slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
「ごん狐」の最終場面

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 26

「ごん狐」の最終場面 - PowerPoint PPT Presentation


  • 55 Views
  • Uploaded on

「ごん狐」の最終場面. 「ごん狐」(「赤い鳥」版)新美南吉(+鈴木三重吉)の最終場面は次のように書かれています。.   六  そのあくる日もごんは、栗をもつて、兵十の家へ出かけました。兵十は物置で縄をなつてゐました。それでごんは家の裏口から、こつそり中へはいりました。.  そのとき兵十は、ふと顔をあげました。と狐が家の中へはいつたではありませんか。こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。 「ようし。」.  兵十は、立ちあがつて、納屋にかけてある火縄銃をとつて、火薬をつめました。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 「ごん狐」の最終場面' - lara-contreras


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
「ごん狐」(「赤い鳥」版)新美南吉(+鈴木三重吉)の最終場面は次のように書かれています。「ごん狐」(「赤い鳥」版)新美南吉(+鈴木三重吉)の最終場面は次のように書かれています。
slide3
  六
  •  そのあくる日もごんは、栗をもつて、兵十の家へ出かけました。兵十は物置で縄をなつてゐました。それでごんは家の裏口から、こつそり中へはいりました。
slide4
 そのとき兵十は、ふと顔をあげました。と狐が家の中へはいつたではありませんか。こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。 そのとき兵十は、ふと顔をあげました。と狐が家の中へはいつたではありませんか。こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。
  • 「ようし。」
slide5
 兵十は、立ちあがつて、納屋にかけてある火縄銃をとつて、火薬をつめました。 兵十は、立ちあがつて、納屋にかけてある火縄銃をとつて、火薬をつめました。

 そして足音をしのばせてちかよつて、今戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。

slide6
ごんは、ばたりとたほれました。兵十はかけよつて来ました。家の中を見ると土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。ごんは、ばたりとたほれました。兵十はかけよつて来ました。家の中を見ると土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。

「おや。」と兵十は、びつくりしてごんに目を落しました。

「ごん、お前だつたのか。いつも栗をくれたのは。」

slide7
 ごんは、ぐつたりと目をつぶつたまゝ、うなづきました。 ごんは、ぐつたりと目をつぶつたまゝ、うなづきました。

 兵十は、火縄銃をばたりと、とり落しました。青い煙が、まだ筒口から細く出てゐました。

slide8
  この部分には、ごん狐の視点、兵十の視点が入り交じっているようです。

  ごん狐の視点だけで書かれているように書き直すとしたら、どうなるでしょう。

  兵十の視点だけで書かれているように書き直すとしたら、どうなるでしょう。

slide9
書き換えるときの注意事項
  • 冒頭の語り手視点による記述は、書き換えない。
  • ごん/兵十の視点からの描写が始まったら、語り手視点には戻らない。
  • 助詞の「は」「が」
  • 移動動詞「いく」「くる」など
  • 視点人物の五感でとらえたものだけ書く

などに気をつけて書き換えましょう。

slide10
そのあくる日もごんは、栗をもつて、兵十の家へ出かけました。そのあくる日もごんは、栗をもつて、兵十の家へ出かけました。

 ↓

語り手視点の冒頭の記述だから

書き換えない

slide11
兵十は物置で縄をなつてゐました。

 ごんが兵十の家に出かけて、そこで発見したもの

  • そのまま書き換えない
  • 兵十が物置で縄をなつてゐました。

どちらがいいか?

slide12
それでごんは家の裏口から、こつそり中へはいりました。それでごんは家の裏口から、こつそり中へはいりました。

「それで」は語り手からの事情説明

これをごんの心理描写に書き換える

「                     」と思って、

ごんは家の裏口から、こつそり中へはいりました。

slide13
そのとき兵十は、ふと顔をあげました。

ごんから兵十の姿は見えないので、

この描写は語り手の視点によるもの。

削除する。

slide14
と狐が家の中へはいつたではありませんか。

顔を上げた兵十の目に入った「狐」

「はいつたではありませんか。」は兵十の心理そのものではなく、読者に向けて発せられた語り手の注意喚起の叙述。

兵十の視点と語り手の視点が重なっている叙述。もちろん、ごん視点ではないから、削除。

slide15
こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。

兵十の心理描写。

ごん視点ではないから、削除。

slide16
「ようし。」

兵十の心理描写ならば、ごん視点からは描けない。

  • こなひだうなぎをぬすみやがつたあのごん狐めが、またいたづらをしに来たな。
  • 「ようし。」

と括弧のあるなしを心理と「独り言」のかき分けだと考えることができる。独り言がごんに聞こえるように書き換えられる。

slide17
 兵十は、立ちあがつて、納屋にかけてある火縄銃をとつて、火薬をつめました。 兵十は、立ちあがつて、納屋にかけてある火縄銃をとつて、火薬をつめました。

ごんから兵十の姿は見えないので、削除する。

slide18
そして足音をしのばせてちかよつて、今戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。そして足音をしのばせてちかよつて、今戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。

そして足音をしのばせてちかよつて、

は削除。

今戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。

をごんの視点で描写する。

slide19
ごんは、ばたりとたほれました。

ごんの視点で描写する。

slide20
兵十はかけよつて来ました。
  • 兵十がかけよつて来ました。

とどちらがいいか?

slide21
家の中を見ると土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。家の中を見ると土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。

これは兵十の視点からの描写。

そういう兵十をごんの視点から描写する。

slide22
「おや。」と兵十は、びつくりしてごんに目を落しました。「おや。」と兵十は、びつくりしてごんに目を落しました。

これは兵十の視点からの描写。

そういう兵十をごんの視点から描写する。

slide23
「ごん、お前だつたのか。いつも栗をくれたのは。」「ごん、お前だつたのか。いつも栗をくれたのは。」

という声をごんが聞いたということで、ごんの視点からの描写になりうる。

slide24
ごんは、ぐつたりと目をつぶつたまゝ、うなづきました。ごんは、ぐつたりと目をつぶつたまゝ、うなづきました。

ごんの行動描写

語り手or兵十の視点のようでもあるが、しかたがない。このまま。

slide25
兵十は、火縄銃をばたりと、とり落しました。兵十は、火縄銃をばたりと、とり落しました。

兵十が、火縄銃をばたりと、とり落しました。

とどちらがいいか?

slide26
青い煙が、まだ筒口から細く出てゐました。

ごんの視点からは描けない。

語り手or兵十の視点からの描写だけれど、最終場面の最終の描写ということから、このまま残す。

ad