徳洲会病院北海道グループ外傷センター設立
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 23

徳洲会病院北海道グループ外傷センター設立 3 周年記念学術講演会 【シンポジウム:日本における外傷医療のありかた】 PowerPoint PPT Presentation


  • 246 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

徳洲会病院北海道グループ外傷センター設立 3 周年記念学術講演会 【シンポジウム:日本における外傷医療のありかた】. 機能再建型外傷センター構築の試み. 札幌東徳洲会病院 土田芳彦、村上裕子、辻英樹、名和正行、綾部 真一、松田智倫、工藤雅響、 土屋 唯衣 札幌徳洲会病院 熊谷明史、森利光、田辺康、磯貝哲、畑中渉、倉田佳明、高橋信行、橋本功二、平山傑、井畑朝紀、成田 有子、. 講演の内容. 日本における外傷医療の緒問題を把握し、 その解決方法を提案する. 外傷統計. 入院治療を要する外傷患者:約 100 万人 整形外科傷病の割合 約 70 %

Download Presentation

徳洲会病院北海道グループ外傷センター設立 3 周年記念学術講演会 【シンポジウム:日本における外傷医療のありかた】

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3

徳洲会病院北海道グループ外傷センター設立3周年記念学術講演会

【シンポジウム:日本における外傷医療のありかた】

機能再建型外傷センター構築の試み

札幌東徳洲会病院

土田芳彦、村上裕子、辻英樹、名和正行、綾部 真一、松田智倫、工藤雅響、

土屋 唯衣

札幌徳洲会病院

熊谷明史、森利光、田辺康、磯貝哲、畑中渉、倉田佳明、高橋信行、橋本功二、平山傑、井畑朝紀、成田 有子、


3

講演の内容

日本における外傷医療の緒問題を把握し、

その解決方法を提案する


3

外傷統計

入院治療を要する外傷患者:約100万人

整形外科傷病の割合 約70%

厚生労働大臣官房統計情報部患者調査

英国統計から類推

・ISS 20<の多発外傷患者

  約1.0人/人口1万人

・手術を要する整形外科外傷

約100件/人口1万人

Court-Brown 1997 JBJS


3

外傷医療の目的

Preventable Trauma DeathとDisability (後遺障害)の軽減

・傷病者の社会復帰

・仕事をして税金を払う


3

救命:PTDの軽減

修正PTD/外傷死亡者

20%以下:10施設

65%以上:10施設  大友康裕ら 2002

(札幌医大高度救命救急センター 7%)

                森和久ら 2003

大きな地域間格差及び病院間格差


3

四肢外傷後遺障害の類推

Court-Brown 1997 JBJS、

土田ら 2004


3

整形外科外傷後遺障害の種類

切断、感染、組織壊死・欠損、

偽関節、変形治癒、関節拘縮、

変形性関節症、神経麻痺、筋萎縮、

醜状瘢痕etc


3

日本の整形外科外傷治療体制

<

<


3

整形外科外傷後遺障害の発生要因

・整形外科外傷治療は

 高い医療レベルを要する

・変性疾患と並列して治療

・外傷専門医の欠如

・整形外科外傷専門施設がない

Court-Brown、JBJS、1997


3

Court-Brown 1997

外傷患者治療のあまりよくない結果に対して、今のところ社会の目はそれほど厳しくはない。しかし、外傷治療を担っている救急救命室の管理者と整形外科治療の管理者が外傷に対するアプローチを変えなければ、今後、社会的・訴訟的問題へと発展していくことであろう。そうならないうちに早く手を打つべきである。


3

「避けられた外傷後遺障害」

を軽減するための提案

「外傷専門施設(部門)の構築」

「外傷整形外科医の育成」


3

外傷システムの違い


3

ドイツの代表的外傷センター

(ムルナウ外傷センター)

・手術患者数:約11000人/年

・搬送形態

  ヘリコプター(1300/年)

  救急車

  自家用車

・ベット数:450

ICU、一般、脳外科、脊損、感染

・巨大なリハビリ施設


3

社会復帰を視野に入れた外傷治療

ーその対策ー

①既存救命救急センターの強化

②機能再建主体の外傷センター設置


3

既存救命救急センターの強化

3次+2次外傷患者

救命救急センター

200-300

外傷チーム

(外傷外科医)

(外傷整形外科医)

2000-3000

これは、困難???


3

機能再建型外傷センターの設置

①外傷整形外科医による24時間体制

②脳外科医、一般外科医、麻酔科医のon-call体制

③24時間緊急手術対応

④画像、血液検査部門

⑤ICU医によるICU管理

⑥リハビリテーション専用施設

 (PT,OTの確保)


3

外傷整形外科医の責務について

①外傷初期治療(JATECレベル)

②四肢外傷治療(AO advanceレベル)

③脊椎外傷

④重度四肢再建

 (マイクロサージャリーetc)

⑤後遺障害再建

 (各subspecialty: 膝・手・足 etc)


3

機能再建型外傷センターの

既存救命救急センターとの関係

多発外傷

(ISS 20>)

重度四肢外傷・その他

重度多発外傷

(ISS 20<)

既存救命救急

センター

機能再建型

外傷センター


3

機能再建型外傷センターの開設

2007年4月~札幌徳洲会病院

2008年4月~札幌東徳洲会病院


3

札幌医大救急部から札幌徳州会、そして札幌東徳洲会へ


3

機能再建型外傷センターの検証

①外傷整形外科医による24時間体制はできているか?

⇒yes

②救急医による外傷初期治療 ⇒ yesor no

③脳外科医、一般外科医、麻酔科医のon-call体制

⇒yesor no

④24時間緊急手術対応 ⇒no

⑤画像、血液検査部門 ⇒yes

⑥ICU医によるICU管理 ⇒no

⑦リハビリテーション専用施設 ⇒no

⑧外傷PT,OT ⇒yes


3

我々の機能再建型外傷センターは

①重症多発外傷には対応不可能である

②中等症多発外傷(ISS 20>)には対応可能である

③重度四肢外傷には対応可能である


3

まとめ

①日本におけるもっとも理想的な外傷医療体制は「救命救急センター」と「外傷チーム」のコラボレーションであるが、その実現は困難である

②我々が構築した「機能再建型外傷センター」は未だ整形外科外傷治療の域を脱していない


  • Login