ニッチ市場を開拓せよ!
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 37

ニッチ市場を開拓せよ! ~ハイブリッドカーのデザイン化~ PowerPoint PPT Presentation


  • 81 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

ニッチ市場を開拓せよ! ~ハイブリッドカーのデザイン化~. 明治学院大学 肥田ゼミ . 目次. 1.はじめに 2.仮説 3.マーケティング案 4.結論 5.参考文献. 研究テーマ. HV車の新たなマーケットを創造し、潜在的な購買者の意欲を喚起する. 研究意義. 車をはじめとする基幹産業         今後も日本を支え続ける 新たなハイブリッドデザインカーを提案することで         不況打破への第一歩になる. 着眼点. ①作られたエコカーブーム ②世界に誇る日本技術 ③デザインの固定化. ①作られたれたエコカーブーム. 国土交通省

Download Presentation

ニッチ市場を開拓せよ! ~ハイブリッドカーのデザイン化~

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2995717

ニッチ市場を開拓せよ!~ハイブリッドカーのデザイン化~

明治学院大学 肥田ゼミ 


2995717

目次

1.はじめに

2.仮説

3.マーケティング案

4.結論

5.参考文献


2995717

研究テーマ

HV車の新たなマーケットを創造し、潜在的な購買者の意欲を喚起する


2995717

研究意義

車をはじめとする基幹産業

        今後も日本を支え続ける

新たなハイブリッドデザインカーを提案することで

        不況打破への第一歩になる


2995717

着眼点

①作られたエコカーブーム

②世界に誇る日本技術

③デザインの固定化


2995717

①作られたれたエコカーブーム

  • 国土交通省

    「環境対応車への買い替え・購入に対する補助制度」

     →エコカー補助とエコカー減税

平成24年には終了


2995717

②世界に誇る日本技術

  • 世界の自動車生産台数6,956万1,356台

     うち、日本自動車生産台数は2,298万2,924台 

     →約3割を占めている

  • 信頼性の高い車種・燃費のよい車種

     →日本車がリード

  • アメリカの自動車耐久品質調査において、レクサスが1995~2008年まで14年連続でトップ


2995717

③デザインの固定化

戦後に欧米車の模倣から始まる

→アメリカのモデルイヤー制の影響を受けて

 頻繁なイメージチェンジを繰り返してきた

トヨタ

プリウス

ホンダ

インサイト

株式会社野村総合研究所

「ハイブリッド車に関するアンケート」


2995717

ハイブリッドカーとは

  • エコカー(CO2などの温室効果ガスの排出量が少なく、環境への負荷が小さい自動車の総称)のひとつ

  • ガソリンエンジンと高性能モーターを搭載した自動車

    エンジンとモーターの使い分けが可能

                        ガソリンエンジンが最もガソリンを                  

                        消費する発進時や加速時のマイ

                        ス部分をモーターが補うことで、

                        ガソリンの消費量を抑え、燃費の

                        向上とCO2の低減が可能

出典:株式会社カーチス


2995717

デザインとは

①建築・工業製品・服飾・商業美術などの分野で、実用面などを考慮して造形作品を意匠すること。

②図案や模様を考案すること。また、そのもの。

③目的を持って具体的に立案・設計すること。

                      (大辞林)

形・模様・色、またはその構成について工夫を凝らすこと


2995717

車のボディタイプ

マツダ「ロードスター」

日産「フェアレディz」


2995717

デザインカーの定義

デザインカー = デザイン性に優れた車

・趣味性が高い

・実用性低い

・価格高い

大衆車になりにくい

スポーツカー

レトロカー

デザインカー


2995717

仮説


2995717

仮説

①今後もターゲット層に対するHV車の需要は拡大することが見込まれるのではないだろうか。

②ターゲット層に対するデザインカーの普及が見込まれるのではないだろうか。


2995717

ハイブリッド×デザイン=?

現在のハイブリッドカー ・・・デザインの一貫性

◇構造上、似たボディタイプになってしまう。

・空気抵抗を少なくするため

・後部下に高出力ハイブリッドバッテリーが

搭載されているため

車好きの消費者にとってはアイデンティティが

表現しづらくなってしまう!!

トヨタ

「プリウス」

ホンダ

「インサイト」


2995717

ハイブリッドカーに対する意識調査

ハイブリッドカーに対する意識調査をするために、

街頭アンケートを行った。(街頭アンケート①)

・実施日 2009年10月30日(金)

・実施場所 新橋駅周辺

・実施対象 40歳後半~50歳代、 

60歳代男性


2995717

アンケートの結果から 

  注目すべき点

・HV車への関心は高い

   ⇒②「購入を考えている」人は過半数存在。

・③「何を重視して購入するか」への回答

     ・価格、燃費 (経済面)

     ・デザイン、車種

・④「購入しないと考える理由」への回答

    ⇒・欲しい車種、デザインがない

      ・金銭的余裕がない

「今のデザインはかっこよくない。デザイン性のある車が欲しい!」

 ⇒ デザイン性のあるハイブリッドカーを

販売すれば売れるのでは??


2995717

大衆車(一般的なタイプ)

デザインカー


2995717

デザインカーの需要

◇デザインカーの需要がどれだけあるのか

  アンケート調査を実施。(街頭アンケート②)

〈概要〉

・前スライドの写真を見てもらい、「乗ってみたい」と

思う車を選んでもらう。

  ⇒ デザインカーへの興味・関心、

     需要(購買意欲)を調査。

・実施日 2009年11月7日(土)

・実施場所 銀座

・実施対象 20代~60代男女

ハイブリッドデザインカーの需要はあるのか??


2995717

アンケート結果:

・⑨~⑭より、①~⑧の中から選ぶ人が圧倒的に多い。

・年齢・男女問わずデザインカーのニーズはある!!

↑とくに人気だったデザイン↑

ハイブリッドデザインカーのニーズは確かに存在する!!!


2995717

しかし実際は・・・ 

    ・高価格のため購入が難しい

    ・乗車機会が少ない

したがって

・購入可能な経済力のある消費者

・乗車機会のある消費者

をターゲットにする必要がある‼


2995717

ターゲット顧客の確定

・経済力のある消費者 ・・・ 50歳代~団塊世代

・2007年の平均退職金額

   ⇒2,000万円※

※(株)シニアコミュニケーションの調査  

・退職金の受取額が1,000万円を

超す層

   ⇒団塊世代の男性勤労者の

約53%(過半数を占める)※

※2005年総務省の国勢調査

※出典:家計の金融資産に関する世論調査(平成18度)

[金融広報中央委員会]


2995717

団塊世代とは

・・・1947~1949年に生まれた人口約800万人の一群

≪特徴と傾向≫

・人口が多い⇒有力な労働者&有力な消費者

    高い購買力を有する消費者として、市場への影響力大

・「年相応」を好まない

・年齢やライフステージにしばられず、自由でいたい

・気持ちや感性が若い

・年齢を気にせず、自分が好きなものを追求する

団塊の世代は巨大な消費ターゲット

※出典:川北義則[2004]『人口減少時代に売れるモノ売れないモノ』ダイヤモンド社

※参考:JETRO(日本貿易振興機構)


2995717

事例:日産フェアレディZ

日産「フェアレディZ」

・2002年7月発売以来ヒットし続けている

・最高時速250キロ 

・2人乗りのスポーツカー

一般的に、スポーツカーの購入層

   ・・・20~30代

だが、購入者の4割以上を50代以上が占めた

「若者ではないが、自分もスポーツカーに乗りたい」

という車が好きな団塊世代の本音を取り込み、

シニア世代でも乗りやすい構造に!!

→人気であり続ける要因

団塊世代の消費心理をつかみ、

いかに取り込むかがカギ

※出典:川北義則[2004]『人口減少時代に売れるモノ売れないモノ』ダイヤモンド社


2995717

マーケティング案


2995717

・ハイブリッドデザインカーの需要は確実にある。

                                 (街頭アンケート①・②より)

経済力があり、乗車機会もある

団塊世代をターゲットとする。

有力な消費者!

効果的な広告戦略を創造し、ハイブリッドデザイカーの知名度をあげることができれば、購買への喚起につながるのでは?


2995717

効果的な広告とは?

・実施日 2009年11月7日(土)

・実施場所 銀座

・実施対象 20代~60代男女

街頭アンケート③

『車を購入する際に参考にする広告媒体は?』

  結果: 車購入の際、TVCMの広告効果は

認知度を高めることが目的だとわかった。

実際に購買行動への喚起が発生するのはHP。

TVCMや雑誌・鉄道広告からHPへのアクセスを 

誘引。

インターネットとリンクさせることが最重要!!


2995717

購買行動の意思決定プロセス

ステージ1.問題・ニーズ認知

  ステージ2. 情報探索

ステージ3.購入代替案評価

ステージ4. 購買行動

ステージ5.購買後評価

ステージ6.廃棄行動

(田中洋著『消費者行動論体系』より)

自家用車の情報収集

包括的問題解決(EPSモデル)

      ・・・複雑性の高い意思決定のスタイル。

例:価格が高い商品⇒買うためには種々のリスクが伴う。

   また、購買頻度が低い商品など。


2995717

広告媒体の決定1

◇インターネット  ・・・急成長の広告媒体

広告費の媒体別構成比

2008年

2004年

※Dentsu Online 出版・データより抜粋


2995717

広告媒体の決定2

◇TV  ・・・  低下傾向ではあるが、

(TVCM)    依然露出度は高い

おしゃれな団塊世代の増加

ファッション誌

ライフスタイル誌

◇雑誌 ・・・

車雑誌 +

◇鉄道 ・・・  多くの人が利用。

          また、同じ人に同じ広告を

何度も宣伝できるチャンスがある。

                       ⇒効果的


2995717

広告提案1.TVCM

パターン2

イメージ訴求型の広告

パターン1


2995717

広告提案2.雑誌・鉄道広告

進化するハイブリッドデザインカー

インターネット検索へ導く

http:www.------------------co.jp


2995717

結論


2995717

     消費者が消費者情報をベースに

      消費者自身で決定を下す

   この生活者たちの「こころ」を動かすこと

不況打破への第一歩!!


2995717

 消費者の潜在的なニーズを的確に捉える

      購買意欲を掻き立てる

広告


2995717

参考文献

  • 川北義則[2004] 『人口減少時代に売れるモノ売れないモノ』ダイヤモンド社

  • 日本経済センター編 伊藤由樹子・青木美香・金子雄一・長尾邦彦・武藤博道著[2006]『図説 団塊マーケット』日本経済新聞社

  • 田中洋[2008]『消費者行動論体系』㈱中央経済社

  • 山田理英[2007]『脳科学から広告・ブランド論を考察する』㈱評言社


2995717

御清聴ありがとうございました。


  • Login