Basic
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 6

Basic 手順について PowerPoint PPT Presentation


  • 102 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

Basic 手順について. 4402011        市橋 拓也. Basic 手順とは. IBM で開発された BSC 手順がベースのプロトコル パリティや CRC( 巡回冗長符号 ) による ARQ( 自動再送要求 ) 方式の誤り制御ならびに交互監視方式を用いている。. BASIC 手順の伝送制御キャラクタ. ISO/CCITT 標準の 7 ビット符号の使用を前提に、 1.SOH( ヘッディングの始まり ) 2.STX( テキストの始め ) 3.ETB( 伝送ブロックの終わり ) 4.ETX( テキストの終わり ) 5.EOT( 伝送の終わり )

Download Presentation

Basic 手順について

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Basic

Basic手順について

4402011

       市橋 拓也


Basic1

Basic手順とは

  • IBMで開発されたBSC 手順がベースのプロトコル

  • パリティやCRC(巡回冗長符号)によるARQ(自動再送要求)方式の誤り制御ならびに交互監視方式を用いている。


Basic2

BASIC手順の伝送制御キャラクタ

ISO/CCITT標準の7ビット符号の使用を前提に、

  • 1.SOH(ヘッディングの始まり)

  • 2.STX(テキストの始め)

  • 3.ETB(伝送ブロックの終わり)

  • 4.ETX(テキストの終わり)

  • 5.EOT(伝送の終わり)

  • 6.ENQ(応答要求)

  • 7.ACK(肯定応答)

  • 8.NAK(否定応答)、

  • 9.DLE(伝送制御能の追加)

  • 10.SYN(キャラクタ同期)


Basic

動作手順

  • フェーズ1:データ伝送回線の接続

  • フェーズ2:データリンクの確立

  • フェーズ3:情報の伝送

  • フェーズ4:データリンクの終結

  • フェーズ5:データ伝送回線の開放

      の5つのフェーズからなる


Basic

データリンクの確立方式

  • コンテンション方式

      → 送信局が要求を送り、確認が得られれ       ばメッセージを送信する 。送信権は各局対等 。

  • ポーリング・セレクティング方式

      → システム内に制御局を設定し、制御局が他の局を制御する。


Basic vs hdlc

Basic VS HDLC

  • Basic

      → 無手順よりは信頼性があり、わかりやすい方式であるが、交互監視方式の制御の点で伝送効率が悪く、各機能の分類が十分でないため、変更や拡張が困難。

  • HDLC(ハイレベル・データリンク制御手順)

      →ビット・スタッフィング方式を採用しているため、高速性、透過性、信頼性などに優れている。そのため、データリンク層の多くの伝送制御手順のベースに使用されている。


  • Login