修学旅行で学んだこと
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 2

修学旅行で学んだこと PowerPoint PPT Presentation


  • 85 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

修学旅行で学んだこと. ・命の大切さ 原爆の爆心地から、1キロメートル以内で、直接放射線を受けた人は、ほぼ亡くなりました。 約14万人 < 誤差1万人 > 一瞬にして、この人数の人が亡くなったのでいのちは大切にしないといけないと思いました。また原爆や、戦争によって平和も乱されたので平和も大事にしないといけないと思いました。. 調べたことや思ったこと. ・放射線障害 ひばく者の髪の毛 がぬけたり 、血便に悩まされたのは、毛根の細胞組織が、おかされたり、胃や腸の粘膜細胞が再生能力を失ったためです。 また、それらの人は、10日以内にほとんど死亡しました。

Download Presentation

修学旅行で学んだこと

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


5563123

修学旅行で学んだこと

・命の大切さ

原爆の爆心地から、1キロメートル以内で、直接放射線を受けた人は、ほぼ亡くなりました。

約14万人<誤差1万人>

一瞬にして、この人数の人が亡くなったのでいのちは大切にしないといけないと思いました。また原爆や、戦争によって平和も乱されたので平和も大事にしないといけないと思いました。

調べたことや思ったこと

・放射線障害

ひばく者の髪の毛がぬけたり、血便に悩まされたのは、毛根の細胞組織が、おかされたり、胃や腸の粘膜細胞が再生能力を失ったためです。

また、それらの人は、10日以内にほとんど死亡しました。

爆心地から1キロメートル以内で直接放射線障害を受けた人は、ほぼ亡くなりました。

・ケロイド

火傷や怪我が治るとき、傷口の組織が、異常に増殖して皮膚の表面がカニの甲羅と足を張り付けたようにもりあがってくるのをいいます。(放射線が関係している。)

原爆被害者は、体に受けた傷を負いながら生きなければなりませんでした。


5563123

(思ったこと)

戦争のある時に生まれて、食べるものもなく、戦争の被害を受けとてもかわいそうだと思いました。

また、戦争が起こらなければ、こんな病気にもかかわらずに平和に暮らしていられたのに戦争は本当にひどいと思いました。

戦争が起こると親族の方も悲しまないといけないから、戦争のない平和な世の中にしないといけないと思いました。

広島に行って、あらためて戦争の恐ろしさを実感しました。

それと同時にもう絶対に戦争を起こしちゃいけないという気持ちになりました。

平和な世の中になるために(提案、自分の決意)

平和な世の中にするために僕たちができること

・もう、戦争を起こさないように、戦争の恐ろしさを

伝える。また、戦争を起こさないように呼びかける

決意

・自分たちで争いを起こさないこと、いじめをしないこと、けんかをしないこと、差別をしないこと。(例えば悪口を言っているひとがいれば注意する。自分からも言わないようにする)

この学習をいかしてこれから友達と助けあったり、協力しあって、学校生活をおくる。


  • Login