就職準備情報交換サイトの
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 31

就職準備情報交換サイトの 構築と活性化方法 PowerPoint PPT Presentation


  • 43 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

就職準備情報交換サイトの 構築と活性化方法. 手塚早美 島内良 神原菜々 湯浦克彦. 目次. 1 . 背景 と目的 2.ITPost 内での情報交換活性化 2-1. 就職準備情報に関する知識ベース拡張 2-2. 既存 SNS との連携 2-3. 利用促進活動 3. 楽しみながら入力できるアンケートシステム 3-1. 授業アンケートシステムの対話の流れ 3-2. アンケート取得時のデータ処理 3-3. サブコンテンツ 3-4. オススメの分析方法 4 . 評価 5. 考察 6 . 結論と今後の課題. 1. 背景と目的①. 背景. 講義・就職活動に関する

Download Presentation

就職準備情報交換サイトの 構築と活性化方法

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


6115247

就職準備情報交換サイトの構築と活性化方法

手塚早美 島内良 神原菜々 湯浦克彦


6115247

目次

  • 1.背景と目的

  • 2.ITPost内での情報交換活性化

    • 2-1.就職準備情報に関する知識ベース拡張

    • 2-2.既存SNSとの連携

    • 2-3.利用促進活動

  • 3.楽しみながら入力できるアンケートシステム

    • 3-1.授業アンケートシステムの対話の流れ

    • 3-2.アンケート取得時のデータ処理

    • 3-3.サブコンテンツ

    • 3-4.オススメの分析方法

  • 4.評価

  • 5.考察

  • 6.結論と今後の課題


6115247

1.背景と目的①

背景

講義・就職活動に関する

体験談情報の需要が高い

学習やキャリア形成に関する情報交換が不十分

目的

OB/OGや在学生の

体験談の有効活用

SNSとの連携による情報交換の活性化

学習目標管理システム「ITPost」内での

情報交換の活性化


6115247

背景と目的②

<自由記述欄>

  • 枠にひとつひとつ数字を入れるのが面倒

  • 手書きが不便

  • 記入が面倒

  • 全部同じ項目で答えていておもしろくない

  • 長い

  • 期間中毎度毎度アンケート記入がめんどくさい

N=67

楽しみながら入力できる

アンケートシステムの提案


2 itpost

2.ITPost内での情報交換活性化

就職準備情報に関する

知識ベース拡張

(身近な先輩に関するコンテンツの作成と掲載)

既存SNSとの連携

(Facebookとの連携、既存機能の利用)


6115247

2-1.就職準備情報に関する知識ベース拡張

  • 静岡大学情報学部卒業生(依頼80名中43名回収)と在学生(依頼29名中27名回収)にインタビューを行い、人手で整備し、記事としてコンテンツ化


6115247

卒業生インタビュー記事例

在学生インタビュー記事例


2 2 sns

2-2.既存SNSとの連携

  • 個人Facebookページとの連携

インタビュー記事

個人Fcebookページ

Facebookへのリンク

実名記載

  • Facebookページの作成

  • ・facebookページ(http://www.facebook.com/pages/ITPost/452351854811447)を作成

  • →利用者から意見や質問の受け取りが可能

  • →「友達を招待」機能を利用することでシステムを宣伝することが可能


6115247

2-3.利用促進活動

  • Facebookページの作成

    • SNS上で更新情報を確認できる

    • ファンになっていない友人への拡散ができる

  • 講義内での試験的公開

    • 実際に学生へシステムや機能を紹介し利用促進を試みることで、ITPostの認知度を高め、システム利用のハードルを下げる


6115247

3.楽しみながら入力できるアンケートシステム

メインコンテンツ

(アンケートの煩わしさへの改善手段)

サブコンテンツ

(集計結果を反映したもの)


6115247

3.1授業アンケートシステムの対話の流れ

サブコンテンツ提示

90くらい

正解!!

☆☆☆☆

技術が身に付く?

「プログラミング」?

予想対象の絞り込み

データ登録

オススメの分析


6115247

システム:トップページ画面


6115247

アンケート取得画面


6115247

正誤判定画面


6115247

正解画面


6115247

結果表示画面


6115247

3.2アンケート取得時のデータ処理

  • ユーザ全体DB

「演習が多い?」

統計学入門

85当てはまる

50当てはまる

ユーザ

全体平均

差75

差35

ユーザ

差5

近似度

情報倫理と法

10当てはまる

プログラミング

統計学入門 確率

情報倫理と法 確率

プログラミング 確率

・・・

ユーザ全体の平均

0.2

0.2

90当てはまる

0.2

0.08

0.2

0.5

プログラミング?


6115247

3.3サブコンテンツ

サブコンテンツ提供

90くらい

正解!!

技術が身に付く?

「プログラミング」?

予想対象の絞り込み

データ登録

オススメの分析


6115247

  • オススメ科目

     そのユーザに対してのオススメの科目を分析し、リストアップされたものを表示する

  • ランキング

     総合評価の高い科目や、多くイメージされた科目などを表示する

  • 科目詳細

     その科目がどのような質問項目に強い回答をされているかを表示する


6115247

オススメ科目


6115247

ランキング


6115247

科目詳細


6115247

3.4オススメの分析方法

ユーザ個人DB

  • 評価:4.5

  • 「根気がいる」

  • 「予習が大事」

  • ・・・

ユーザ全体DB

好悪を数値化

「根気がいる」+1.5

「予習が大事」-0.8

・・・

重回帰分析結果

おすすめリスト


6115247

4.評価

  • ITPost利用促進に関する評価

    (1)学生への試験的公開と利用状況

  • システム公開:11/20

  • システム紹介:11/29

  • facebookページ更新:11/27、12/10、12/12、12/18


6115247

(2)利用学生による評価

「将来に対するモチベーションを向上するのに役立つか」についても同様の結果

→体験談を有効活用することができた

広く情報拡散できる

更新情報が入手しやすく、わかりやすい

→情報入手手段としては効果的


6115247

(3)専門家・関係者による評価

コンテンツについて

  • 生の声を掲載することが重要、定期的な変革が必要

  • 学生視点である点が学生にとって価値がある

  • 学業以外に関する取材が多いので、「学生時代に取って役に立った科目」

  • 「取っておけばよかった科目」など学業に関する情報を掲載すると良い

対話促進について

  • シンプルで親しみやすく、機能的に十分である

  • 情報提供者と連絡がとりたいときに活用できる点は付加価値として有効

  • 情報提供者があまりfacebookで情報発信していない場合は効果が弱くなる


6115247

  • 授業アンケートシステムに関する評価

N=5

<自由記述欄>

  • ペンを持って書かなくていいのでポチポチするだけで楽だった。

  • 後輩の立場から見ると、選択の授業などの評価を利用したいと思った。

  • 楽しく答えることが出来た。

問題解決への有効性


6115247

5.考察

  • ITPostの利用活性化

    • 学生が必要としている情報の全てを網羅できた訳ではないが、学生が将来を考えるきっかけとなることができた

    • 専門家・関係者からも予想以上に関心を集めることができ、他大学への連携や就職活動への活用など幅広い可能性を秘めていることが確認できた

  • 授業アンケートシステム

    • ゲーム形式でアンケートを取ることで、ユーザの心的負担が軽減され、率直な意見を得ることができた

    • 専門家の方から、アンケートシステムにおいて重点を置いた「楽しみながら入力できる」というキーワードがアンケートの一手法として高い可能性を持っていると評価された


6115247

6.結論と今後の課題

  • ITPostの利用活性化


6115247

  • 授業アンケート


6115247

ご清聴ありがとうございました


  • Login