slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
第14回( 1/15) 授業の学習目標

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 28

第14回( 1/15) 授業の学習目標 - PowerPoint PPT Presentation


  • 71 Views
  • Uploaded on

第14回( 1/15) 授業の学習目標. 第5章平均値の差の検定、の WEB 宿題のやり方 秋期試験の内容について. 第5章 平均値の差の検定         の WEB 宿題のやり方. 第5章のウェブ上での宿題のやり方を学習する。この宿題は、 ecip で1週間以内にやり、秋期試験( 1月22日 )の時に、 今日配布する2枚の出席カードのうちの1枚の裏に 、授業中の手計算による結果と比較して、手計算の結果が正しかったかを報告し、提出すること。. WeB上での宿題のやり方 ( 注意).

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 第14回( 1/15) 授業の学習目標' - petronella-meris


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
第14回(1/15)授業の学習目標
  • 第5章平均値の差の検定、のWEB宿題のやり方
  • 秋期試験の内容について
slide2
第5章 平均値の差の検定        のWEB宿題のやり方第5章 平均値の差の検定        のWEB宿題のやり方
  • 第5章のウェブ上での宿題のやり方を学習する。この宿題は、ecip で1週間以内にやり、秋期試験(1月22日)の時に、今日配布する2枚の出席カードのうちの1枚の裏に、授業中の手計算による結果と比較して、手計算の結果が正しかったかを報告し、提出すること。
slide3
WeB上での宿題のやり方(注意)
  • 万が一、今年度登録をしていない学生で、入学以来一度も登録していない学生は、9号館2階の ecip の第1クライアント室に行き、登録を済ませること。なお、昨年度から登録料は無料となったが、登録は毎年行わないといけないので注意せよ。一方、これを行わない者は、確実に単位を落とすことになる。

   なお、登録を済ませても、2、3日は使えないので、至急登録せよ。

slide4
各自用のデータの入力と保存-1
  • つぎに、授業中に各自が利用したデータを、編集ソフトTeraPadを起動して入力し、指定されたフォルダに保存する。
  • TeraPadの起動はつぎのとおり:

 (1) スタート  プログラム アクセサリ

 TeraPad TeraPad

   とクリックする。

slide5
各自用のデータの入力と保存-2
  • これにより現れるTeraPad画面から、千野の WEB 上の講義テキストの第5章の 「SAS による具体的手順」に書かれた入力の手順を横に表示して見ながら、データ(データ番号とデータの数値)を入力する。入力時の注意事項はつぎのとおり。ただし、ウエブの例では、各群とも20名づつであるが、今回は各群とも10名づつであるので注意せよ:
slide6
各自用のデータの入力と保存-3
  • データ入力時の注意事項

 (1)性別番号(最初の一桁、男1,女2)の直後に

    半角の空白を1つ入れること。

 (2)一人分を入力し終わったら、必ずエンター

   キーを押し、つぎの行へ進むこと。

 (3)入力は、すべて半角で行うこと。

slide7
各自用のデータの入力と保存-4
  • 入力後のデータの保存の手順

 (1) 入力がすべて終了したら、

    ファイル  名前を付けて保存、

   とクリックする。

 (2) すると、「名前を付けて保存」画面が現れる

   ので、つぎの3点に注意して必要事項を入力

   した後、保存ボタンを押す。

slide8
各自用のデータの入力と保存-5
  • データ保存時の注意事項

 (1)まず、画面下方の「ファイルの種類」欄を

   「テキストファイル」に変更する。

 (2)すぐ上の「ファイル名」欄には、ttest_ex4

   と入力する(拡張子 txt はつけない)。

 (3)画面最上部の「保存する場所」には、つぎの

   手順でフォルダを次々に選択する:

slide9
各自用のデータの入力と保存-6
  • 「保存する場所」の選択の手順

 マイドキュメント

    (1つ上に上り)マイコンピュータ

     p ドライブ  psyphy  chino

 psycstat  Report  各自のフォルダ

 data

とクリックし、「保存」ボタンを押す。

slide10
SAS プログラムのダウンロードー1
  • 千野の WEB の講義テキストの「心理統計学」

 の中の、「SAS による具体的手順」の中のプロ

 グラムダウンロードコーナーの「カエルマーク」

 の直下の ttest_ex1.sasなる名前のプログラ

 ムを、以下の手順でダウンロードする:

slide11
SAS プログラムのダウンロードー2
  • ダウンロードの手順

 (1) プログラム名 ttest_ex1.sasのところを右クリックす

ると現れる画面の中から「対象をファイルに保存」を選

択する。

 (2) それにより現れる「名前をつけて保存」画面

   の下方の「ファイルの種類」には「sas プログラム」が

   自動的に入っているので、変更不要。

 (3) 「ファイル名」の欄も、自動的に ttest_ex1.sas

なるファイル名が入っているので、入力は不要。

 (4) 画面上最上部の「保存する場所」をつぎのように指

定。

slide12
SAS プログラムのダウンロードー3
  • 「保存する場所」の指定

  最後に、当該 SAS プログラムを保存する場所

 として、以下の手順で、 sasprog フォルダを画面最上部の「保存する場所」に指定する:

wutemp  マイコンピュータ  p ドライブ

 psyphy  chino  psycstat  Report

 各自の学籍フォルダ  sasprog

  つぎに、

sas 4
SAS プログラムのダウンロードー4
  • 「ファイル名」

  ここには自動的に「ttest_ex1.sas」が入っているので、入力は不要。

  • 「ファイルの種類」

  ここにも自動的に「SAS プログラム」が入っているので、入力は不要。

 最後に、「保存」ボタンを押す。

sas sas
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー1
  • SAS プログラムをデスクトップ画面から、つぎの

 手順で起動する:

  スタート  プログラム

 SAS  SAS 9.1 (日本語)

 とクリックする。

sas sas1
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー2
  • SAS 画面が現れたら、画面右下方の「エディター無題」画面の右上の ー、□、×の中から□ (最大化ボタン)をクリックし、エディタ画面を最大化する。
  • つぎに、そこに既にダウンロードしたプログラム ttest_ex1.sas をつぎの手順で入力する。
sas sas2
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー3
  • SAS の画面上の最上部左上のメニューの中か

 ら、

   ファイル  プログラムを開く、

 とクリックし、現れる「ファイルを開く」画面で、ファイルの場所とファイル名を、つぎのように指定。

sas sas 4
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー4
  • ファイルの場所及びファイル名の指定

 (1)ファイルの場所

9.1  マイコンピュータ  p ドライブ

 psyphy  chino  psycstat  Report

 各自の学籍フォルダ  sasprog

 (2)ファイル名

    画面上にある ttest_ex1.sas を一回左クリックした

   後、最下端右端の「開く」ボタンを一回左クリックする

   か、ttest_ex1.sas を2回続けて左クリックし、プログ

   ラムをエディタ画面に入力する。

sas sas 5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー5
  • SAS エディタに sas プログラムが入力されたら、

 プログラムの中の上部の filename 文をつぎの

 ように修正する:

filename data ‘p:\psyphy\chino\psycstat

\Report\学籍名\data\ttest_ex4.txt’;

sas sas3
SAS の起動とSAS プログラムの保存ー6
  • その後、「ファイル  名前をつけて保存」を選択し、ファイル名 ttest_ex4.sas として保存する。
  • ここで、ファイル名欄には ttest_ex4 のみとし、ファイルの種類が SAS かどうかを確認せよ。
slide20
SAS の実行と出力結果の保存ー1
  • プログラムの入力と修正・保存が修了したら、画面最上部右上の「走者」のアイコンボタンを押す。
  • すると、プログラムの修正が正しく行われている場合には、プログラムエディタ画面が消えて代わりに出力結果が現れる。
slide21
SAS の実行と出力結果の保存ー2
  • そうしたら、画面最上部左上で、

「ファイル  名前を付けて保存」と選択する。

  すると、「名前をつけて保存」画面が現れるの

  で、つぎの手順で、出力結果を保存する:

slide22
SAS の実行と出力結果の保存ー3
  • 「名前を付けて保存」画面が現れたら、

  (1)「保存する場所」を

sasprog  (1つ上に上り)sasout と選択。

  (2)「ファイルの種類」が「LIST ファイル」にな

    っていることに注意して、

  (3)「ファイル名」を ttest_ex4と入力し、

 最後に、「保存」ボタンを押す。

slide23
SAS の出力結果の見方の注意点(1)

両群の平均値

SAS の出力結果の先頭部分の meanの項

両群の標準偏差

SAS のttest プロシジャの出力の先頭部の Std Devの項では、標準偏差は出力されず、不偏標準偏差が出力されているので注意が必要である。

slide24
SAS の出力結果の見方の注意点(2)

ただし、今回の宿題では、N=10なので注意せよ。

不偏標準偏差から標準偏差への変換

  千野HPの心理統計学の第5章の出力例では、例えば第1群の20個のデータの Std Dev=28.552 である。この不偏標準偏差を、通常の標準偏差に変換するには、当該 HP の出力例の下方にある変換式を使うと、

slide25
SAS の出力結果の見方の注意点(3)

分散の等質性の検定のF-値

  これについては、SAS では出力結果の最後尾のEquality of Variance の項に出力されているので注意せよ。

分散の等質性の帰無仮説の棄却・採択の判断

  これについては、前回の授業のパワーポイントに示した F の棄却点の値は SAS では出力されておらず、上記の項の右端の Pr > F の項、すなわち p値で判断すること。今回の宿題では全体的危険率α*=0.05 なので、p 値が 0.025 より大ならば同帰無仮説は採択、そうでなければ棄却と見ること。

slide26
SAS の出力結果の見方の注意点(4)

等平均仮説の検定の t -値

  これについては、SAS では出力結果の最後尾から一段上のT-Testsの項に出力されているので注意せよ。

   また、Pooled のラベルのある欄の右端の t 値は両群の分散が等しい場合の t 統計量を、その下の Satterthwaite のラベルのある欄の右端の t 値は両群の分散が異なる場合の t’ 統計量であることに注意せよ。ただし、サンプル数が等しい場合は両者は一致する。

slide27
SAS の出力結果の見方の注意点(5)

等平均仮説の帰無仮説の棄却・採択の判断

  これについても、前回の授業のパワーポイントに示した(両群の分散が等しい場合の) t の棄却点の値は SAS では出力されておらず、上記の項の右端の Pr > |t| の項、すなわち p 値で判断するこ

  と。今回の宿題では全体的危険率α*=0.05 なので

p 値が0.025 より大ならば等平均仮説を採択、そうでなければ棄却する。

   一方、両群の分散が異なる場合には、t’ 統計量に対応する p 値が 0.05 より大ならば採択、そうでなければ棄却とみなすこと。 

slide28
秋期試験の内容について

平均値の差とその検定、相関係数とその検定、カイ2乗検定の3つの章についての演習問題を出す。

卓上計算機を利用してよいが、携帯電話は使用しないこと。試験場に入るときに携帯電話の電源を切ること。