「自分がしたいこと」ではなく
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 22

「自分がしたいこと」ではなく 「社会に求められること」のために、動き続けるチームをつくる! - 多様な資源を獲得するために - PowerPoint PPT Presentation


  • 45 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

「自分がしたいこと」ではなく 「社会に求められること」のために、動き続けるチームをつくる! - 多様な資源を獲得するために -. IIHOE [ 人と組織と地球のための国際研究所 ] 代表者 川北 秀人 http://blog.canpan.info/iihoe/. IIHOE って?. 組織目的: 地球上のすべての生命にとって、 ( 1994 年) 調和的で民主的な発展のために 社会事業家 (課題・理想に挑む NPO ・企業) の支援 隔月刊誌「NPOマネジメント」発行 (99年創刊) 育成・支援のための講座・研修

Download Presentation

「自分がしたいこと」ではなく 「社会に求められること」のために、動き続けるチームをつくる! - 多様な資源を獲得するために -

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


6452703

「自分がしたいこと」ではなく「社会に求められること」のために、動き続けるチームをつくる! - 多様な資源を獲得するために -

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]

代表者 川北 秀人

http://blog.canpan.info/iihoe/


Iihoe

IIHOEって?

  • 組織目的: 地球上のすべての生命にとって、

    (1994年) 調和的で民主的な発展のために

  • 社会事業家(課題・理想に挑むNPO・企業)の支援

    • 隔月刊誌「NPOマネジメント」発行(99年創刊)

    • 育成・支援のための講座・研修

      • 地域で活動する団体のマネジメント研修(年100件)

      • 行政と市民団体がいっしょに協働を学ぶ研修(年40県市)

    • 調査・提言:「NPOの信頼性向上と助成の最適化」「協働環境」

    • 企業の社会責任(CSR)の戦略デザイン(年20社)

  • ビジネスと市民生活を通じた環境問題の解決

  • 2020年の地球への行動計画立案

  • 専従3名+客員2名、東京(新川)、約4000万円


6452703

助成機関などとの関係では、

  • パナソニックNPOサポートファンド

    • 環境分野 選考委員(04年~)、委員長(06-11年度)

  • セブン・イレブンみどりの基金 最終審査員(05年~)

  • トヨタ環境基金 一次選考担当(07年~)

  • (独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター実装支援プログラム

  • 経産省ソーシャル/コミュニティ・ビジネス支援事業

  • あの「エコポイント」アドバイザー委員!

  • ETIC.社会起業塾イニシアティブ 塾長(02年~)

    (旧・NEC社会起業塾、10年からNEC・横浜市・花王)

  • ETIC.×ブラザー工業 東海若手起業塾(08年~)

    などなど


6452703

資金提供者は何を期待しているか?

  • 状況の緩和・改善

    → ニーズに対する効き目

  • 原因の解消

    → 再発の抑制・防止

  • 基盤の整備

    → 団体内でも、社会にも

  • 担い手の成長

    → 特に、自主財源率の改善


6452703

あなたは 「社会を変えたい」のか、「社会に良さそうなことをしたい」だけなのか?


6452703

私たちを待つ人は、どこに、どれだけいるか?その人々にいつ、どのように届けるか?私たちはそれを刻んだ上で、今日の活動を始め、終えているか?


Not for profit organization

NPO: Not-for-Profit Organization民間で公益かつ非営利の活動を継続する組織

  • 民間: 官から独立し、依存しない運営

    • 自発性・自律性が本質!

  • 活動: 考える・話すだけでなく、行動して実現する

  • 組織: 目的を共有するチーム

    • 目的の共有が、責任の共有と、役割の分担を可能にする

  • 公益: 「共益・私益」=利己ではなく、利他

    • 「不特定多数」ではない!→求められ、開かれているか

  • 非営利: 「営利」=収益を分配するのではなく、

    社会に再投資する

    • 「収益性の有無」ではなく、「収益の使途」の問題!


6452703

NPOも同好会も「市民活動団体」

→ ニーズをどう把握し、表現できるか?


6452703

NPOは、最大ではなく最適をめざす

  • 企業は、分配する利益の最大化のために規模の最大化をめざす。

  • NPOは、課題解決や理想実現のために

    価値の最適をめざす。

    • 最適な規模や、最適なスタイルは?

    • 借り物競争は得意?


6452703

その困りごとは、課題か、与件か?

  • 課題は、目標と現実との差。

    • その差をどう埋めるか?

  • 与件は、まぁ、個性として、

    あきらめつつ、付き合い続ける。


6452703

課題とは、目標・理想と成果・現実との距離→ 目標が抽象的だから、課題が不明確


6452703

原因と結果との間に、因果関係はあるか?

  • その「原因」が解消したら、

     困った「現象」は再発しないか?

  • 本当に足りないものは、何か?

  • それは細分化すると、

     何と何と何か?

    →プロジェクトマネジメントの基礎は、

      目標の細分化!!


6452703

新たに外部から資源を集める前に、内部の資源を、最大限に活用しよう!

  • 人材(意欲×技能×時間)

  • 道具・施設(持つより借りる!)

  • 資金(経費より投資を!)

  • 情報(収集→編集→発信!)

  • 目的(ニーズへの共感が資源を集める)

  • ネットワーク(専門性を相互共有する)


6452703

  • 思いか、思い込みか?

    • 感じる→気付く→思う

         ↑調べる   ↑確かめる

  • 「思い」なら、「ことば」に

    • 思ってるだけじゃ、伝わらない

    • 伝わらないと、広がらない

    • 事実に基づくニーズだから

      「参加・協力したい」「伝えたい」


6452703

赤磐市の高齢者・後期高齢者のくらしは?


6452703

NPOの資金源?

  • 会費

  • 寄付

  • 事業収益

  • 補助・助成

  • 受託(委託)

    → 会費+寄付+事業収益

    =「自主財源」率の高さがカギ!


6452703

会費・寄付集めがうまい団体は、「効き目が見える『お願い』」と、「タイムリーな『お礼』」がうまい!

  • 「これまでこんな成果を出しました。今年は、この状況をこう変えるため、あと○○円必要です。」

  • 現場スタッフ、または受益者から

     「ご支援ありがとうございました!」


6452703

資金調達を始める前の3つの準備(#67)

  • 成果を生む準備

    • 必要性と効きめを示す

      • ニーズは定量化できているか?(#49)

      • 手法の有効性は確認できるか?

  • 品質を高めながら続ける準備

    • 満足もサプライズも!(#61、#59)

      • 記録→ふりかえり→申し送り!、記念日!

  • 信頼される準備

    • 不安に応えるコミュニケーション(#50)

      • 「団体基本情報」開示、結果報告より経過広報


6452703

計画とは、誰かに手伝ってもらうために、9つの質問(6W3H)に、具体的に答えること

  • ニーズの2W1H

    • Why(ニーズと、その原因)、for Whom、How far

  • プロセスの3W1H

    • What & How、When、Where

  • 資源の1W1H

    • Who、How much


57 56

プレゼンテーションとは相手が良い判断をできるよう、協力・貢献すること (#57、#56)

  • 大切なのは、知ってもらう・押し倒すことではなく、相手が本気になって動くよう支援すること。

  • 相手が本気になれないのは、なぜか?

    • 相手が本気でも、動き出せないのは、なぜか?

    • 足りないもの・足りないことは、何か?

  • 相手が、プレゼンテーションする相手は誰か?

    • その人の価値・判断基準は?

    • その人の懸念点・制約条件は?


6452703

中期的な財源方針を、整理しましょう(まで)


6452703

セガサターンを1000万台売るためには、10万台売れる理由を100つくればいい秋元 康(当時はセガの役員)


  • Login