂免震)

  • 建築概要:地上4階

  • 建築面積(コア部1階)9m2

  • 延べ床面積214m2重量180tf

  • コア壁:鉄筋コンクリート造

  • 外周吊りフレーム:鉄骨造

  • 2006年竣工

  • 免震装置:天然系積層ゴム(傾斜2段配置)


3160769

観測記録

最大加速度

伝達関数


3160769

超高層免震における観測記録(国交省基準法整備事業27-3)

建物概要

所在地:東京都江東区

竣工:2011年2月

構 造 :RC造、免震構造(3-4階間に免震層)

基礎形式:杭基礎(場所打ちコンクリート拡底杭)

免震装置:鉛プラグ入り積層ゴム40台

天然ゴム系積層ゴム11台

用 途 :共同住宅・駐車場

敷地面積:7,380m2

建築面積:3448m2

延床面積:51,856m2

軒 高 :114m

最高高さ:123m

階 数 :地下なし、地上36 階、塔屋1階


3160769

超高層免震における観測記録

平面概要

立面概要


3160769

加速度記録

加速度時刻歴

加速度最大値の分布


3160769

超高層免震における観測記録

免震層の変位

スペクトル比


3160769

三次元免震 阿佐ヶ谷「知粋館」


3160769

変位最大値


3160769

加速度最大値


3160769

加速度応答スペクトル


3160769

ご静聴ありがとうございました


  • Login