経営情報論
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 8

経営情報論 B  ⑫ PowerPoint PPT Presentation


  • 161 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

経営情報論 B  ⑫. 情報技術と組織コミュニケーション(第 10 章). 1.  情報技術とコミュニケーション. 組織のコミュニケーション・モデル 昔は送り手から受け手にメッセージを伝達(手紙) - 正確性や効率性が重視 - 相互主体的(「送り手-受け手」の循環的プロセス) ‐ 新たなアイデア(意味)の生成や共有が重視 ‐. 質問. 今週の日曜日に友達と待ち合わせて映画に行きます。待ち合わせ場所と時間をどのように伝えますか? 携帯電話を持っていない友達にはどのように伝えますか? その待ち合わせ場所が複雑だったので、どのように伝えますか?

Download Presentation

経営情報論 B  ⑫

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


B

経営情報論B ⑫

情報技術と組織コミュニケーション(第10章)


B

1. 情報技術とコミュニケーション

組織のコミュニケーション・モデル

  • 昔は送り手から受け手にメッセージを伝達(手紙)

    -正確性や効率性が重視-

  • 相互主体的(「送り手-受け手」の循環的プロセス)

    ‐新たなアイデア(意味)の生成や共有が重視‐


B

質問

  • 今週の日曜日に友達と待ち合わせて映画に行きます。待ち合わせ場所と時間をどのように伝えますか?

  • 携帯電話を持っていない友達にはどのように伝えますか?

  • その待ち合わせ場所が複雑だったので、どのように伝えますか?

  • 大昔は、情報、物流、交通が同じ?


B

2.コミュニケーションとメディア

タスク特性と経営情報システム(図10-1)

  • 不確実性(状況の理解に必要な情報が不足している状態)/(分析可能か不可能か?)

  • 多義性(多様に解釈できる状態で、問題の明確化が必要)/(多様性が高いか低いか?)

(分析不可能)

職人的技術

(手さぐり;観察、対話)

非定型的技術

(試行錯誤:議論)

不確実性

定型的技術

(定型化;報告書、制度化)

エンジニア的技術

(効率化;データベース、マニュアル整備)

(分析可能)

(明確、単純)

(曖昧、複雑)

多義性


B

メディアリッチネス

共通理解を形成するメディアの能力や属性

  • 迅速なフィードバックの入手可能性(相手の反応がわかる)

  • 多様な手掛かりの提供能力(いろいろな情報)

  • 言語の多様性(いろいろな意味を表現できる)

  • 個人的焦点の当てやすさ(関心が異なる)

ボイスメール

電子メール

テレビ電話

手紙・メモ

文書・書類

対面関係

電話

 高         メディアリッチネス        低


B

3.組織値の生成

知識の時代(第三の波);脱産業(工業化)社会(情報化社会)

  • 第一の波;農業革命(1万5千年ほど前に狩猟採集社会から農耕を開始)

  • 第二の波;産業革命(18世紀後半)蒸気機関による動力の変化と工業化社会

    ※ナレッジ・マネジメント:一部で保有している知識を組織全体で共有・活用


B

知識創造理論

  • 共同化(創発場):人間が対話などによって情報交換を行う

    暗黙知(経験など曖昧な知識)の移転

  • 表出化(対話場):特定の目的のために人々が集められる

    暗黙知から形式知への変換(情報システムが補完的に機能する)

  • 連結化(システム場):形式知を広める

    形式知を相互に移転、共有、編集、構築(情報システムが重要)

  • 内面化(実践場):形式知を活用(あるいは更なる意味合いを求める)

    形式知から暗黙知への変換(人間が重要になる)


B

知識変換プロセス

暗黙知

暗黙知

共同化

(創発場)

表出化

(対話場)

暗黙知

形式知

内面化

(実践場)

連結化

(システム場)

形式知

暗黙知

形式知

形式知


  • Login