Update manager
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 29

Update Manager 移行方法 PowerPoint PPT Presentation


  • 134 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

Update Manager 移行方法. 免責事項. この資料は、 vCenter Server および Update Manager の移行方法を、特定の環境で実行した結果になります。従って、全ての環境での移行を保証するものではございません。 ESX 、 vCenter 、 OS 、 Database のバージョンにより、移行方法が異なる可能性がございます。. 検証試験の目的. vCenter Server の移行方法の確立 VCDB 移行方法(バックアップ、リストア) IP Address およびホスト名の変更に伴う作業 Update Manager の移行方法の確立

Download Presentation

Update Manager 移行方法

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Update manager

Update Manager移行方法


Update manager

免責事項

  • この資料は、vCenter ServerおよびUpdate Managerの移行方法を、特定の環境で実行した結果になります。従って、全ての環境での移行を保証するものではございません。

  • ESX、vCenter、OS、Databaseのバージョンにより、移行方法が異なる可能性がございます。


Update manager

検証試験の目的

  • vCenterServerの移行方法の確立

    • VCDB移行方法(バックアップ、リストア)

    • IP Addressおよびホスト名の変更に伴う作業

  • Update Managerの移行方法の確立

    • UMDB移行方法(バックアップ、リストア)

    • ベースライン情報、ベースライン適用情報、スキャン/適用履歴、スケジュールタスク情報の移行後の正確性確認

  • UMDBのVCDBへの依存性確認

    • VCDBのみ先行移行

    • VCDB移行後、インベントリ情報(名称など)の変更作業

    • UMDBの移行

    • VCDBとUMDBとの整合性確認(名称依存していないか確認)


  • Update manager

    検証試験環境

    Hostname:H-1

    IP :xxx.yyy.zzz.80

    Hostname:H-2

    IP :xxx.yyy.zzz.90

    VCDB

    VCDB

    UMDB

    UMDB


    Update manager

    確認事項

    • 移行後の確認事項

      • vCenter Server IP/Hostname変更による影響

      • UM設定情報 (ベースライン、構成、イベント、リポジトリ)

      • ESX、VMへのベースライン適用情報

      • スキャンおよび修正履歴情報(修正時のスナップショットも確認)

      • スケジュールタスク情報と実行

    • 移行タイミングによる確認事項( VCDBとUMDBを別タイミングで移行)

      • VCDBへの変更差分による、UMDB整合性確認


    Update manager

    移行元作業

    検証試験手順  移行元(H-1)

    • VCおよびUMインストール

      • SQL Serverインストール

      • DB作成

        • VCDB, UMDB

      • System DSN作成

        • VCDSN, UMDSN

      • VC/UMインストール

  • UM設定/適用

    • UM設定

    • ベースライン適用

    • スケジュールタスク作成

    • Update有無のスキャン/修正

  • VCおよびUMバックアップ

    • UMイベントのエクスポート、リポジトリのキャプチャ (確認用)

    • VCDBバックアップ

    • UMDBバックアップ


  • Update manager

    移行先作業

    検証試験手順  移行先(H-2)

    • VCDBリストアおよびインストール

      • SQL Serverインストール

      • VCDBリストア

      • System DSN作成 (VCDSN)

      • vCenterインストール

  • 変更差分発生作業

    • 新規仮想マシン作成

    • 既存インベントリ名称変更(データセンタ、クラスタ、仮想マシン)

    • 新規スケジュールタスク作成

    • 既存スケジュールタスク名称変更

    • パフォーマンスモニタ確認

  • UMDB リストアおよびインストール

    • UMDBリストア (Bfile含む)

    • System DSN作成 (UMDSN)

    • UMインストール


  • 1 2 db

    移行元作業

    1-2. DB作成


    1 3 system dsn

    移行元作業

    1-3.SystemDSN作成


    1 4 vc um

    移行元作業

    1-4.VC/UMインストール

    データセンタ

    クラスタ

    ESXホスト

    仮想マシン


    2 1 um

    移行元作業

    2-1.UM設定  ベースライン


    2 1 um 1 2

    移行元作業

    2-1.UM設定  構成 1/2

    デフォルト値から変更

    デフォルト値から変更


    2 1 um 2 2

    移行元作業

    2-1.UM設定  構成 2/2


    2 1 um1

    移行元作業

    2-1.UM設定  イベント


    2 1 um2

    移行元作業

    2-1.UM設定  リポジトリのアップデート


    Update manager

    移行元作業

    2-2. ベースライン適用  (ホスト:データセンタに適用)


    Update manager

    移行元作業

    2-2. ベースライン適用  (仮想マシン:フォルダに適用)


    Update manager

    移行元作業

    2-3. スケジュールタスク作成


    2 4 update

    移行元作業

    2-4.Update有無のスキャン/修正

    • VM-1に対して、スキャン実行(スケジュールタスク実行)


    2 4 update1

    移行元作業

    2-4.Update有無のスキャン/修正

    • データセンタに対して、スキャン実行

    • (スケジュールタスク実行)


    2 4 update2

    移行元作業

    2-4.Update有無のスキャン/修正

    • VM-1に対して、修正実行 (スナップショット作成)

    修正前のスナップショット取得

    VM-1に対する、修正実行時の失敗履歴


    2 4 update3

    移行元作業

    2-4.Update有無のスキャン/修正

    • ESXホストに対して、修正実行


    3 1 vcdb

    移行元作業

    3-1.VCDB バックアップ

    • VCサービスの停止

      • サービス“VMware VirtualCenterサーバ”の停止

  • VCDB のバックアップ

    • SQL Server Management Studio起動

    • 対象データベース(VCDB)を“完全”モードでバックアップ

    • C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\Backup ここにバックアップが作成される

  • ライセンスファイルのバックアップ

    • C:\Program Files\VMware\VMware License Server\Licenses 以下のファイルをバックアップ


  • 3 2 umdb

    移行元作業

    3-2.UMDB バックアップ

    • UM サービスの停止

      • サービス“VMware Update Manager サービス”の停止

  • UMDB のバックアップ

  • BFILEのバックアップ

    • C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware Update Manager 配下のフォルダ(Data/Logs)をバックアップ


  • 4 vcdb

    移行先作業

    4.VCDB リストアおよびインストール

    • SQL install

    • VCDBのリストア

    • ODBC System DSN作成

    • VC のみインストール

    • 各ESXでのVC-IP変更作業 (http://kb.vmware.com/kb/5850444)

      • <serverIp>xxx.xxx.xxx.xxx</serverIp> tags the following file:/etc/opt/vmware/vpxa/vpxa.cfg (VirtualCenter 2.5.x)

      • # service mgmt-vmware restart

        Stopping VMware ESX Server Management services:

        VMware ESX Server Host Agent Watchdog [ OK ]

        VMware ESX Server Host Agent [ OK ]

        Starting VMware ESX Server Management services:

        VMware ESX Server Host Agent (background) [ OK ]

        Availability report startup (background) [ OK ]


    Update manager

    移行先作業

    5. 変更差分発生作業

    • VCDBとUMDBのリストア日時が違う場合の、DB間の整合性確認

    VCDBリストア

    インベントリ

    情報の変更

    UMDBリストア

    整合性確認

    UMインストール前にプロパティの

    変更はできない


    6 umdb

    移行先作業

    6.UMDBリストアおよびインストール

    • UMDBリストア

    • ODBC System DSN作成

    • UMインストール

      • DBの初期化はしない

      • VCサービスの停止はしないこと

  • UMサービス停止

  • BFILEリストア

    • C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware Update Manager 配下にフォルダ(Data/Logs)をリストア

  • UMサービス開始

  • UMプラグインのインストール


  • Update manager

    移行後の確認

    • Update Managerの構成情報

      • 構成

        • 元内容と同一設定

          • ゲスト設定

          • ESXホストの設定

          • ポート設定

        • 元内容と異なる設定

          • アップデートのダウンロード

            • スケジュール設定はOKだが、前回/次回実行が不明、状態が無効となっている

            • アップデートのスケジュールダウンロード設定を実施することにより回避可能

          • インターネット接続

            • Proxy情報が残っていない。UMインストール時に設定するか、プラグイン導入後再設定の必要あり

      • ベースライン

        • 名称、内容ともに元設定と同一

      • イベント

        • 全てのイベントの情報が引き継がれている

      • リポジトリのアップデート

        • 全てのリポジトリ情報が引き継がれている

  • スケジュール設定タスク

    • 移行前に設定したスケジュールタスクの実行を行うとエラー出力されるので、再設定が必要

    • アップデートダウンロードスケジュールが無くなっている。⇒Update Managerの構成を行えば、エントリされる

  • 仮想マシンに適用したベースライン

    • ステータス、コンプライアンス情報ともに正常(元のステータスと同様)

  • ESXに適用したベースライン

    • 元のベースラインが適用されている

    • コンプライアンス情報も正常(元のステータスと同様)

  • 仮想マシンのスキャン/修正実行、OK

  • ホストのスキャン/修正実行、OK


  • Update manager

    リファレンス

    • ESX Server 3 およびVirtualCenterインストール ガイド

      • http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vi3_35_25_u2_installation_guide_ja.pdf

  • Update Manager 管理ガイド(Update Manager 1.0 Update 2)

    • http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vi3_vum_10u2_admin_guid_ja.pdf

  • Knowledge Base

    • http://kb.vmware.com/kb/5850444


  • Login