新型インフルエンザ
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 42

新型インフルエンザ  感染状況・対策について PowerPoint PPT Presentation


  • 82 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

新型インフルエンザ  感染状況・対策について. 在タイ日本大使館 医務官 三宅喜代子 2009年10月16日.  本日の内容. インフルエンザウイルスについて 新型インフルエンザとは   ・新型インフルエンザの感染状況   ・症状、検査、治療、対策 新型インフルエンザワクチンについて 今後は?. インフルエンザウイルス 内部タンパクの違いにより3種類に分類 RNA遺伝子、自己増殖できず、他の動物の細胞(宿主)に寄生して増殖. ウイルスごとに宿主特異 性と臓器特異性がある。 A型インフルエンザ   144種の亜型   自然宿主が多い B型インフルエンザ

Download Presentation

新型インフルエンザ  感染状況・対策について

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4302484

新型インフルエンザ 感染状況・対策について

在タイ日本大使館

医務官 三宅喜代子

2009年10月16日


4302484

 本日の内容

  • インフルエンザウイルスについて

  • 新型インフルエンザとは

      ・新型インフルエンザの感染状況

      ・症状、検査、治療、対策

  • 新型インフルエンザワクチンについて

  • 今後は?


4302484

インフルエンザウイルス内部タンパクの違いにより3種類に分類RNA遺伝子、自己増殖できず、他の動物の細胞(宿主)に寄生して増殖

  • ウイルスごとに宿主特異

  • 性と臓器特異性がある。

  • A型インフルエンザ

  •   144種の亜型

  •   自然宿主が多い

  • B型インフルエンザ

  •   亜型なし

  •   自然宿主はヒトのみ

  • C型インフルエンザ

  •   かぜのウイルスの1種

  • ヒトのみ

A型インフルエンザウイルス 

80-120nm (1933年発見)


4302484

A型インフルエンザウイルスの構造

赤血球凝集素   (Hemagglutinin)  : H1~H16

ノイラミニダーゼ (Neuraminidase)  : N1~N9

◎RNA遺伝子の複製に突然変異が起こりやすい。→流行を繰り返す。


4302484

 A型インフルエンザウイルスの 呼吸器細胞への侵入・増殖

(ヘマグルチニン)

(ノイラミニダーゼ)

★ 1個の細胞→8時間後10個のウイルス増殖→16時間後1万個→24時間後100万個


4302484

A型インフルエンザの自然宿主(人畜共通感染症)

カモ


4302484

  新型インフルエンザとは?

  • 鳥や豚由来のインフルエンザウイルスが、

       →ヒトの世界に侵入し、ヒトーヒト間の効率よい伝

    播力を獲得する。 

  • 人類は新しい型のウイルスに免疫力を持たないので、

       →全世界を巻き込む大流行(パンデミック)となる。

       →免疫がないので重症化(死亡)する可能性あり。

大きな健康被害が発生し、

2次的に社会活動・社会機能の停滞、低下


4302484

20世紀の新型インフルエンザ流行

1918 - 1919

1957 - 1963 “Asian Flu”

1968 – 1970 “Hong Kong Flu”

“Spanish Flu”

全世界で6億人罹患、4-5000万人死亡

全世界で

全世界で

1-200万人死亡

100万人死亡

H1N1

H2N2

H3N2

日本では14万人

罹患、2000人死亡

日本では2300万人

罹患、38万人死亡

日本では100万人

罹患、7700人死亡


4302484

  季節性インフルエンザ

  • 1968年以来H2N2アジア型は消え、H3N2香港型および1977年以来H1N1ソ連型が季節性インフルエンザとして世界各地で流行している。

  • 08-09年シーズンに日本で流行した型

         H1N1 ソ連型  49%

         H3N2 香港型  37%

         B型         14%

  • 毎年世界で25~50万人死亡

        米国 3~3万6千人/年 死亡

        日本 1万人/年 死亡(直接死因では数百)

  • 致死率 0.1% (スペイン風邪 2%)


4302484

 豚インフルエンザの状況

  • 豚では現在H1N1、H1N2、H3N2が流行し、北米では30%の豚がH1N1に感染している。

  • 豚では発熱、鼻水、咳などの上気道感染症状を呈するが、インフルエンザにかかってもほとんど死なない。

  • 豚では古典的豚系統、鳥型豚系統、人系統の2つ又は3つの遺伝的起源を持つ遺伝子再集合(reassortant)ウイルスが流行を繰り返している。

  • 米国では2005-09年4月まで12人の豚インフルエンザの人への感染例が報告され、タイでも2005年に1例報告されたが、いずれも豚と直接の接触歴があった。


4302484

新型インフルエンザ発生の発端

  • メキシコで3月中旬よりインフルエンザ感染が増加、若いに強く感染、中年に死亡者多いなど季節性インフルエンザと相違点あり、カナダに検体を送って検査。

  • 3月30日米国カリフォルニア州で10才男児がA型インフルエンザに感染、偶然モニターで季節性インフルエンザが否定され、4月14日CDCで豚型H1N1と診断。

  • 4月23日メキシコで豚型インフルエンザの流行と発表。

  • 4月24日WHOは国際公衆保健上の緊急事態を宣言。

  • 4月27日WHOはフェーズ4を宣言。


Novel swine origin influenza virus influenza a h1n1 2009

   新型(豚)インフルエンザウイルスNovel (Swine-origin) Influenza VirusInfluenza A (H1N1) 2009

  • 4種類の再集合遺伝子(Reassortant)

     1.北米型豚由来インフルエンザ遺伝子

     2.ユーラシア型豚由来インフルエンザ遺伝子

     3.北米型鳥インフルエンザ遺伝子

     4.人インフルエンザ遺伝子

  • 米国で新たに確定されたウイルスとメキシコで流行しているウイルスは同じものと確認された。


4302484

  世界の新型インフルエンザ     感染状況WHO2009年10月4日

✶ 全例報告の義務なく、実際の感染者数はこれを大幅に上回る。


4302484

各国の新型インフルエンザ感染状況                   2009年10月13日  感染症広域情報より                         165ヵ国2地域で感染確認

✶ 実際の感染者数はこれを大幅に上回る。


4302484

世界の新型・季節性インフルエンザの状況 CDC


4302484

米国のインフルエンザ感染状況


4302484

日本の新型インフルエンザ流行状況         2009年第40週(9月28日~10月4日)    インフルエンザ流行レベルマップ     感染症情報センター


4302484

タイの新型インフルエンザ確定例 タイ保健省 2009年8月19日発表


4302484

タイの新型インフルエンザ感染状況                             タイ保健省

  • 10月10日まで感染確定者 27,639例

  • 感染率 10万人に40.70

  • 死亡例 170例

  •  主な都市の感染率

  •   バンコク    70.83

  •   チョンブリ   35.74

  •   ノンタブリ   72.96

  •   パトゥムタニ  59.94

  •   チェンマイ  123.81

  •   コンケン    59.79

  •   ウドンタニ   56.23

  •   プーケット   86.85

年代別感染者割合(8月20日)

   1才から 5才: 9.5%

   6才から10才:17.6%

  11才から20才:42.0%

  21才から30才:13.4%

  31才から40才: 6.7%

  41才から50才: 4.8%

  51才から60才: 3.1%

  61才以上    : 1.6%


4302484

      タイの各県別  新型インフルエンザ感染 タイ保健省

第40週

第39週


4302484

タイの新型インフルエンザ及びILI(インフルエンザ様疾患)増加傾向タイ保健省

23県でデータなし

13県で不完全

32県で変化なし

4県で減少

4県で増加(サコンナコン、

スパンブリ、ナコンナヨック、

チャチュンサオ)


4302484

タイの季節性インフルエンザ数タイ保健省


4302484

新型インフルエンザ対策のタイと日本の比較


4302484

発熱     94%

咳      92%

咽頭痛    66%

鼻汁・鼻閉 60%

下痢・嘔吐 25%

4才以下    8%

5-9才    12%

10-18才  40%

19-50才  35%

51才以上   5%

新型インフルエンザの症状

典型的な場合は突然の38℃以上の発熱に咳・鼻水など

の呼吸器症状を伴って発症するが、軽症の例も多い。

下痢・嘔吐を伴うこともある。

急速に重症化することもあるので注意を要する。


4302484

新型インフルエンザの特徴

  • 若年者に感染者が多い。

  • 重症化しやすく死亡者が多いのは中年。

  • 妊婦および慢性基礎疾患をもっている感染者は合併症を引き起こしやすく重症化しやすい。

       ・気管支喘息・慢性呼吸器疾患

       ・心疾患(高血圧症は除く)・糖尿病、(肥満)

       ・免疫の低下している人(HIV・AIDSなど)

  • 季節性インフルエンザに比べ青壮年に重症肺炎になる割合が高い。


4302484

重症化のサイン CDCより

  • 小児:頻呼吸や呼吸困難、チアノーゼ、水分を取れない、ぐったりして目を覚まさない、抱かれても不穏、一時改善後再び咳を伴う発熱、発疹を伴う発熱

  • 成人:呼吸困難や息切れ、胸痛や腹痛、突然のめまい、意識障害、持続する嘔吐

上記を認めたらすぐに病院を受診すること!


4302484

 インフルエンザの感染経路

★ウイルスは発症1日前から発症後1週間、又は症状

 が消えるまで排出される。


4302484

■ 感染後のインフルエンザウイルス量と症状の変化(模式図)

症状の重症度

ウイルス量

ウイルス量と臨床症状

0

1

2

3

4

5

6

7

8 (日)

鼻腔内接種後日数

インフルエンザウイルス量と症状の経過

インフルエンザ鼻腔内接種

Oxford JS et al : Drug Discovery today 3(10)448,1998


4302484

 新型インフルエンザの診断

  • A型・B型インフルエンザ迅速診断キット検査

     (綿棒で鼻腔粘液や咽頭粘液を拭って取る簡単な検査で結果は1時間以内で出る。)

      新型インフルエンザはA型陽性

         特異性:90% 感受性:10~70%

  • 新型インフルエンザの確定診断には遺伝子検査(PCR)などのもっと詳しい検査が必要となる。

     PCR検査で人型H1N1、H3N2、H5N1、新型

     H1N1の確定診断がなされる。


4302484

 抗インフルエンザウイルス薬  (ノイラミニダーゼ阻害薬)        ウイルスの増殖を抑える薬

  • タミフル(Oseltamivir)

       1回1錠(75mg) 1日2回 5日間内服

       副作用:消化器症状、頭痛、めまいなど

       発症後48時間以内に開始すると有効

       但し症状の重い患者には遅くとも使う。

       予防には1回1錠(75mg)、1日1回、10日間

       服用中のみ予防効果あり。

  • リレンザ(Zanamivir)

       1回2吸入、1日2回、5日間(但し5才以上)

◎軽症の場合は服用する必要はないが、症状が著明な場合は服用すると早く

 改善し、重症化を予防できる可能性がある。


4302484

抗インフルエンザ薬耐性ウイルスCDC


4302484

インフルエンザワクチンの種類

  • 不活化ワクチン(Inactivated vaccine)

    subunit(ウイルスの表面成分のみ)

    split(ウイルスの表面と内部の成分)

    whole(ウイルス全体)

    ✶免疫補助剤(アジュバント)・添加物の有無  

  • 弱毒生ワクチン(Attenuated live-vaccine)

      鼻に噴霧、1種類のウイルスのみ、大量

      生産が容易、妊婦や免疫不全者には禁忌


4302484

 季節性インフルエンザワクチン(毎年流行する株が違うため、WHOは翌年の流行を推測して北半球用及び南半球用ワクチン株を推奨し製造されている。)

○2007/2008冬シーズン推奨

     A/Solomon Islands(ソロモン諸島)/3/2006(H1N1)  A/Hiroshima(広島)/52/2005(H3N2)  B/Malaysia(マレーシア)/2506/2004

○2008/2009冬シーズン推奨

     A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)     A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2)     B/Florida(フロリダ)/4/2006

○2009/2010冬シーズン推奨

A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007 (H1N1)A/Brisbane(ブリスベン)/10/2007 (H3N2)B/Brisbane(ブリスベン)/60/2008

★季節性インフルエンザのH1N1は抗原性が違うため新型インフルエンザ

  H1N1の予防にはならない。

★毎年流行するウイルス株が違うため季節性インフルエンザワクチン接種を

  していてインフルエンザにかかることがある。


4302484

ワクチン接種の基本方針厚生労働省 2009年10月1日


4302484

厚生労働省 2009年10月1日


4302484

任意接種・有料である。

稀ではあるが重篤な副作用が起こりうる。

厚生労働省 2009年10月1日


4302484

厚生労働省 2009年10月1日


4302484

  今後どうなるか?

  • 冬に再び第2波の流行が起こる?

  • 重症者・死亡者が増える?

  • 第2波の流行の方が大きい可能性あり?

  • ウイルスの変異が起こる?

  • タミフル耐性ウイルスが増える?

  • 鳥インフルエンザH5N1(高病原性)の人感染例が増えて大流行する脅威が今後まだあるので注意が必要である。

  • 大事なのはパニックにならず冷静に判断・対処すること!


4302484

新型インフルエンザの      感染予防対策

  • 手洗いとうがいの習慣化

  • 咳エチケットの習得、必要に応じてマスク

  • 体調管理に留意する(バランスのよい食事・十分な休養・睡眠など)→免疫力を高める

  • 最新情報の入手に努める

  • 食料、水(2週間分)およびマスクなどの備蓄

  • 季節性インフルエンザワクチンの接種

     (なおタイでは当面新型インフルエンザワクチン接種は難しい。)


4302484

今後企業に必要な対応・留意点

事業継続計画の見直し

  •  感染症の毒性および発生場所(タイ、隣

      国、遠くの国)などから退避可能時間や

      退避の是非とタイミングを考える。

  •  タイ保健省ガイドラインに基づくタミフル

      備蓄のお勧め(日本大使館HP参照のこと)

    ◎新型インフルエンザワクチン接種は滞在国の当局の方針に従って受けることになる。


  • Login