訪問先記録
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 5

訪問先記録 PowerPoint PPT Presentation


  • 66 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

訪問先記録. 訪問先 : Knowledge Anywhere 所在地:170 120th  Ave  NE suite 201 Bellevue, WA 98005-3044 Tel: 561-373-9546 面談者: Ed Escalante Executive Vice President E-Mail Address : [email protected] URL ; www. knowledgeanywhere.com 訪問日:平成14年9月19日 レポート担当者: 山賀 豊. 訪問先概要. 企業名  Knowledge Anywhere

Download Presentation

訪問先記録

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


7014024

訪問先記録

訪問先:Knowledge Anywhere

所在地:170 120th Ave NE suite 201 Bellevue, WA 98005-3044

Tel: 561-373-9546

面談者: Ed Escalante Executive Vice President

E-Mail Address : [email protected]

URL; www. knowledgeanywhere.com

訪問日:平成14年9月19日

レポート担当者: 山賀 豊


7014024

訪問先概要

企業名 Knowledge Anywhere

事業業容概要: 1998年設立

           カストマイズのeラーニングシステム構築

           とコンテンツ開発をするシステムインテグレーター

           社員25人 内10人は契約社員

           売り上げ500万ドル


7014024

Knowledge Anywhere社の

ビジネス状況概要

ユーザーにコンサルティングからアプローチしトータルのeラーニングソリューションを提供している。

eラーニングをうまく活用したブレンディングを提案しコンテンツはeラーニングに適したものをリコメンドするのが重要である。

AT&Tやマイクロソフトなどがメインユーザーである。


7014024

コンテンツ開発方法

マイクロソフトの営業などは昔はテクニカル面の教育でよかったが、今は戦略的ははなしも出来なくてはならぬようになっている。

そのために優秀なセールスマンの持つ情報をベンチマークして整理して15分位のトレーニングモジュールを作った。

全体にプリテストを行い上司がその結果を注目をする。

学習はオーディオ、ビデオ、テキストを使う

システムの特徴はリソースセンターにアクセスすると仕事に必要なツールが入手できるようになっている。

教育のサポートのみならず業務成績を上げるための支援をする

(パフォーマンスサポートシステム)


7014024

コンテンツ開発の特徴

ワイン会社などは社員のみならず販売店教育にもシステムを活用している。

フォーシーズンなどは企業文化の教育にブレンディングを活用した研修をしている。

ベンチマークはユーザーと当社のインストラクショナル・デザイナーが一緒に行う。

ILT、OJT、Web、PDAなどで教育をして結果をLMSで管理するシステムとする。

コンテンツには内容のエキスパートへ質問ができるようになっている。


  • Login