アルゼンチン経済
Sponsored Links
This presentation is the property of its rightful owner.
1 / 29

アルゼンチン経済   ~現状と今後の課題~ PowerPoint PPT Presentation


  • 43 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

アルゼンチン経済   ~現状と今後の課題~. 2009 年 3 月 18 日 ジェトロ・ブエノスアイレス事務所長 設楽 隆裕. アルゼンチン概況. 1.国土と人口 【 国土 】376 万平方 km (南極・島部含む)       南米大陸分は 279 万平方 km (フ       ォークランド諸島含む)   ⇒大陸分は日本の 7.5 倍 【 人口 】3,626 万人( 01 年センサス値)   ⇒日本の 3 分の 1    主要州別( 23 州 + 首都)   ブエノスアイレス市(連邦首都) 278 万人   ブエノスアイレス州       1,383 万人

Download Presentation

アルゼンチン経済   ~現状と今後の課題~

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


アルゼンチン経済  ~現状と今後の課題~

2009年3月18日

ジェトロ・ブエノスアイレス事務所長

設楽 隆裕

ジェトロ


アルゼンチン概況

1.国土と人口

【国土】376万平方km(南極・島部含む)

      南米大陸分は279万平方km(フ

      ォークランド諸島含む)

  ⇒大陸分は日本の7.5倍

【人口】3,626万人(01年センサス値)

  ⇒日本の3分の1

   主要州別(23州+首都)

  ブエノスアイレス市(連邦首都)278万人

  ブエノスアイレス州      1,383万人

  コルドバ州             307万人

  サンタフェ州 300万人

  メンドーサ州 158万人

  ツクマン州 134万人

  平均寿命 73.8歳(男70.0、女77.5)

  出生率 18.2% 死亡率7.6%

識字率 97.2%

ジェトロ


アルゼンチン人

  • 地域に馴染めない移民気質(9割が欧州からの移民)

  • 自己中心的(デモ運動やストライキ)

  • 庶民の政府に対する高い依頼心(ペロン時代からの悪習)

  • CS概念の欠落(殿様家業)

  • 飢えないという不幸(ハングリー精神に欠ける)

    (対日感情)

  • 良好な対日感情(在亜日系社会の功績)

ジェトロ


政治概況

1.政体: 大統領制 任期4年(再選1回可能)

       大統領 クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル

       副大統領 フリオ・セサル・コボス

2.行政: 1大統領府、1首相府、12省

       首相 セルヒオ・マッサ(08年7月就任)

       外務大臣 ホルヘ・タイアナ(07年12月就任)

連邦計画・公共投資・サービス大臣 フリオ・デ・ビド(07年12       月就任)

       経済公共財務大臣 カルロス・ラファエル・フェルナンデス(08

       年3月就任)

       生産大臣 デボラ・ジョルジ(08年11月就任)

3.議会: 2院制

       上院 72名(各州3名) 与党47 野党25

       下院 257名(州人口比例代表制) 与党148 野党109

4.主要政党: 与党⇒正義党(ペロン党)

          野党⇒同盟急進党、PRO、その他州の政党

07年12月交代

ジェトロ


(注)GDP成長率の2006年は暫定推定値。黒字比率は,全回答に占める黒字と答えた企業の比率。2007年実績は未回答

GDP成長率の出所は国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC)

近年のアルゼンチンの経済成長

08年第4四半期7.0%

(暫定値)

ジェトロ


キルチネルの経済政策

パリクラブや

民間債務問題

資金調達難

安定財政

輸出税(5~35%)

対穀物類の段階的引上げ

鉱物投資保護法の反故

対石油関連製品の引上げ

対バイオ燃料の引上げ等

新規投資の足かせ

国債発行

物価指数連動型

エネルギー不足

更なる成長の妨げ

為替切下げ(輸出促進)

インフレ抑制の必要性

労働者優遇の労賃高騰

(内需の活性化)

補助金による補填

価格統制政策

ジェトロ


ネストル・キルチネル政権の功績

ジェトロ


1年目のフェルナンデス政権

ジェトロ


アルゼンチンの主要国・地域別輸出入

単位:100万ドル、%

出所:INDEC

*マナウス・フリーゾーンは含まない

ジェトロ


日本との貿易関係(対日輸出)

単位:100万ドル、%

出所:INDEC

ジェトロ


日本との貿易関係(対日輸入)

単位:100万ドル

出所:INDEC

ジェトロ


対アルゼンチン投資(分野別)

単位:100万ドル、%

出所:CEP

ジェトロ


米国発金融危機の影響

1.農産物などのコモディティーの相場の下落

  ⇒輸出減少⇒税収減⇒補助金政策の見直し⇒生活コストの上昇

2.資本流出

  ⇒外貨準備高頼り(外貨準備高の減少)

3.内需の低迷

  ⇒経済活性化対策(年金基金の国有化)、国内産業保護の動き(輸入許可制度やアンチダンピング制度の導入)

4.投資計画の凍結・延期

⇒失業率の上昇、雇用不安⇒支持率低下(中間選挙の前倒し案)

ジェトロ


アルゼンチン自動車市場

10月以降は前年同月比で減少に転じている。

消費活性化対策

経済対策計画(約39億ドル)のうち約9億ドルが自動車産業に充てられる。

主に政府が指定するモデル(新車)の国産およびメルコスール域内産乗用車、ないしは商用車の購入のための低利融資制度に活用される。

2008年

  • 生産台数: 597,086台

  • 販売台数: 611,770台

  • 国産販売: 238,465台

  • 輸出台数: 351,092台

  • 輸入台数: 333,235台

伯亜自動車協定

延期し続けている。現在の均衡係数、亜⇒伯(2.50%)と伯⇒亜(1.95%)は2014年まで継続される。

部品

2013年7月~自由化

完成車

2014年7月~完全自由化

ジェトロ


アルゼンチン二輪車市場

2007年

  • 販売台数: 680,707台

  • 現地生産: 225,397台(CKD含む)

  • 輸入割合: 完成車67%、CKD26%

  • メーカー:  19社

  • 日系企業シェア: ホンダ(17%)、ヤマハ(5%)

国内部品を購入割合に応じて国内税(所得税除く)を支払いに充てられる租税債券を発行

法律26.457号

(08年12月施行)

(現地調達率)

1年目⇒55%

2年目⇒60%

3年目⇒65%

4年目⇒70%

認可されたプロジェクトは、最初の5年間で・・

(メルコスール域外関税支払額の割引の恩恵を受ける)

国内生産向部品⇒-60%

CKD & SKD   ⇒-40%

完成車      ⇒-20%

更に・・・

達成すると・・・

課題は・・

亜国内の部品不足

ジェトロ


課題①:公的債務問題(パリクラブ)

76~77億ドル

(延滞金14億ドル、懲罰金3~4億ドル含む)

債務総額: 1,457億ドル

ジェトロ


課題②:一方的な賃上げの是正

2001年の水準を100とし、各年12月末時点での給与指数の前年同月比で見た増減率(民間正規雇用分)

最低賃金は、03年の200ペソから08年の1,240ペソに引き上げられる

暗黙の了解の水準 16.5%

政府と労働者の合意 19.5%

20%?

23-28%?

2009年

ジェトロ


課題③:国内不祥事の改善

1.度重なる経済担当大臣の交代

①ラバーニャ経済相(03年~05年11月)⇒キルチネル大統領との対立で更迭

    ②ミチェリ経済相(05年12月~07年7月)⇒収賄容疑で辞任

    ③ペイラーノ経済相(07年8月~07年11月⇒政権交代で入閣せず

    ④ルストゥ経済相(07年12月~08年3月)⇒フェルナンデス大統領との対立で辞任

    ⑤フェルナンデス経済相(08年3月~)

 ⇒閣僚の汚職、経済相不在の経済政策

2.マクロ数字の政府操作疑惑

    国家統計センサス局(INDEC)の内部告発で、政府による物価上昇指数、消費者

    物価指数、失業率、貧困率などの各種統計値に操作が疑惑が生じる。

⇒内外からの、政策全般への不信感

3.国内産業との長期対立

08年3月の穀物類に対する輸出税の引上げ(相場変動型)に農家が反発。流通

    の妨害活動、首都抗議(カセロラッソ)などが発生する。

   ⇒内外からの信用失墜、大統領支持率低下、財政悪化、金融不安

ジェトロ


02年~06年

農産業セクター

全輸出額の5割以上を占める(外貨獲得の主役)

【亜政府】

通貨切下げ政策で輸出を後押し

02年に高率輸出税が穀物類に対して導入される(当時10%)

【亜政府】

経済の回復⇒インフレ進行⇒国内食品価格の抑制のため輸出税引上げ

輸出許可の停止などの措置も・・・

2007年

【亜政府】

1.価格統制のための補助金

2.年金上積みによる(選挙対策)

11月に穀物類の輸出税を引き上げ(5~8.5%)

12月10日

フェルナンデス政権

誕生

農家が大反発!

道路封鎖デモ

世論は農業の味方

2008年

穀物輸出の停止

穀物類の輸出税を相場連動型の変動制に改定(決議125)

上院議会で否決!

造反者続出

副大統領が反対票

金融不安

対外信用の失墜

大統領支持率低下

2009年

トウモロコシと小麦の輸出税を5%引き下げ⇒増産意欲の向上を狙う(収益は相場次第のためさほどのインセンティブにはならない)。農家は大豆の輸出税の引き下げも求めており、話し合いは平行線を辿っている。08/09シーズンは旱魃による大幅な生産量の落ち込みも見込まれている。

農業セクターとの対立問題

ジェトロ


課題④:国際問題の解決

1.世界銀行の投資論争調整国際本部(ICSID)

⇒2008年レポートでの未解決案件数は34件に至っている。

   ホールドアウトの債権者問題、価格統制によって被害を被っ   た企業などからの訴え。アルゼンチン航空の国有化問題も    含まれる。

2.IMF協定第4条の受入れ拒否

  ⇒独自の経済政策を推し進めるために同基金の一切の介入    を受け入れない。

3.対ウルグアイ国境封鎖問題

⇒ウルグアイのフライベントス市に進出した製紙会社のボツニ   ア社の排水に対して、対岸のグアレグアイチュ市が抗議し、    両市の間を通る橋の封鎖を行っている。

ジェトロ


課題⑤:エネルギー不足問題の抜本的な解決

実際は旱魃による水不足などもあり、供給が追いつかず・・・

①チリへのガスの輸出制限

②ボリビアからのガス輸入

③ブラジルからの電力輸入

④ベネズエラからのFuel Oil輸入

⑤産業界への計画停電(使用制限)

などで、不足分を賄っている。

需要は03年~07年の5年間で、平均6.5%増加しているが・・・

-15%

250万㎥(90年)

     ↓

488万㎥(99年)

415万㎥(07年)

石油埋蔵資源

価格統制が新規開発の足かせに・・・

ガス埋蔵資源

-43%

579万㎥(90年)

     ↓

777万㎥(00年)

441万㎥(07年)

近年の新規ガス田、油田の探索件数は、93年~95年の138件をピークに、08年は39件と激減している。政府は昨年、産業向け電気代の2度目の値上げを行い、据え置いていた家庭向けも値上げることになった。

ジェトロ


アルゼンチン経(K)済政策におけるキーパーソン

右腕

モレーノ国内商務長官

キルチネル前大統領

デビド

連邦計画公共投資サービス相

政策踏襲

元?番犬

協力関係

モジャーノ

労働総(CGT)連総長

フェルナンデス

経済相

マッサ 首相

ルイス・デエリア

貧民・失業者代表

フェルナンデス大統領

ジェトロ


それでもある・・・アルゼンチン市場の魅力

1.資源大国(大豆などの穀物、農産物)

2.高い購買力、教育水準、生活の質

3.新規分野のビジネスチャンス

ジェトロ


1.資源大国としてのアルゼンチン

1.アルゼンチンの作付け土地面積は約2,900万ha

2.肥沃な土地と高い競争力を持つ産業によって、アルゼンチンは:

①世界一のヒマワリ油の生産国および輸出国

   ②大豆油の世界一の輸出国および世界三位の生産国

   ③ハチミツの世界一の輸出国および世界三位の生産国

   ④世界一の馬肉の輸出国

   ⑤世界一の梨の輸出国

   ⑥世界二位のピーナッツ油の輸出国

   ⑦世界三位の牛肉生産国

   ⑧世界三位の大豆生産国

   ⑨レモンの世界三位の生産国および世界一の輸出国

   ⑩世界五位のワイン生産国(15億リットル)

ジェトロ


2.中南米における優位性①(高い購買力 2007)

出所:IMF

ジェトロ


2.中南米における優位性②(高い教育水準 2006)

出所:UNESCO

ジェトロ


2.中南米における優位性③(Life Quality 2007)

Life Qualityランキング

1.フランス

2.オーストラリア

3.オランダ

4.ニュージーランド

5.アメリカ合衆国

6.スイス

7.デンマーク

8.イタリア

9.ルクセンブルグ

10.アルゼンチン

出所:International Living

ジェトロ


3.新規分野のビジネスチャンス

1.バイオ燃料ビジネス

  「バイオ燃料利用促進方」⇒2010年までにディーゼル油、ガソリンの  中のバイオ燃料(ディーゼル・エタノール)含有率を5%にする。

  国内消費の少ない大豆油を用いてバイオディーゼルの生産事業へ  の投資が相次いでいるが、殆どが輸出向け(輸出税率が5%と低かっ  たため。現在は20%まで上がっている)。

2.鉱業ビジネス

  開発可能面積が75万平方kmあり、その75%が未開発。チリ、ボリビ アとの境界(アンデス山脈沿い)に既存プロジェクトが集中している(銅、 鉛、亜鉛、金、銀、リチウム、その他非金属鉱物)。

3.国内インフラ整備ビジネス

  鉄道インフラ、首都圏地下鉄網、河川流通浚渫工事

ジェトロ


ジェトロ・ブエノスアイレス事務所

住所:Avenida del Libertador 498, 29F

TEL:+54-11-4327-2399

FAX:+54-11-4327-2708

E-Mail:[email protected]

ジェトロ


  • Login