こぼれる気持ちと伝わることば
Sponsored Links
This presentation is the property of its rightful owner.
1 / 16

こぼれる気持ちと伝わることば PowerPoint PPT Presentation


  • 71 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

こぼれる気持ちと伝わることば. Sentiments fuis et paroles transmises. ~ l’étude de la communication ~. ~コミュニケーションの研究~. 福 島 祥 行 文学研究科・文学部 フランス言語文化 [email protected] 0. こぼれる気持ち. オースティン (John Langshaw AUSTIN 1911-1960) の「言語行為論」 How to Do Thongs with Words (1952) ( 『 言語と行為 』 [坂本百大]大修館書店)

Download Presentation

こぼれる気持ちと伝わることば

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


こぼれる気持ちと伝わることば

Sentiments fuis et paroles transmises

~l’étude de la communication~

~コミュニケーションの研究~

福 島 祥 行

文学研究科・文学部 フランス言語文化

[email protected]


0. こぼれる気持ち

  • オースティン (John Langshaw AUSTIN 1911-1960)の「言語行為論」 How to Do Thongs with Words (1952)(『言語と行為』[坂本百大]大修館書店)

  • サール (John. R. SEARLE 1932-)の「発話行為」(speech acts) Speech Acts: An Essay in the Philosophy of Language (1969)(『言語行為』[坂本百大・土屋 峻]勁草書房)

(1)A : なあ、浅野って、いま、カレシおるん……?

B : おれへんけど……

A : へっへっへっ……

B : なんで笑うんっ……! 深見のアホっ……!

(2)B : あーあ、瑞恵って、ほんま、可愛いなあ……

A : けど、浅野かて、けっこう、可愛いで……

B : ふん、どーせあたしはブスですよ……

A : いや、そーゆー意味やのうて……

(3)A : 浅野、あした、ヒマ……?

B : ヒマやけど……?

A : どっか行けへん……?

B : なんで……?

★ ことば(=発話、言表 utterance / énoncé)には「表の《意味》」と「裏の《意味》」が存在する?

cf. 「暑いなあ。冷房はいってへんやないか」=「冷房をいれろ」

→「表」と「裏」の境界線は?


1. コードモデル

(4) コミュニケーション図式1


★《意味》は話し手のもの(聞き手は「受け取る/受け取り損なう」のみ)

(5) オレ、あした、ヒマやねん

= 深見高志は2003年8月7日に暇である

= Julius Caesar は B.C.44年3月15日に暇である

★ コード(code)だけでは、指示対象は同定できない(「私」が誰かわからない)。

→ コンテクスト(context / contexte =文脈、言語外情報)が必要となる。

直示 (deixis)

浅野美喜

深見高志

ユーリウス・カエサル

豊臣秀吉

松浦亜弥

及川光博

ルネ・デカルト

……

直示辞 (deictic / déictique)

  • 私,君,彼,I, you, he, je, tu, il, etc.

  • 今日,昨日,明日,today, demain, etc.

  • 前,右,上,behind, gauche, etc.

  • こゝ,それ, there, that, ici, ça, etc.

わたし

指示 (reference / référence)

指示対象 (referent / référent)


2. 推論モデル

(6) コミュニケーション図式1改

(7) グライスの「会話の協調原則」(cooperative principle)

a. 量の原則 (maxim of quantity) 必要な情報は全て提供し、必要以上の情報を提供しない

b. 質の原則 (maxim of quality) 真実でないと思うことは云わない

c. 関連の原則 (maxim of relevance) 話題に無関係なことは云わない

d. 様態の原則 (maxim of manner) 明晰な表現をする

[GRICE, Paul (1989) :『論理と会話』[清塚邦彦]勁草書房,1998]


(8)B : なあ、最近、深見のヤツ、ワケわからんくない……?

  C : あいつ、アリワラノナリヒラやからなあ……

★《意味》を確定するためには、推論が必要となる。

→  スペルベルとウイルソンの『関連性理論』(Relevance Theory)

SPERBER, Dann & WILSON, David (1995) :『関連性理論――伝達と認知』 Relevance : Communication and Cognition, 第2版[内田・中逵・宋・田中]研究社出版,1999.

  • 「情報意図」(informative intention):受け手の「認知環境」(cognitive environment)を変えようとする意図

  • 「伝達意図」(communicative intention):「情報意図」を持つことを伝えようとする意図

  • S&Wにとってのコミュニケーション=「意図明示的推論コミュニケーション」(ostensive-inferential communication)

★ 「コード化」されていない会話もある。

(9) C : おはよー、美喜、元気……?

   B : (黙って葛根湯の包みを取り出してみせる)……

★《意味》は聞き手のもの(聞き手の「推論」が全て)


(10) コミュニケーション図式2


3. 相互行為モデル

★ 「他人には決してアクセスできない世界=ことば」(俺ことば)

  →「独我論」(solipsism / solipsisme)


(11) とある語の意味とは、ことばにおけるその使用 (Gebrauch) である(『哲学探究』43)

→ウィトゲンシュタインの「意味の使用」説

[WITTGENSTEIN, Ludwig (1953) :『哲学探究』 Philosophische Untersuchungen, ウィトゲンシュタイン全集8[藤本隆志],大修館書店,1976.

WITTGENSTEIN, Ludwig (1953) : Tractatus logico-philosophicussuivi deInvestigations philoso-phiques, [Pierre Klossowski],tel, Gallimard, 1961/1986.]

★ ガーフィンケル (Harold GARFINKEL 1917-)、サックス (Harvey SACKS 1935-75)らによる「エスノメソドロジー」(ethnomethodology / éthnométhodologie)

→「社会」は観察可能なものとして、人々のふるまいに現れている

  → 「会話」を分析(会話分析 conversation analysis / analyse conversationnelle)

★ 相互行為分析 (interaction analysis / analyses interactionnelle)

→ いかなる行為も、社会的=相互行為的に行なわれる

  → 社会は共同/協働作業で成り立っている


★ コミュニケーションは「相互行為」である

  → 聞き手は、単に聞いているだけではない

  → 相づち、身振り、しぐさ、表情などにより、さまざまなリアクションを発信

  → 話し手にとって、聞き手の注意を更に喚起したり、話題を変更したりする「資源」


(12)C : (Bに向かって)深見君て、記憶力悪いゆうてるくせに、美喜の誕生日だけは憶えてんねんで……

B : え……そうなん……

A : いやあ、ごめん、高橋の誕生日て、いつやったっけ……?

C : べつに憶えてもらわんでもえゝよ、いちおう4月17日やけどな……

★発話の《意味》は、いつまでも未決定

  → 暫定的決定(=《意味》)は存在する(その場その場の《意味》)

★話し相手は、いつでも「他者」だから、話しかけることは「暗闇への跳躍」である

  → 話し手と聞き手の「非対称性」

  =「話す-聞く」ではない、「教える-学ぶ」関係(柄谷行人 1941-)


★ 「他者」の不在 = コミュニケーションの不在

  → 世界には自分と同質の人間しかいない(=独我論)

  = みんな「以心伝心」なので、何かを伝達する必要がない

★ 「本質」とは「X は、どんなことがあっても X である」ということ

  → 「他者」とのコミュニケーションによって X が変化する可能性を認めない

  = 「話し合い」の余地がない = コミュニケーション/他者の拒否

★ コミュニケーション以前の《意味》を求めることは「本質」を求めること

  = コミュニケーションの拒否

★ 「思考」=「自己」との対話(思考は「社会的」にしかなされない)

・ Paul VALÉRY (1871-1945)

「われわれは、われわれの認識可能な、それと認めうる『自我』を他者の口から受け取るのである。他者は源泉であり、そして心的生活中きわめて重要なものでありつづけるので、あらゆる思考に対して対話体を要求するほどなのだ」

・ Лев Семенович Выготский [Lev Semyonovich Vygotskii] (1896‐1934)

内言=思考


(13) コミュニケーション図式3


4. 伝わることば

★ 相手は「自分と同じ人間ではない」(=他者 The Other / L'Autre)

  →二人の共同/協働によりコミュニケーションは成功する

★ 「伝えたいこと」はコミュニケーション前には存在しない。

  → コミュニケーションの結果、事後的に「伝わったこと」(=《意味》)が生ずる。

  =「伝えたかったこと」

★ 「気持ち」は常に 100 % 「伝わる」

(14)A : なあ、あした、天気予報、「晴れ」て云うてたっけ……?

B : (黙って情報誌を取り出してみせる)……


★ コミュニケーション (communication) の研究

  → 学際的 (interdisciplinary / interdisciplinnaire)

哲学

社会学

心理学

教育学

言語学

文学

演劇学

文化論

異文化間コミュニケーション論

情報工学

……


Fin

FUKUSHIMA Yoshiyukip

Département de langue et culture françaises, l’Université de la Ville d’Osaka

[email protected]

http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/~fukushim/


  • Login