クリアリングハウスの実現と展望
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 13

クリアリングハウスの実現と展望 -検索から共用へ- PowerPoint PPT Presentation


  • 67 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

クリアリングハウスの実現と展望 -検索から共用へ-. 太田守重 国際航業株式会社 [email protected] はじめに. この資料は、第 6 回 OOGIS ワークショップで行われたパネルディスカッションについて、 1.問題提起(太田) 2.参加者(貞広、仲谷、中井)の発言内容 3.討論内容 を、司会者の立場でまとめたものである。                          (文責:太田). 参加者. 貞広幸雄(東京大学空間情報科学研究センター ) 中井章文( NTT データ) 仲谷武志(インターネット GIS) 太田守重(国際航業) 司会.

Download Presentation

クリアリングハウスの実現と展望 -検索から共用へ-

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3524100

クリアリングハウスの実現と展望-検索から共用へ-

太田守重

国際航業株式会社

[email protected]


3524100

はじめに

この資料は、第6回OOGISワークショップで行われたパネルディスカッションについて、

1.問題提起(太田)

2.参加者(貞広、仲谷、中井)の発言内容

3.討論内容

を、司会者の立場でまとめたものである。

                         (文責:太田)


3524100

参加者

  • 貞広幸雄(東京大学空間情報科学研究センター)

  • 中井章文(NTTデータ)

  • 仲谷武志(インターネットGIS)

  • 太田守重(国際航業) 司会


3524100

現在のメタデータ標準

  • 世界ISO/TC211Final draft for DIS

  • 欧州CEN/TC287CEN ENV 12657

  • 米国FGDCCSGDM

  • 日本GIS関係省庁連絡会議JMP1.1a


3524100

現在のC/H

  • 表示ソフト汎用ブラウザ(IE,Netscape,etc.)

  • 検索空間範囲、キーワード、責任者, etc.

  • 伝送データ形式 XML,HTMP、etc.

  • 伝送プロトコルISO23950(Z39.50), HTTP

  • 情報メタデータ

    (フリーな情報をダウンロードできる場合もある)


3524100

当面の課題

C/H連携

GI-C/H間の連携

他分野との連携(Dublin Core)

C/HからD/Hへの進化

EDI

電子商取引


3524100

その先

交換データのミクロ化

データセットからオブジェクトへ

メタデータの階層化

データセットシリーズ

データセット

オブジェクト

属性


3524100

パネル討論(1)

貞広:大学の立場から

1.実データの多様性を考え、メタデータは分野や地域の特性に応じたカスタマイズが可能になるべき。

2.同時にメンテナンスの容易性を確保し、メタデータをつくる契機とすべきである。

3.今後は空間モデルの共通化を基礎とし、分析ツールやパッケージの共有化が進められるべきである。


3524100

パネル討論(2)

仲谷:プロバイダーの立場から

1.ユーザにやさしいC/Hを目指すべきである。そのためにはユーザの種類による木目の細かい対応が必要となる。

2.ニーズに合わせて常時メンテナンスし、データの再分類、再整理が必要である。

3.データはユーザの好みに合わせて、複数ブランドのデータを組み合わせた提供が求められる


3524100

パネル討論(3)

中井:システム開発者の立場から

1.民間市場において、メタデータを使うためには、JMPでも未だ複雑すぎる。

2.ユースケース別の対応を考え、地物型、地理的範囲、主題別のメタデータがあってもよい。

3.メタデータから地理情報ではなく、地理情報からメタデータを検索するという方向性もある。


3524100

データの多様性について

データの多様性を考えると、分野別に今後様々な種類のメタデータ標準ができる。これらを統合することは困難であり、むしろ、最低限の共通化を考えるべきである。これを行うためには、例えばDoublin Coreなどが参考になる。


3524100

メタデータと実データの関係

メタデータはデータ集合に対して作られるという意識が強いが、今後は地物や属性に対して説明情報が付加される可能性もある。特に重要な(付加価値の高い)データについてはメタデータ作成のコストを惜しむべきではない、という考え方もある。


3524100

サービスの今後

C/H→データウェアハウスという方向性は既に見えているが、今後は、データとその操作をセットにしたオブジェクトをユーザに提供するサービスが増加すると考えられる。データと操作をセットにすることによって、その間のインタフェースを簡略化することも可能になる。


  • Login