2012 04 13
Download
Skip this Video
Download Presentation
IBM SmarterCloud Control Desk 7.5 新機能ガイド -  UI の強化

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 39

IBM SmarterCloud Control Desk 7.5 新機能ガイド -  UI の強化 - PowerPoint PPT Presentation


  • 197 Views
  • Uploaded on

2012/04/13 日本アイ・ビー・エム株式会社. IBM SmarterCloud Control Desk 7.5 新機能ガイド -  UI の強化. 本書について. 本書では、 ISCCD7.5 ( Maximo 7.5 )で強化もしくは新たに追加された UI 機能について解説します。 また以下の機能については有効 / 無効の切り替えおよび各種設定の変更手順を示します。 非同期バリデーション クライアント・サイド・バリデーション ナビゲーション 新規レコード作成ダイアログ

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' IBM SmarterCloud Control Desk 7.5 新機能ガイド -  UI の強化' - jetta


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
2012 04 13
2012/04/13

日本アイ・ビー・エム株式会社

IBM SmarterCloud Control Desk 7.5 新機能ガイド - UIの強化

slide2
本書について
  • 本書では、ISCCD7.5(Maximo 7.5)で強化もしくは新たに追加されたUI機能について解説します。
  • また以下の機能については有効/無効の切り替えおよび各種設定の変更手順を示します。
    • 非同期バリデーション
    • クライアント・サイド・バリデーション
    • ナビゲーション
    • 新規レコード作成ダイアログ

※上記の機能を全て無効に設定すると、旧バージョンのMaximo(7.1、7.2)のUIに戻すことができます。

slide3
目次
  • 非同期バリデーション
    • 概要
    • 機能の有効化/無効化による表示の違い
  • クライアント・サイド・バリデーション
    • 概要
    • 機能の有効化/無効化による表示の違い
  • ナビゲーション
    • 概要
    • 機能の有効化/無効化による表示の違い
  • 新規レコード作成ダイアログ
    • 概要
    • 機能の有効化/無効化による表示の違い
  • その他のUI機能
    • 仕様ウィジェット
    • リフレッシュ・ボタン
    • リッチ・テキスト・コントロール
  • 設定の変更手順
    • システム全体の設定
    • システム・プロパティの変更手順
    • アプリケーション単位での設定
    • フィールド単位での設定
    • アプリケーション定義XMLの変更手順
slide4
これまでタブアウト時に同期実行されていたフィールドの評価が非同期になりました。このため、タブアウトし制御がブラウザーに戻った瞬間に評価結果が出ず遅れて表示される事がありますが、制御が戻る時間が早くなったためユーザーの全体の待ち時間が大幅に短縮されます。これまでタブアウト時に同期実行されていたフィールドの評価が非同期になりました。このため、タブアウトし制御がブラウザーに戻った瞬間に評価結果が出ず遅れて表示される事がありますが、制御が戻る時間が早くなったためユーザーの全体の待ち時間が大幅に短縮されます。

チェック結果は各項目やその項目があるタブにアイコンで表示されるため、これまでの用にエラー・ワーニングがあることがわかってもそれがどこかわからないと言うことが激減します。また、アイコンをクリックすることでエラー内容が確認できます。

非同期バリデーション - 概要

  • この非同期Validationはアプリケーション・項目・サーバー全体でOn/Off可能です。
  • 将来的には、Validationをユーザーにて設定すること機能を搭載する予定です。
  • エラー時にはすべての項目がダイアログで表示されます。
slide5
非同期バリデーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い非同期バリデーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い
  • 有効
  • 入力された値が見つからない場合、入力フィールド、セクションおよびタブにエラー・アイコンが表示される
  • 入力フィールドのエラー・アイコンにマウス・カーソルを乗せると、エラーの詳細がポップアップ表示される
  • これらの処理は非同期に実行され、ユーザーは入力値を保持したまま、他のフィールドへの値の入力を続行できる。
  • 無効
  • 入力された値が見つからない場合、値の選択ダイアログがポップアップ表示される
  • これらの処理は同期実行され、ユーザーが他のフィールドへの入力を続行するには、入力値を一旦クリアしなければならない。
slide6
これまでサーバー側で実行していたデータの有効性チェック(データ型やサイズの検証)を、ブラウザ側で実行することができるようになりました。ブラウザ側の負荷が若干あがりますが、入力の都度サーバーとの通信を行う必要がなくなり、ネットワーク・トラフィックを大幅に削減することが可能です。これまでサーバー側で実行していたデータの有効性チェック(データ型やサイズの検証)を、ブラウザ側で実行することができるようになりました。ブラウザ側の負荷が若干あがりますが、入力の都度サーバーとの通信を行う必要がなくなり、ネットワーク・トラフィックを大幅に削減することが可能です。

また、自動入力プロパティーを構成することで、インクリメンタル検索やユーザーが他のフィールドに入力したデータに基づいて、フィールドにデータを取り込むことが可能です。構成可能なプロパティは以下の3つです。

先行入力

インクリメンタル検索機能のこと。フィールドにデータを入力していくと、そのデータに対する1つ以上の一致候補が一覧表示される。

値の選択

あるフィールドでユーザーが入力

したデータが他のフィールドに取

り込まれるようにする。

フィルター

ユーザーに提示する先行入力の

選択項目を制限する。

クライアント・サイド・バリデーション - 概要

先行入力:一致候補の一覧表示

※クライアント・サイド・バリデーション機能を有効化するには、非同期バリデーションが有効であることが前提となります。

slide7
クライアント・サイド・バリデーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い クライアント・サイド・バリデーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い 
  • 有効
  • 自動入力プロパティーを構成したフィールドに値を入力すると、フィールドにキャッシュされたデータをからインクリメンタル検索を実行し、入力値に該当する値の候補をドロップダウン・リストで表示する(先行入力)
  • 入力の途中で他のフィールドにフォーカスを移した場合は、候補の中から値が自動入力される
  • 上記の処理は、サーバーでの有効性チェックの前に、クライアント・ブラウザーで実行される
  • 無効
  • 自動入力プロパティーを構成したフィールドに値を入力しても、値の候補は表示されない
  • 入力の途中で他のフィールドにフォーカスを移した場合は、Smart Fill アイコンが表示され、クリックすると入力値に該当する値の候補から、値を選択することができる
  • 上記の処理は、常にサーバー・サイドで実行される

他のフィールドにフォーカス

他のフィールドにフォーカス

what s new 1
What‘s New? #1 – ヘッダー・バー

新しいホーム・アイコンでどこからでもスタート・センターに移動可能です。

リンク先メニューはホーム・アイコンの右に移動し、ドロップ・ダウン・ボタンとなりました。

ホーム・アイコンとリンク先メニュー・アイコンにツール・チップにて説明が表示されます。

リンク先メニューの1番上にスタート・センターへのリンクが作成されました。

ナビゲーション - 概要1

  • アプリケーション間の移動の簡略化
  • これまでの問題点:
    • リンク先メニューでアプリケーションが見つけにくく、アプリケーション間の移動が煩雑である。
    • 保存されたクエリやアクション・メニューが重要であるにもかかわらず、アクセスが煩雑である。
    • 標準のUIが複雑である。
    • リスト・タブとそのほかのタブの関係性

8

slide9
画面の左側にナビゲーション・バーが追加されました。画面の左側にナビゲーション・バーが追加されました。

3つのスタイルがあります。

1) ツールバー付アプリケーション

2) ツールバー無しアプリケーション

3) ナビゲーション・バーの無いアプリケーション

常にアプリケーションの左側に表示されます。(標準でナビゲーション・バーがオフのアプリケーションは除く)

ナビゲーション・バーの表示状態は保持されず、アプリケーションを開いた際には常に標準状態でナビゲーション・バーが表示されます。

ナビゲーション・バーは閉じることが出来ます。

ナビゲーション - 概要2

What‘s New? #2 – ナビゲーション・バー

what s new 3
What‘s New? #3 リストタブの廃止

アプリケーションを開いた際にリストタブが表示されなくなり、リストへのリンクが”パンくずリスト”として表示されるようになりました。

ナビゲーション - 概要3

What‘s New? #4 ラベルの配置変更

  • 水平方向スクロールを最小限にする為に、ラベルはそのコンポーネントの上に移動されました。

10

slide11
ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い1ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い1

ヘッダー・バー

  • 有効
  • 「リンク先」、「スタート・センター」へのリンクがヘッダー・バーの左端に移動し、アイコンとして表示される
  • 無効
  • 「リンク先」、「スタート・センター」へのリンクがヘッダー・バーの中央にテキストとして表示される
slide12
ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い2ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い2

ナビゲーション・バー

  • 有効
  • 画面左側にナビゲーション・バーが表示される
  • アプリケーション単位で表示/非表示を設定している場合は、システム・プロパティの設定は適用されない(後述)
  • 無効
  • コンテンツが画面全体に表示される
  • アプリケーション単位で表示/非表示を設定している場合は、システム・プロパティの設定は適用されない(後述)
slide13
ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い3ナビゲーション - 機能の有効化/無効化による表示の違い3

リストタブ

  • 有効
  • アプリケーションにリストタブが表示されず、リストへのリンクがパンくずリストとして表示される
  • 無効
  • アプリケーションにリストタブが表示され、パンくずリストは表示されない
slide14
機能の有効化/無効化による表示の違い - ナビゲーション4機能の有効化/無効化による表示の違い - ナビゲーション4

ラベルの表示位置

  • 有効
  • ラベルが入力フィールドの上段に表示される
  • 無効
  • ラベルが入力フィールドの左側に表示される
slide15

新規レコード作成ダイアログ - 概要

  • 新規レコード作成の簡略化
  • これまでの問題点:
    • インシデント、サービス要求、変更のレコードを新規に作成する際、表示される項目が多く、どのフィールドに入力するべきか分かりづらい(特に新しいユーザー)
  • 解決策:
    • 新規レコードの作成時に入力すべき項目を明らかにし、ユーザーが最小限の入力でレコードを作成できるようにする
  • インシデント、サービス要求、変更のレコードを新規作成すると、新規レコード作成ダイアログがポップアップ表示される

インシデント

サービス要求

変更

slide16
新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い

インシデント

  • 有効
  • インシデントの新規レコードを作成すると、入力フィールドを持つダイアログが表示される
  • ダイアログの入力フィールドに値を入力して「今すぐ送信」ボタンをクリックすると、入力値を反映した状態で新規レコードが作成される(この時点で保存される)
  • 無効
  • インシデントの新規レコードを作成すると、初めからインシデント・アプリケーションの画面が表示される。
  • この時点ではまだレコードは作成されておらず、値を入力後「保存」ボタンをクリックしてレコードを保存する必要がある
slide17
新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い

サービス要求

  • 有効
  • サービス要求の新規レコードを作成すると、入力フィールドを持つダイアログが表示される
  • ダイアログの入力フィールドに値を入力して「今すぐ送信」ボタンをクリックすると、入力値を反映した状態で新規レコードが作成される(この時点で保存される)
  • 無効
  • サービス要求の新規レコードを作成すると、初めからサービス要求アプリケーションの画面が表示される。
  • この時点ではまだレコードは作成されておらず、値を入力後「保存」ボタンをクリックしてレコードを保存する必要がある
slide18
新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い新規レコード作成ダイアログ - 機能の有効化/無効化による表示の違い

変更

  • 有効
  • 変更の新規レコードを作成すると、入力フィールドを持つダイアログが表示される
  • ダイアログの入力フィールドに値を入力して「今すぐ送信」ボタンをクリックすると、入力値を反映した状態で新規レコードが作成される(この時点で保存される)
  • 無効
  • 変更の新規レコードを作成すると、初めからサービス要求アプリケーションの画面が表示される。
  • この時点ではまだレコードは作成されておらず、値を入力後「保存」ボタンをクリックしてレコードを保存する必要がある
slide19

その他のUI機能 - 仕様ウィジェット

  • これまで値を保持するために3つの異なったフィールドを使用していましたが、これらを1つのフィールドを使用する様に変更しました。
  • 下記のアプリケーションで変更が適用されています:
    • 変更, 構成アイテム, 資産, ロケーション, セルフ・サービス・センター, インシデント, 問題, アクティビティ, 現状の構成アイテム, サービス要求の作成, 請求書, 部品マスター, 資産テンプレート, オファリング, 注文書, 購買要求書, リリース, ソリューション, サービス要求, チケット・テンプレート, 作業指示書管理

19

slide20
これまでTPM系製品にあったテーブルにリフレッシュボタンが標準装備されました。これまでTPM系製品にあったテーブルにリフレッシュボタンが標準装備されました。

テーブルコンポーネントへの標準装備であるため、TPAE内すべてのアプリケーションで使用可能になっています。

その他のUI機能 - リフレッシュ・ボタン

20

slide21
Long Descriptionと通信テンプレートにリッチテキストコントロールが採用されました。これにより文字のサイズの変更から画像の挿入等、自由に装飾を施した文章を記録に残す事が可能になります。

スクリプト等問題を起こす可能性のある内容は保存時に削除されます。

その他のUI機能 - リッチ・テキスト・コントロール

21

slide22
設定の変更手順 - システム全体の設定
  • UI機能の設定変更をシステム全体に適用するためには、Maximo のシステム・プロパティを変更します。
  • 以下の機能を対象とし、システム・プロパティの設定変更手順を示します。
    • 非同期バリデーション
    • クライアント・サイド・バリデーション
    • ナビゲーション
    • 新規レコード作成ダイアログ

※上記の機能を全て無効に設定すると、旧バージョンのMaximo(7.1、7.2)のUIに戻すことができます。

slide23
設定の変更手順 - 各機能のプロパティ1
  • UI機能の設定変更をシステム全体に適用するためには、Maximo のシステム・プロパティを変更します。
  • 各機能ごとに、以下のプロパティを変更できます。

非同期バリデーション

クライアント・サイド・バリデーション

slide24
設定の変更手順 - 各機能のプロパティ2

ナビゲーション

新規レコード作成ダイアログ

slide25
設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法1設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法1
  • 「システムの構成」→「プラットフォームの構成」→「システムのプロパティ」を選択
slide26
設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法2設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法2
  • グローバル・プロパティの「フィルター」をクリックし、検索欄を表示
  • 変更したいプロパティを検索(ここでは mxe.webclient.systemNavBarを検索)
  • プロパティ名の左側にあるアイコンをクリック
  • グローバル値を変更(1→0)
  • ツールバーの「保存」ボタンをクリックし、変更を保存

slide27
設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法3設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法3
  • 変更したプロパティ名の左側にあるチェックボックスを選択
  • ツールバーの「実行中のリフレッシュ」ボタンをクリック

slide28
設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法4設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法4
  • 選択したプロパティ名がリストされていることを確認し、「OK」ボタンをクリック
slide29
設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法5設定の変更手順 - システム・プロパティの変更方法5
  • 一度ログアウトし、再度ログインして変更が反映されていることを確認
slide30
設定の変更手順 - アプリケーション単位での設定設定の変更手順 - アプリケーション単位での設定
  • 以下の機能については、アプリケーション単位で有効/無効を設定することができます。
    • 非同期バリデーション
    • ナビゲーション・バー
  • アプリケーション単位で設定した内容は、システム・プロパティの設定より優先されます。
  • 設定を変更するには、変更を適用したいアプリケーションの定義XMLファイルをエクスポートし、presentation タブにそれぞれ以下の属性を追加します。
slide31
設定の変更手順 - 入力フィールド単位での設定設定の変更手順 - 入力フィールド単位での設定
  • 以下の機能については、入力フィールド単位で有効/無効を設定することができます。
    • 非同期バリデーション
  • 入力フィールド単位で設定した内容は、システム・プロパティおよびアプリケーションの設定より優先されます。
  • 設定を変更するには、変更を適用したい入力フィールドが含まれているアプリケーションの定義XMLファイルをエクスポートし、変更する入力フィールドを定義しているタブに以下の属性を追加します。
slide32
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法1設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法1
  • 「システムの構成」→「プラットフォームの構成」→「アプリケーション・デザイナー」を選択
slide33
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法2設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法2
  • 設定を変更するアプリケーションを検索し、選択(ここではサービス要求アプリケーションを選択)
slide34
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法3設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法3
  • ツールバーの「アプリケーション定義のエクスポート」ボタンをクリック
slide35
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法4設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法4
  • XMLファイルが新規ウィンドウで開かれるので、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択して、任意の場所に保存
slide36
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法5設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法5
  • 任意のテキスト・エディターでファイルを開き、設定を変更して保存(ここではナビゲーション・バーを非表示に設定、その他の設定方法は本資料のP19、P20を参照)
slide37
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法6設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法6
  • 再度アプリケーション・デザイナーでXMLをエクスポートしたアプリケーションを開く
  • ツールバーの「アプリケーション定義XMLのインポート」を選択
slide38
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法7設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法7
  • 編集したXMLファイルを指定し、「OK」ボタンをクリック
slide39
設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法8設定の変更手順 - アプリケーション定義XMLの編集方法8
  • 変更した内容が正しく反映されていることを確認し、ツールバーの「保存」ボタンをクリックして変更を保存
ad