第2章 輪読要約
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 16

第2章 輪読要約 ~イノベーションのタイプと活用法~ PowerPoint PPT Presentation


  • 87 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

第2章 輪読要約 ~イノベーションのタイプと活用法~. 担当 シーソー・バーガー. ・・・成功する会社. 成功 する企業. ①イノベーションの戦略とポートフォリオを決定する際に、 強力な リーダーシップ を発揮する ②イノベーションを会社の 基本精神 に組み込む ③イノベーションの規模とタイプを 経営戦略 に合わせる ④創造性と 価値獲得 のバランスをうまくコントロールする ⑤組織内の 抵抗勢力 を抑える ⑥社内外にイノベーションの ネットワーク を構築する ⑦イノベーションに適切な 評価指標 と 報酬制度 を設ける. 皆さんに質問です・・・. ◆変革◆.

Download Presentation

第2章 輪読要約 ~イノベーションのタイプと活用法~

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3177753

第2章 輪読要約

~イノベーションのタイプと活用法~

担当 シーソー・バーガー


3177753

・・・成功する会社

成功する企業


3177753

①イノベーションの戦略とポートフォリオを決定する際に、

強力なリーダーシップを発揮する

②イノベーションを会社の基本精神に組み込む

③イノベーションの規模とタイプを経営戦略に合わせる

④創造性と価値獲得のバランスをうまくコントロールする

⑤組織内の抵抗勢力を抑える

⑥社内外にイノベーションのネットワークを構築する

⑦イノベーションに適切な評価指標と報酬制度を設ける

皆さんに質問です・・・


3177753

◆変革◆

ビジネスモデルの

変革

テクノロジーの

変革

ビジネスモデルの変革

テクノロジーの変革


3177753

ビジネスモデルのイノベーション

テクノロジーのイノベーション


3177753

ビジネスモデルとテクノロジーの双方のイノベーションを

個別に行う方法、並行で進める方法

どちらもわかっていればイノベーションの成功者である!

新規

テクノロジー

既存に近い

既存に近い

新規

ビジネスモデル


3177753

3タイプのイノベーション

  • インクリメンタル

    既存のモノ+小さな改善

    目標に至るまでの過程の問題解決

    ⇒革新的なテクノロジーが出てこなければ長期間持続可能

  • セミラディカル

  • ラディカル

    新しいモノ+新しい方法

    方向性は決まっているが結果は見えない


3177753

イノベーション取り組み方が内容を左右する


3177753

インクリメンタル・イノベーション

  • 一般的

  • イノベーション関連投資の8割以上を占める

  • ×大きな変化→既存のモノから価値を引き出す

    テクノロジー

    ビジネスモデル

  • 割合が少ない企業

    ⇒不安定(競合に真似され、顧客奪取される)

  • インクリメンタル・イノベーションに縛られている企業

    ⇒資源をつぎ込む

    ⇒新しい高い価値を生み出す重要なプロジェクトに資源回らない

市場シェア

収益性

⇒長期間維持

  体力消耗回避

両方に変化

資産を最大限に活用できる⇔創造性小さい


3177753

インクリメンタリズムの乱用

  • 日用品や日常的なサービスを扱う企業に多い

  • インクリメンタル・イノベーションでできた強み

    ⇒インクリメンタルの安全性に浸り一歩が踏み出せない

    ⇒イノベーション完了後 効力消失

    ⇒インクリメンタリズムの悪循環

    ⇒最終的に死に至る

    乱用はまずいことは周知の事実

    ⇔経営陣だけでは組織は変えられない

イノベーション・ルールによって脱却


3177753

セミラディカル・イノベーション

  • 競争の激しい環境に大きな変化をもたらす

  • ビジネスモデル/テクノロジーどちらか一方に大きな変化

  • ビジネスモデル/テクノロジーの両領域に連動性ある

    ⇒2段階スタイルのイノベーション

    ⇒大きな原動力、価値創造の可能性

  • 両領域の担当部署ともに相手の領域を把握することで協調的に作用させる

ビジネスモデル/テクノロジー

を同時に管理できる企業は優位


3177753

ラディカル・イノベーション

  • ビジネスモデル/テクノロジー両領域に同時に劇的な変化

  • 業界の競争的環境を根本から変える


3177753

ラディカル・イノベーション

  • ラディカル・イノベーション

    ⇒業界の構造変化

    ⇒イノベーションを生んだ企業は競争優位を得る

  • 見込みの低い投資

    ⇒×非現実的な期待

経営のニーズに合うバランスのよいラディカル・イノベーションのポートフォリオを作ること

代用ラディカル・イノベーション

  • 2つの別々のセミラディカルなイノベーションが結合

    ⇒ラディカル・イノベーションが生まれる可能性

    =代用ラディカル・イノベーション


3177753

イノベーション投資のポートフォリオの診断ポイント

  • ビジネスモデル/テクノロジーの変革への

    投資レベルをチェック(バランスが取れているか)

  • イノベーションを起こす6つの要因のうち

    今使っている要因への投資を検証

    すべての要因をバランスよく活用できているか

  • 投資ポートフォリオでインクリメンタル、

    セミラディカル、ラディカルのイノベーション比率を決める

  • 偏りをうむ潜在的要因を特定


3177753

破壊的テクノロジー

  • テクノロジーのセミラディカル・イノベーションの一種

  • テクノロジーの根幹部分の変化が前提(ビジネスモデルの変化は影響しない)

    ⇔テクノロジー変革/ビジネスモデル変化の両方に適用できる

  • 破壊的イノベーション

    =イノベーションの効果の1つ「競争的状況の破壊」

  • 成長への突破口

  • テクノロジーとビジネスモデルの変革を活用し結合する

    ⇒イノベーション、破壊双方を生み出す


3177753

イノベーション・モデルイノベーション・ルール

  • イノベーション・ルール

  • 7つのイノベーション・ルールすべての下地

  • イノベーション戦略の策定、経営戦略に合うポートフォリオを作成する際の基礎

  • 経営陣の基本的責任

  • ビジネスモデルの変革とテクノロジーの変革の優先事項の選択・統合

  • ポートフォリオの中で3タイプのイノベーションのバランスをとること

経営陣の決定⇒・会社全体の戦略の土台

     ・組織設計、イノベーション・ネットワークの構築、

      イノベーションを促進する評価指標とインセンティブの開発・

            運用の決定の方向づけになる


  • Login