終末と死
Download
1 / 26

終末と死 - PowerPoint PPT Presentation


  • 79 Views
  • Uploaded on

終末と死. 再臨・審判・体の復活. 終末の二つの側面. 私審判 私の終末=死. あなたはどうでしたか?. 審判. 公審判 わたしたちの終末=世の終わり. あなたたちはどうでしたか?. 公審判. 【 人類全体の神における完成 】. 個々人の善悪が 人類全体において評価が確定する。. キリスト教の救い が目指しているのは、単に個人の救いではなく、 被造物全体 の救いである。. 全人類 ・ 全被造物の救いの中で、 私の救いがある。. (アシジのフランシスコ  太陽の賛歌). 救いにおける社会性. 私がよければよいと言うものではない。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 終末と死' - janice


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

終末と死

再臨・審判・体の復活


終末の二つの側面

私審判 私の終末=死

あなたはどうでしたか?

審判

公審判 わたしたちの終末=世の終わり

あなたたちはどうでしたか?


公審判

【人類全体の神における完成】

個々人の善悪が

人類全体において評価が確定する。


キリスト教の救いが目指しているのは、単に個人の救いではなく、

被造物全体の救いである。

全人類・全被造物の救いの中で、

私の救いがある。

(アシジのフランシスコ  太陽の賛歌)

救いにおける社会性

私がよければよいと言うものではない。

全人類を含めた被造物全体がよくなる

ことをめざしている。

正義 平和 環境


私たちはどこへ向かっているのか

完成に向かっている

運転手(=神様)はいる

目的地などない

運転手はいない

信仰  終末を直視できる


終末に何がおこるか?

キリストの再臨と審判

核戦争? 世界の破滅?

生者と死者を

裁くために来られます


神の国の完成 = 神の支配が全てに及ぶ

イエスが語った福音が裁きの基準となる。

わたしとわたしの言葉を恥じる者に対しては、

人の子もまた、父の栄光に包まれて聖なる使

いたちとともに来る時に、その者を恥じるであろう。


私たちの世界

麦と毒麦が混在している


福音的生き方

裸のとき着せ、病気のとき見まい、

牢にいたとき訪ねてくれた。


毒麦

不正

弱い者が圧迫される

この世が続く限りなくならない


しかし、麦と毒麦が混在する

あいまいな状態が無限には続かない

毒麦


新しい天と地

ヨハネ黙示録21章3

神がわたしたちとともにおられる

神ご自身が、人のこの世における

あらゆる否定的経験(涙)を

ぬぐい去ってくださる。


私の終末私審判

死んだらどうなるか


死のとき、霊魂とからだが分離し、

からだは腐敗します。(コンペディウム)

霊魂


一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

私審判

(コンペディウム)

あなたはどうでしたか?

よきわざは、

神によって永遠の価値を持つ

ものとなる。  【功徳】

悪しきわざ、罪は

清められる必要がある。

霊魂

私審判は、私たちが正しく建設的に生きる励ましとなる。


煉獄一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

天国に行く途中(天国は確定しているが・・・・)

神の思いと全く一致しているとは限らない。

天国で神とまったき一致に至ろうとすれば、清めが必要になる。

※私たちも煉獄の霊魂の清めを助けることができる。

祈り、聖人のとりなし、ミサ、施し、免償、償いのわざ


天国一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

最高の、最終的な幸福の状態。

神がすべてとなられる。

天国において、人はそれぞれの個性と独自性を保ち続ける。

知人や家族など人とのかかわりも完成された形で続く。

被造物全体が天国を構成しており、相互に関係しあっている。


地獄一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

地獄とは、自らの自由な選択によって大罪のうちに死ぬ人々の永遠の責め苦。

地獄は神がおかれたものではなく、人間の自由と意志の極限の可能性を示している。


からだの復活一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

公審判

そして、主が再び来られ、

からだが変容させられた姿で

復活するときに、

そのからだと再び

一つになるのを待つのです。

霊魂

からだ


からだの復活の信仰が教えて一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。

くれるもの

復活のからだは、今の体と同じものではない。

しかし、わたしたちのこの世での体と

連続性がある。

キリストが受肉し人間のからだをうけられた

ことで、人間のからだには永遠の価値がある。

からだを持って生きた、私たちの人生に価値がある。

この世での家族、人との関わり、務めなどに

永遠の価値がある


終末一方、不滅である霊魂は神の裁きを受けにいきます。の教えが与えてくれるもの

希望を持って生きる


両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?

もともと人間は、誰がキリストの恵みにあずかっているかをすることができません。したがって、わたしたちは御父の全人類救済の悲願に信頼し、また、キリストの救いのみ業の広大無辺なちからを信じつつ、ふさわしい方法で祖先に対する愛と尊敬を表さなければなりません。

(諸宗教対話の手引き)


カトリックにも前世・輪廻転生と言う考えが両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?

あるのでしょうか?

転生とは、死後の肉体、記憶、人格などの

同一性が保たれないことからキリスト教の

復活の教えとは区別されます。

          (諸宗教対話の手引き)


からだの復活を待つ間の霊魂は両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?

どうしているのでしょうか?

現世の時間の秩序の枠組みで永遠を考えており、

あまり意味を持たない。

公審判と私審判は、同一事が、世界全体の完成、

個人の完成と言う二つの側面から語られている。


長年、かわいがっていた犬が死にました。両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?

天国で会えるのでしょうか?

からだの復活の信仰は、人間存在のみならず、

この世の被造物全体が神のもとでの完成

を得るのであると教えています。(ローマ8.19-21)


死者が私たちのために祈り、両親は熱心な仏教徒でした。彼らはどうなっているのでしょうか?

とりなしてくれるのでしょうか?

死者のためのわたしたちの祈りは、

死者を助けるだけでなく、

死者がわたしたちのために執り成すのを

有効にすることができるのです。

             (カトリック教会のカテキズム)


ad