学生・教職員ワークショップ
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 44

学生・教職員ワークショップ 鹿大のピア・サポートを考える PowerPoint PPT Presentation


  • 61 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

学生・教職員ワークショップ 鹿大のピア・サポートを考える. 小貫有紀子 ( 九州大学教育改革企画支援室 ) [email protected] 2011/02/15. "Why I am here" Stories. 259 大学 (約 35.6 %:平成 22 年度). ピア・サポートを実施している 4 年制大学の数。 「今後実施したい」を合わせると、 477 大学( 65.6 %)。. 例えば. 新入生キャンプ 大学院生による学習相談、学習コンシェルジェ ボランティアコーディネーター 学生アドバイザー(時間割やコース選択の相談) 就活サポーター

Download Presentation

学生・教職員ワークショップ 鹿大のピア・サポートを考える

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


学生・教職員ワークショップ鹿大のピア・サポートを考える

小貫有紀子(九州大学教育改革企画支援室)

[email protected]

2011/02/15


"Why I am here" Stories


259大学

(約35.6%:平成22年度)


ピア・サポートを実施している4年制大学の数。

「今後実施したい」を合わせると、477大学(65.6%)。


例えば

  • 新入生キャンプ

  • 大学院生による学習相談、学習コンシェルジェ

  • ボランティアコーディネーター

  • 学生アドバイザー(時間割やコース選択の相談)

  • 就活サポーター

  • 寮長会(生活相談)

  • 留学生オフィスアワー

  • 聴覚障がい者の授業補助

  • ひきこもり学生の支援


ピア・サポートを実施している大学が感じているその影響


Case1:学生生活の支援

  • 同志社大学


Case1:学生生活の支援


Case1:学生生活の支援


Case2:履修・学習相談

実は九州大学でも・・・

鹿児島大学教育・学生支援担当教職員講習会,20100323


Case2:履修・学習相談

  • 「学習」に特化した戦略

  • 学生スタッフの成長が著しい

    • 月一度の学生、教職員ミーティング

    • メンターとしての専従スタッフの存在

  • 学年、分野を超えた学生同士のつながり

    • 互いに学び合う場の提供


ピア・サポートを始めるために、何を考えれば良いのでしょう?


大学教育のトレンド

  • 教員中心の大学教育 (teacher centered)

    • 『教員が何を教えたか』

    • 大学は学生に「何」を提供できたのか

        →「何」=モノ、ヒト、カネ


学習(Learningへ)

  • 学習者中心の大学教育 (learner centered)

    • 『学生は何ができるようになったか』

    • 「何」は学生が身に付けた内容

        (=成績とは言い切れない?)


ピア・サポートで学習者中心とは?

  • サービスを提供

  • 一方向の関係

  • 評価の焦点は「サービスの充実」

  • 関係性の構築

  • 相互の関係

  • 評価は…数値で見えにくい!


2つの関係性を整理すると…


ピア・サポートを実施している大学が感じている課題


考えてみてください

みなさんは、鹿児島大学の中で、どんなピア・サポートがあると良いと思いますか?


ちょっと休憩とりましょうか?


今日のメニュー

  • チーム分け

  • 自己紹介

  • 練習

ウォームアップ

1

チームごとにダイアログ

2

全体で共有・ふりかえり

3


ワークショップの内容

鹿児島大学の新しいピア・サポートを設計していく際に、核となるようなビジョン(価値)を、教員・職員・学生によるダイアログ(対話)を通して、皆で創り出していく。


ビジョンって?

“集合知の力は、ときに単なる問題解決の方法と勘違いされるが、実際には、皆で問題を解決する方法についての発想を転換させる力という方が正しい。

(センゲ 2010)


学習目標

  • ピア・サポートのビジョン(価値)を、教員・職員・学生など様々な立場の言葉を使いながら他者に説明できるようになる

  • 現代的ピア・サポートの特徴とメリットを、鹿児島大学の現状に置き換えて他者に説明できるようになる。


それではまず、自己紹介から。

Misson1:

仲間ヲ知ル!


Mission1:仲間ヲ知ル!

メモ禁止!

  • 自己紹介(1分)

    • 所属(学部・部署)

    • 今日一日、何と呼んで欲しいか?

    • 好きな食べ物・嫌いな食べ物

  • 話終えたら左隣りの人に

  • 2番目の人は1番目の人+自分の自己紹介

  • 3番目の人は1番目+2番目+自分…


Mission2:三角を数える


Mission3:チームデ対話スル

ダイアログ(対話)とディスカッションの違い


Mission3:チームデ対話スル

今日の皆さんの役割(ダイアログのルール)

  • 全員が平等に参加する

  • 学ぶ仲間を尊重する(人の話はさえぎらない、相手を頭から否定・非難しない)

  • 一人一人が今回のワークショップに貢献する(テーマから逸脱しない、時間を守る)


Mission3:チームデ対話スル

それでは、ダイアログの練習を。

  • 「ピア・サポート」と聞いて、あなたが思い浮かべるもの(こと)は何ですか?その理由は?

    ①一人で考える<1分>

    ②チームでダイアログ<10分>


それでは、いよいよ「ダイアログ」の本番に入ります。

チームの中で一人、「提出シート」を書く人を決めてください。


Q.あなたは鹿大で取り組むピア・サポート

は、どんなものになって欲しいと思います

か?

①一人で考える<1分>

②チームでダイアログ<10分>


いったん休憩です。


Q. 新たなピア・サポート制度が導入されたら、鹿大の未来はどのようなものになるでしょうか?

①一人で考える<1分>

②チームでダイアログ<10分>


ダイアログの内容を、他のチームとも共有しましょう。

③一人で考える

④派遣先でダイアログ<10分>

⑤元のチーム再びダイアログ<10分>


いったん休憩です。


Q. ここまで話し合ってきた、新たなピア・サポート制度に対して、あなたはどのように貢献できるでしょうか?

①一人で考える<1分>

②チームでダイアログ<10分>


今日最後のダイアログです

  • 最後のダイアログは、チーム全員が同じように答えられるように、一つの答えを見つけてください。

  • 最後の5分間で、ホワイトボードにチームごとに書き込んでいただきます。

    ※発表はありません。


Q. 今日のすべての話し合いを1冊の本に

見立てて、タイトルをつけるとしたら?

①一人で考える<1分>

②チームでダイアログ<10分>

③ホワイトボードに書き込む<3分>

④鑑賞タイム<10分>


全体で共有・ふりかえり


Thank You !


  • Login