明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及
Download
1 / 17

明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及 - PowerPoint PPT Presentation


  • 61 Views
  • Uploaded on

明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及. 日本赤十字広島看護大学 ○川根博司*,渡辺さゆり**,竹下直子**                 (*図書館長,**司書). はじめに. 日本赤十字社が赤十字国際会議の決議に基づき、救護活動に従事する女性救護員を確保するために、明治 23 年( 1890 年)に看護婦養成を開始して以来、 120 年が経過した。この間、赤十字の看護教育の根底に流れているのは「人間の生命と尊厳を守る」という理念である。今回われわれは、明治期に赤十字看護教育用に用いられた書物の中で、喫煙/禁煙に関してどのように記述されているかを調査した。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及' - ohanzee-ojeda


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

日本赤十字広島看護大学

○川根博司*,渡辺さゆり**,竹下直子**

                (*図書館長,**司書)


はじめに明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

日本赤十字社が赤十字国際会議の決議に基づき、救護活動に従事する女性救護員を確保するために、明治23年(1890年)に看護婦養成を開始して以来、120年が経過した。この間、赤十字の看護教育の根底に流れているのは「人間の生命と尊厳を守る」という理念である。今回われわれは、明治期に赤十字看護教育用に用いられた書物の中で、喫煙/禁煙に関してどのように記述されているかを調査した。


対象と方法明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

 対象は、明治10年(1877年)から明治43年(1910年)にかけて発行された看護教育用教科書で、1988年に復刻出版されたものである。次のスライドに、書名、著者名、発行所、発行年などを示す。これら12種類の書物のすべてのページに目を通し、喫煙/禁煙に関する記述を探して抜き出した。そして、喫煙/禁煙についてどのように言及されているのかを検討した。


調査した看護教育用教科書明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

書名             著者名          発行所       発行年 

看護心得             太田雄寧           島村利助      明治10年

看病要法             ウイリアム・アンデルセン

                     海軍省医務局訳                 明治12年

陸軍看護学修業兵教科書                  小林又七     明治23年

普通看病学            ビルロート

                     佐伯理一郎訳       吐鳳堂        明治28年

看病の心得            平野 鐙            佐藤春      明治29年

実用看護法           ヘレン・イー・フレーザー   警醒社       明治29年

                    成瀬四寿訳                            

日本赤十字社看護学教程   日本赤十字社      日本赤十字社   明治29年

派出看護婦心得         大関 和            中庸堂       明治35年

実地看護法             大関 和          東京看護婦会  明治41年

看護婦の友看護日誌摘要字引  山上歌子          至誠堂       明治40年

甲種看護教程 上巻        日本赤十字社    日本赤十字発行所  明治43年

甲種看護教程 下巻        日本赤十字社    日本赤十字発行所  明治43年


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及陸軍看護学修業兵教科書』

(明治23年)

第3編/看護法・第24章/清気法

病室及び廊下において

吸煙(喫煙)してはいけない


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及陸軍看護学修業兵教科書』

(明治23年)

第6編/衛生の大意・第53章/屯営及び居室

喫烟(喫煙)等は

みな空気を汚敗するものなので

居室内において喫食してはいけない


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及看病の心得』

(明治29年)

第1章/一般の心得・

(5)病室換気法及び掃除

〔病室内において〕

喫烟(タバコ)及び飲食等は

何人であろうと堅く禁じる


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及日本赤十字社看護学教程』

(明治29年)

第3編/看護法・第13章/一般看護法・

(4)病室清潔法及び通気法

喫烟は多くの患者に対して

甚だ害があり且つ

大気を不潔にするものなので、

病室内において

喫烟させてはいけない


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及日本赤十字社看護学教程』

(明治29年)

第10編/衛生法大意・第41章/土地及び家屋

喫煙等はみな空気を汚濁させる

ものなので、

喫烟する等は可及的に

避けるべきである


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及日本赤十字社看護学教程』

(明治29年)

第10編/衛生法大意・第44章/身体

〔口中及び歯間の清掃に〕

止むを得ない時は

巻タバコの灰を用いるとよい


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及実地看護法』

(明治41年)

第1編/看護法・第7/病室の清潔法

タバコを吸わないこと


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及甲種看護教程 下巻』

(明治43年)

第6編/看護・第1章/一般の看護・

第3/病室の清潔

喫煙は許された患者に限り

一定の場所においてしてもよい

看護者は勤務中喫煙してはいけない


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及甲種看護教程 下巻』

(明治43年)

第8編/手術の介輔・第4章/手術前後の看護

手術当日には、

タバコは禁じるべきである


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及甲種看護教程 下巻』

(明治43年)

第15編/衛生・第1章/土地及び家屋

喫烟等は空気を汚すものなので、

喫烟すること等は

避けるべきである


明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及看護婦の友看護日誌摘要字引』

(明治40年)

タバコ = 煙草 

マキタバコ = 巻煙草

キツイン = 喫煙 タバコヲスウ

キセル = 煙管


看護教育用教科書の変遷明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

赤十字看護教育用の教科書の最初は

『看護婦教程』(1894年・明治27年)

である。

 ついで本社と支部での養成を統一

するため、本格的な教科書である

『看護学教程』(1896年・明治29年)

を刊行した。

 明治期の末になって改訂・増補の

必要から

『甲種看護教程』(1910年・明治43年)

を刊行した。

赤十字看護学教科書における記述

 病室内の喫煙を禁止

 屋内の喫煙は可及的に回避

 許された患者は一定の場所で喫煙可

 手術当日にはタバコを禁止

 看護者は勤務中の喫煙禁止


おわりに明治期の日本赤十字看護教育における喫煙/禁煙への言及

すでに明治期の看護学教科書において、病室や廊下での喫煙を禁じるという記述があることがわかった。明治43年(1910年)に刊行された『甲種看護教程』では、許された患者に限り一定の場所での喫煙を認めるとともに、看護職員の勤務中の喫煙は禁止していた。また、患者に手術当日のタバコを禁じても、禁煙指導をするような内容が見当たらないのは、当時の情勢・状況からすれば仕方ないことかもしれない。


ad