キンメダイの卵から仔魚期における分散過程
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 1

キンメダイの卵から仔魚期における分散過程 Dispersion/transportation of alfonsino, Beryx splendens , eggs and larvae PowerPoint PPT Presentation


  • 50 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

キンメダイの卵から仔魚期における分散過程 Dispersion/transportation of alfonsino, Beryx splendens , eggs and larvae 堀井善弘(都水試大島)・荒 高弘・小西雅人・田中祐志(東水大). B stage. 1 mm. C stage. 【 目 的 】  キンメダイ Beryx splendens の 卵稚仔は採集例が少なく、そ の初期生態は、ほとんど解明 されていない。そこで、キンメダ イ卵仔魚の分布特性を把握す るとともに、卵~仔魚の比重を 測定し、分散過程について検 討した。.

Download Presentation

キンメダイの卵から仔魚期における分散過程 Dispersion/transportation of alfonsino, Beryx splendens , eggs and larvae

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Dispersion transportation of alfonsino beryx splendens eggs and larvae

キンメダイの卵から仔魚期における分散過程

Dispersion/transportation of alfonsino, Beryx splendens, eggs and larvae

堀井善弘(都水試大島)・荒 高弘・小西雅人・田中祐志(東水大)

B stage

1 mm

C stage

【目 的】

 キンメダイ Beryx splendensの

卵稚仔は採集例が少なく、そ

の初期生態は、ほとんど解明

されていない。そこで、キンメダ

イ卵仔魚の分布特性を把握す

るとともに、卵~仔魚の比重を

測定し、分散過程について検

討した。

キンメダイ卵仔魚の比重変化

 遊泳力のないキンメダイ卵仔魚の受動的な分散過

程を把握するために、密度成層水柱を用いて、卵~

後期仔魚の比重を測定した。

写真1 キンメダイ未成魚

st

1.005

1.010

写真2

キンメダイ卵

1.015

Specific gravity

1.020

Depth(m)

キンメダイ卵仔魚の発生段階別分布特性

1.025

Tokyo

 伊豆諸島黒瀬海域において、

MTDネットを深度100m・200m・

300mおよび密度躍層の4層を

同時に曳網し、卵の鉛直分布

を把握した。

1.030

Boso-

Pen.

28

29

30

31

1

2

Aug.

Sep.

35°N

Oshima

図3 C期卵~後期仔魚期

の比重変化

図4 黒瀬海域におけるCTD

プロファイルと前期仔魚

の比重分布

Miyakejima

34°

Kurose Bank

 卵~仔魚期の比重測定の結果から以下のことが明

らかになった。

・ C期卵の比重は、表層海水と比較して小さい。

・ 前期仔魚の比重は、孵化後増加傾向を示し、1日

 で深度300m前後で中立となる浮力となる。

Hachijo-jima

33°

139°

140°E

写真3 MTDネット

図1 調査海域

Egg concentration (inds./100m3)

50

100

150

200

0

キンメダイの初期生活史

Surface

Current

Hatch out

100

B and C stage

Sinking due to

negative buoyancy

Depth (m)

A stage

200

200m

Prelarvae

Spawning

300

図2 黒瀬海域におけるキンメダイ卵の発生段階別鉛直分布

Bottom

400m

MTDネットによるキンメダイ卵の鉛直分布調査により、

以下のことが明らかになった。

・ 採集した卵は、A期卵とB期後半からC期前半の卵の2

 段階に分けられた。

・ 深度 300 mで、発生段階の若いA期卵(桑実胚)を多く

 採集した。

・ 深度が浅くなるにつれて、発生が進んだB・C期卵が多

 く採集される傾向がある。

図5 MTDによる分布調査および卵稚仔の比重測定

から推定したキンメダイ初期生活史

・ 深度300m以深で卵が産出される。

・ キンメダイ卵は浮上をしながら発生を進め、表層

 まで浮上する。

・ 表層で孵化した前期仔魚は海水の比重差により

 深度300m前後まで沈降する。


  • Login