鼻アレルギーのラジオ波手術
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 14

鼻アレルギーのラジオ波手術 30 年の経験と手技・装置の選択 PowerPoint PPT Presentation


  • 128 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

鼻アレルギーのラジオ波手術 30 年の経験と手技・装置の選択. 勝田耳鼻科      志井田 守. ラジオ波手術と関連する用語. Electrosurgery Surgical Diathermy Radiosurgery HF surgery Electrotomy & Electrocoagulation Electrofulguration & Desiccation Microwave Surgery *Radiothermy ------------------------------

Download Presentation

鼻アレルギーのラジオ波手術 30 年の経験と手技・装置の選択

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


30

鼻アレルギーのラジオ波手術30年の経験と手技・装置の選択

勝田耳鼻科

     志井田 守


30

ラジオ波手術と関連する用語

Electrosurgery

Surgical Diathermy

Radiosurgery HF surgery

Electrotomy & Electrocoagulation

Electrofulguration & Desiccation

Microwave Surgery *Radiothermy

------------------------------

Thermocautery (Paquelin’s cautery)

Galvanocautery


30

1985年 志井田 守

  下甲介前端部粘膜の高周波 電気凝固の著効性を報告      

1961年上田哲二 :鼻甲介電気弱凝固 ;耳喉 , 33

1965年 佐伯修:双極針による方法 ;耳喉 , 37

1978年只木信和:片側凝固後の症例;高電研 

      くしゃみ発作に著効


30

正弦波形波 断続減衰波

clean cuttingcagulation

fast healingslow healing

   ↓ hemostasis↑

  間隙大   間隙小

↓ frequency ↑

↑damping and hemostasis↓

↑ coagulation ↓

↓ woundhealing ↑

電流波形と作用の関連真空管式とspark gap式装置


J paetzold handbook of electromedicine chap 12 martin kohl 1976

1) smooth cut

staunching of blood at clamp and tweezers

2) escharotic cut

staunching of blood at

clamp and tweezers

3) surface coagulation and coagulation under

water

       電気切開・電気凝固と電流波形                      J.Paetzold : Handbook of Electromedicine; Chap.12, Martin Kohl :1976 より引用


30

←サージトロンFFPFの解説図

1)連続正弦波は真空管装置の基本波で切開

  に優れる

4)スパーク ギャップ式装置は断続減衰波で凝固に最適

高周波外科に用いる電流波形


Histrogic evaluation of electrosurgery with varying frequency and waveform

1978年 Maness et al は

電気外科における周波数

と波形の関与を調べた。

3.8 MHz は切開に最適な

周波数である。

Dr.Irving Ellman は、この

知見にもとづいて3.8MHz

を採用した装置Surgitron-

FFPFを作った。

註:

これは凝固の働きが弱いの

で、後に 1.7MHz を加えた

IEC- 2型に改良されている。

Histrogic Evaluation of Electrosurgery with Varying Frequency and Waveform


30

Ellman Surgitronの変遷

Maness et al - 1978年

3.8MHzは電気切開に最適

Dr.Irving Ellman

Surgitron FFPFを作成

2001年サージロロンEMC

IEC-1周波数 1.7MHzを採用

IEC-2Dual Frequency

  モノポーラ 3.8 MHz 切開

  バイポーラ 1.7 MHz 凝固

装置の選択


30

1985年 志井田 守

  下甲介前端部粘膜の高周波 電気凝固の著効性を報告

1961年上田哲二 :鼻甲介電気弱凝固 ;耳喉 , 33

1965年 佐伯修:双極針による方法 ;耳喉 , 37

1978 年 只木信和:片側凝固後の症例;高電研 

      くしゃみ発作に著効


30

鼻アレルギーのラジオ波手術           


30

鼻アレルギーのラジオ波手術                


30

鼻アレルギーのラジオ波手術


30

鼻アレルギーのラジオ波手術              


30

鼻アレルギーのラジオ波手術

電流波形はSpark Gap波が 最適

波形に合わせて電極と手技を選ぶ

鼻閉・鼻水は粘膜下通電で軽快

くしゃみには前端粘膜の表面凝固

合理的な手術の効果は永く続く


  • Login