災害時の被災者支援
Download
1 / 36

災害時の被災者支援 - PowerPoint PPT Presentation


  • 111 Views
  • Uploaded on

災害時の被災者支援.            榎 佳美             大窪 久美子             東原 幸実        . 被災者支援. 救援物資 住居 ボランティア. 1. 救援物資について. 救援物資とは. 政府や個人が被災地に 食料品 や 日用品 を送ることですが・・・ ●とにかく 無料奉仕! ● 新品 であること!不要品(不用品)の再使用ではない!. 1.救援物資にはどんなものがあるか. ー食料品ー パン・おにぎり カップ麺・レトルト食品 カロリーメイト等 お菓子などの甘い物 水. 2.救援物資にはどんなものがあるか.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 災害時の被災者支援' - homer


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

災害時の被災者支援

           榎 佳美

            大窪 久美子 

           東原 幸実        


被災者支援

  • 救援物資

  • 住居

  • ボランティア


1.救援物資について


救援物資とは

政府や個人が被災地に食料品や

日用品を送ることですが・・・

●とにかく無料奉仕!

●新品であること!不要品(不用品)の再使用ではない!


1.救援物資にはどんなものがあるか

ー食料品ー

  • パン・おにぎり

  • カップ麺・レトルト食品

  • カロリーメイト等

  • お菓子などの甘い物


2.救援物資にはどんなものがあるか

ー避難用品ー

●ブルーシート

●ラジオ、懐中電灯用の電池、      ロウソク

●毛布

●七輪・カセットコンロ等の簡単に火の起こせる物


3.救援物資にはどんなものがあるか

ー日用品ー

●ハブラシ等洗面用具

●生理用品

●衣類・下着

●サランラップ

●(なるべく水を使用しない)シャンプー

●トイレットペーパー

●消毒液・医薬品

●赤ちゃん用品


物資を提供する方法

  • 災害地のボランティアセンター

  • 回覧版・ポスティングチラシ

  • 町内会の掲示板ポスター

  • ホームページ

  • 地方自治団体の広報誌


救援物資の手順

物資を募集している団体、グループをチェック

(チラシ、ポスター等)

↓   連絡先に連絡する

(電話かメールが一般的)↓   提供する物資をまとめる(手渡しの場合なら、

紙袋などに入れておけば充分)↓   物資提供する。(手渡しなら取りに来てくれるし、

配送なら宅配便などで発送する)↓   物資提供完了!!


救援物資を求めているところは?

  • 自治体

  • NPO法人

  • ボランティア団体

        上記にお問い合わせを。


事例・新潟中越地震について

【平成16年(2004年)新潟県中越地震】 気象庁命名

発生時刻:平成16年(2004年)10月23日17時56分

震源地: 新潟県中部

       (特にゆれが強かった地域;小千谷市) 

震源の位置: 北緯37.3度、東経138.9度、深さ約13km

マグニチュード: 6.8、

 最大震度: 震度7、

 中越地震は、避難者約10万人、住宅損壊約9万棟、

 被害額約3兆円を超える大規模災害であり、地域社会への深刻な打撃は「阪神・淡路大震災」にも匹敵することから、「新潟中越大震災」と言われる。 




救援物資の問題点

  • 物資の量に対して物資を手配する人が少ない

  • 送られてくる途中に腐ってしまう

     (特に生ものや果物)


つまり・・・

ボランティアに

    行きましょう!!


.住宅について


仮設住宅とは

阪神・淡路大震災で作られた仮設住宅について




被災者生活再建支援法について

  • 被災者生活再建支援制度とは

  • 対象となる自然災害

  • 対象世帯と支給限度額

  • 支給対象となる経費

    (1)生活関係経費

       ○通常分   ○特別分

    (2)居住関係経費

       ○家賃等   ○家賃等以外


5.支援金支給の仕組み○支給事務の流れ



現行制度】住宅が全壊(又は大規模半壊)した世帯について、下記の「生活再建支援金」を支給。


.災害時のボランティア


災害被害者を支援する人の基本的態度と技法

  • 「災害による精神保健医療上の問題」の理解

  • 「被災者の地域における心理的経過」の理解

  • 支援者としての基本的心構え

  • 話を聞くことの大切さと注意点

  • 支援者のセルフケア

  • 支援者がしてはいけないこと


.「災害による精神保健医療上の問題」の理解

  • 急性ストレス障害             (ASD:Acute Stress Disorder)

  • 急性精神病

  • 外傷後ストレス障害

    (PTSD:Posttraumatic Stress Disorder)

    4.心身症、アルコール依存症など


.「被災者の地域における心理的経過」の理解

  • 茫然自失期(災害直後)

  • ハネムーン期

  • 幻滅期

  • 再建期


.支援者としての基本的心構え

  • 支援に向かう前に、まず自らの環境を整える

  • 対象地域の様々な情報を知っておく

  • 支援者は二次受傷者となり得る

  • 災害によるストレスについて正しい知識を持つことが必要である

  • 出向いて行って、働きかけることが大切

  • 専門用語は使用しない

  • 必要に応じて、専門家への橋渡しをする

  • 被災者が自己決定できるよう被災者の考えを尊重し支える

  • 二次災害の防止


.話を聞くことの大切さと注意点

話を聞く際の注意点

  • 最初に災害状況や体調について声をかける。ゆっくりと自然な感じで話す。

  • 途中で話を妨げないで、かつ、共感する姿勢で聞く。

  • 相手の気持ちを聞き、感情をあるがままに受け止める。

  • 無理に聞き出すことは避ける。

  • 安易な励ましや助言は禁物

  • 災害時を無理に想い起こさせるような聞き方を避ける。

  • ニーズを読み取る。


.支援者のセルフケア

  • 支援者も被災者と同じ状況に置かれている

  • 支援者のセルフケアの方法


.支援者がしてはいけないこと

  • 援助の相手に対して、こう考えるべきだと指図したり、相手の感情を批判したり非難したりする。

  • 意欲のなさを非難したり、場違いで過度の励ましを行う。

  • 話を聞かず、支援者の用件を優先させる。

  • 自尊心を無視して、権威的な態度や恩着せがましい態度をとる。

  • 感情に巻き込まれ、過度の哀れみや同情によって行動する。

  • 責任を肩代わりして、自分が何でもやってあげようとする。


Ngo non governmental organization
NGONon-Governmental Organization

NGOの基本的性格

  • 市民社会に根ざし、市民の自発的な参加によって支えられている。

  • 政府や企業から自立し、自律した運営を行っている。

  • 利潤の追求や配分が目的でない。

  • 社会的公正や社会正義の実現、または人道的心情を動機としている。


NGOの特徴

  • 機動性緊急の場合、すぐに現場にかけつけることができる。

  • 柔軟性現地の状況やニーズの変化に合わせ、柔軟に対応できる。

  • きめ細かな対応現地の人々のニーズを細かく把握し、活動内容に反映できる。


PWJ

バルーンシェルター

設営作業

バルーンシェルターの

中で過ごす被災者たち


PWJ

被災者たちが集まっている


東海地震想定し、静岡県袋井市と支援協定

協定書に署名する原田・袋井市長(右)と

PWJの大西・統括責任者=2005年3月10日、

袋井市役所

署名を終え、協定書を携え、握手を交わす


ad