国際学術交流協定 交流の状況と今後の方向性
Download
1 / 4

国際学術交流協定 交流の状況と今後の方向性 - PowerPoint PPT Presentation


  • 84 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

国際学術交流協定 交流の状況と今後の方向性. 相手機関の名称 : プリンストン プラズマ物理研究所. Princeton Plasma Physics Laboratory (PPPL). 交流責任者氏名 : 岡村昇一. NCSX stellarator. NSTX spherical torus. 理論グループ. シミュレーショングループ. 平成 19 年度交流実績. NSTX 実験参加. 廣岡慶彦 -- リチウム被覆による粒子制御、 田村直樹 -- TESPEL 、  舟場久芳 -- 不純物輸送研究 磯部光孝 -- 高速イオン励起 MHD モード.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha

Download Presentation

国際学術交流協定 交流の状況と今後の方向性

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4413983

国際学術交流協定 交流の状況と今後の方向性

相手機関の名称 : プリンストン プラズマ物理研究所

Princeton Plasma Physics Laboratory (PPPL)

交流責任者氏名 : 岡村昇一

NCSX stellarator

NSTX spherical torus

理論グループ

シミュレーショングループ


4413983

平成 交流の状況と今後の方向性19年度交流実績

NSTX実験参加

廣岡慶彦-- リチウム被覆による粒子制御、

田村直樹-- TESPEL、 舟場久芳-- 不純物輸送研究

磯部光孝-- 高速イオン励起MHDモード

高周波加熱・電流駆動 WS

PAC、NCSX共同実験計画

熊澤隆平、吉村泰夫

岡村昇一、藤澤彰英

シミュレーション科学研究部設立記念シンポジウム

William M. Tang -- 記念講演

LHD実験、ヘリカル系輸送研究

M. Zarnstorff、Harry Mynick、Jong-kyu Park、Allan Reiman、S. Yoshikawa、David Mikkelsen、Manfred Bitter


4413983

平成 交流の状況と今後の方向性20年度交流計画

NSTX実験参加

廣岡慶彦-- リチウム被覆による粒子制御、

田村直樹-- TESPEL、 舟場久芳-- 不純物輸送研究

NCSX共同実験計画

輸送シミュレーション研究

佐竹真介

岡村昇一

シミュレーション科学シンポジウム

J. Manickam(PPPL理論グループのヘッド)

LHD実験、ヘリカル系輸送研究、ST研究、プラズマ乱流

M. Zarnstorff、Allan Reiman、David Mikkelsen、G. Hammett、Masa Ono、Hantao Ji


4413983

NCSX 交流の状況と今後の方向性計画中止後の学術交流の方向性

NSTXの共同実験と理論・シミュレーション研究

特にヘリカル系閉じ込め研究に関する米国との学術交流としては

PPPLのステラレータ・グループとの共同研究

米国のPPPL以外のヘリカル研究との協力

HSXWisconsin University

QPSOak Ridge National Laboratory

CATAuburn University


ad
  • Login