J psi heavy quark
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 14

宇宙史報告会 J/ psi μμ 事象を用いた heavy quark 生成 PowerPoint PPT Presentation


  • 55 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

宇宙史報告会 J/ psi μμ 事象を用いた heavy quark 生成. 素粒子実験研究室  M2 橋本就吾. Motivation. なぜ J/Psi 粒子?. QCD の良いテストベンチ pp  cc (J/ ψ 、 ψ (2 S)) 直接生成断面積が理論 (Color singlet model) の 50 倍     @CDF Run I ( PRL 79 (1997) 572, PRL 79 (1997) 578 ) Color octet model (NRQCD) :チャーモニウム異常生成の謎を説明

Download Presentation

宇宙史報告会 J/ psi μμ 事象を用いた heavy quark 生成

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


J psi heavy quark

宇宙史報告会J/psiμμ事象を用いたheavyquark生成

素粒子実験研究室 M2

橋本就吾

宇宙史報告会(2010/7/21)


Motivation

Motivation

なぜJ/Psi粒子?

  • QCDの良いテストベンチ

  • ppcc (J/ψ 、ψ (2S)) 直接生成断面積が理論(Color singlet model)の50倍    

  • @CDF Run I(PRL 79 (1997) 572, PRL 79 (1997) 578)

  • Color octet model (NRQCD):チャーモニウム異常生成の謎を説明

  • しかし、チャーモニウム偏極分布が予言と合わない(右下プロット)。

  • ⇒LHCだと・・・??

  • 2. B粒子物理の背景事象となる。

[email protected] II


Signal background

Signal&Background

Signal

Prompt J/psi -> MuMu

:data(period B,C),signalMC(Pythia6, ATLAS09)

(promptJ/psiの生成:NRQCD Colour Octet Mechanismを使用)

Background

・heavy flavour hadron -> pion,kaon -> muon

・fake muon

・Drell-Yan production

: Sideband of data, MC(Pythia)

(promptJ/psi prodection process is removed)

今日の発表ではデータを用いてJ/Psiを再構成しただけ(最初のステップとして)

宇宙史報告会(2010/7/21)


Selection criteria

Selection criteria

・ Look at both minbias and L1_MU0 stream

・ >1 primary vertex with 3 associated tracks

(Tracks have >1 pixel hit and >6 SCT hits)

・Select muon pairs each muon with associated ID track

・ At least one muon is combined

・Vertex quality chi2<200

・Opsite sign requirement

Same as ATLAS NOTE ”First observation of the J/psiMuMu

resonance in ATLAS pp collisions at √s=7TeV”

宇宙史報告会(2010/7/21)


Plot1

plot1

・Opsite sign requirement

・Vertex quality chi2<200 のCUT前

宇宙史報告会(2010/7/21)


Plot2

plot2

宇宙史報告会(2010/7/21)


Plot3

plot3

質量分布をガウシアン+定数でFitした(右は参考文献のプロット)

6.4nb-1

Signal:612±34

Bkg:332±9

17.7nb-1

Signal:1408

Bkg:4141

S/N比:0.34±0.1

S/N比:1.84

同じselectionならS/N比は同程度になるはず。

かけていないselectionがある??

宇宙史報告会(2010/7/21)


Summary plans

Summary&Plans

Summary

・MinBiasのデータ(pB,C :17.7nb-1相当)を用いてJ/Psi粒子を再構成し、signalとbackgroundの数を数えた。

・参考文献のS/N比と同程度にならなかった。

Plans

・上記の原因を探り、数が同程度になることを確認する。

・photon conversion を用いてχcの質量を再構成する。

 χcJ/Psi γ の寄与を求める。

(現在のntupleに全トラックの情報は入っている。)

宇宙史報告会(2010/7/21)


Backup

BACKUP

宇宙史報告会(2010/7/21)


J psi heavy quark

Plot

宇宙史報告会(2010/7/21)


J psi heavy quark

Plot

宇宙史報告会(2010/7/21)


J psi heavy quark

Plot

宇宙史報告会(2010/7/21)


J psi heavy quark

コンバージョン

コンバージョン点の定義

(松隈さん修論より)

宇宙史報告会(2010/7/21)


Atlas

ATLAS実験の現状

(7月13日Weekly run meetingslideより)

宇宙史報告会(2010/7/21)


  • Login