伸銅品製造産業戦略
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 13

平成25年5月28日 日本伸銅協会 PowerPoint PPT Presentation


  • 67 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

伸銅品製造産業戦略 アクションプラン見直しの策定 (サマリー). 平成25年5月28日 日本伸銅協会. アクションプラン策定及び その後の見直し. 1.平成18年3月   経産省非鉄金属課が「伸銅品製造産業戦略」を取り纏め . 2 . 平成19年5月   日本伸銅協会が、品種別の将来課題を行動計画とし「伸   銅品製造産業戦略アクションプラン」として取り纏める . 3 . 平成22年5月   リーマンショック後の状況変化を織込んだ見直し版を策定し、   「新・伸銅品産業戦略アクションプラン」として取り纏めた .

Download Presentation

平成25年5月28日 日本伸銅協会

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3583017

伸銅品製造産業戦略アクションプラン見直しの策定(サマリー)

平成25年5月28日

日本伸銅協会


3583017

アクションプラン策定及びその後の見直し

1.平成18年3月

  経産省非鉄金属課が「伸銅品製造産業戦略」を取り纏め.

2.平成19年5月

  日本伸銅協会が、品種別の将来課題を行動計画とし「伸

  銅品製造産業戦略アクションプラン」として取り纏める.

3.平成22年5月

  リーマンショック後の状況変化を織込んだ見直し版を策定し、

  「新・伸銅品産業戦略アクションプラン」として取り纏めた.

  追求すべき基本3分野:「環境・エネルギー」「新興国需要」

  「殺菌機能等の新たな銅需要開拓」

4.平成25年5月

  今回の見直し


3583017

今回のアクションプラン見直しのポイント

・リーマンショック期以前の伸銅品生産

  平均100万トン/年

・リーマンショック期以降  

  平均82万トン/年

⇒伸銅品の減少量△20万トンの行方・減少の要因を

 調査し、今後の回復の可能性を探る。

⇒将来に向けた課題の見直しを検討する。

△20万トン


3583017

伸銅品 生産量推移

単位千トン

1,021

964

992

リーマンショック発生20年秋

100万トン時期

80万トン時期


3583017

リーマンショック前後の

伸銅品種別生産量変化

伸銅品合計

品種別内訳

単位 千トン


3583017

伸銅品内需推移(内需生産+輸入)

単位 トン


3583017

伸銅品(板条) 生産量推移

数量 千T

円/$


3583017

伸銅品(管) 生産量推移

数量 千T


3583017

伸銅品(黄銅棒) 生産量推移

数量 千T

$


3583017

20万トン減量の主な要因


3583017

減少20万トンの回復の見込み(総括表)


3583017

伸銅業の今後の取組み課題

1.新規需要の開拓と高機能・高品質の追求

  ・内外の需要家への良質な継続的な伸銅品提供

2.伸銅品のコスト引き下げとボリュームゾーンの追求

  ・量的拡大が見込まれる新興国需要(汎用品質)には、

   コストダウンを図ることによる追求を検討

3.基本3分野の継続追求

  ・環境・エネルギー:電気自動車・ハイブリッド・

            スマートグリッド

  ・成長する新興国:チャイナプラスワン等

  ・殺菌効果等の新たな銅需要の開拓  


3583017

品種別の取組み課題

1.板条製品

  ・半導体分野の数量回復への取組み

  ・端子コネクターの継続的な高機能素材の開発

  ・開発した高機能な技術の共有化

2.銅管

  ・高機能エアコンに特化した高性能銅管の追求

  ・新冷媒への対応

  ・JIS化後の高強度銅管の拡大

  ・アルミ製熱交の動向把握

3.黄銅棒

  ・黄銅棒の高機能製品の提供 

  ・戦略的な素材の標準化

  ・リサイクル材の分別技術の構築

4.青銅・洋白その他

  ・共通の技術データの整備

  ・新たな需要分野の開拓と技術開発の共同追求


  • Login